アルファード

アルファードの衝突安全性は?自動ブレーキなど高性能な安全装備を徹底解説!

下取りは必ず一括査定を使う!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることは
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
買取業者の最大10社が

あなたの愛車の買取額を
勝手に競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります。

無料でスマホで愛車の最高額がわかる!

\ 完全無料&カンタン32秒! /

入力ページに移動

トヨタ車としてもミニバンとしても人気のアルファード。

 

購入を検討している人も多いのではないでしょうか。

 

車は見た目や走行性能、乗り心地なども大事ですが、運転する人にとっても同乗者にとっても特に重要なのが安全性ですよね。

 

今回はアルファードの衝突安全性や自動ブレーキなどの安全装備に加えて、どのようにアルファードの安全性能が優れているのかなどを解説していきたいと思います。

 

アルファードの代表的な3つの安全性能

トヨタには「TOYOTA Safety Sense」というものがあり、これは事故が起こりやすい場面を想定してそれを回避するための予防安全パッケージの事です。

 

ドライバーやミスしやすい状況や疲れている時にカバーしてくれて事故を未然に防ぐためのたくさんの機能があるんですよ。

 

これが搭載されているトヨタ車はたくさんあります。

 

その中でもアルファードとヴェルファイアは2019年度に自動車の安全性評価であるJNCAP予防安全性能評価でなんと大賞を受賞しています!

 

つまり、既に安全性の高い車だということが伝わったかと思います。

 

どんな安全性能があるか順番に見ていきましょう。

 

レーントレーシングアシスト

走行車線からはみ出そうになったら警告してくれたり、はみ出さないようにステアリング(ハンドル)操作を支援したりしてくれます。

 

車線維持機能、車線逸脱防警報機能、車線逸脱抑制機能、ふらつき警報機能でドライバーをサポートします。

 

プリクラッシュセーフティ

衝突の可能性をミリ波レーダーと単眼カメラで検出し、警報ブザーとマルチインフォメーションディスプレイ表示で知らせてくれます。

 

日中は歩行者、車両、自転車、夜間は歩行者、車両を検知し、プリクラッシュブレーキアシストで衝突回避または被害軽減をサポートします。

 

インテリジェントクリアランスソナー

アクセルとブレーキの踏み間違いやアクセルの踏み過ぎで起こる衝突を緩和し、被害を軽減してくれます。

 

駐車時に静止物との接近をブザーで知らせてくれるほか、接触を緩和する機能がついています。

 

進行方向に静止物がある場合、発進時にエンジンおよびハイブリットシステム出力を抑制し、さらに距離が縮まると自動(被害軽減)ブレーキが作動します。

 

運転に慣れていない人はもちろん、慣れていても状況や体調によっては危険を感じることってありますよね。

 

そのような場合に嬉しいサポートがしっかりついています。

 

事故や衝突を予防したりアラームで警告してくれるだけでなく、ぶつかりそうになったら自動ブレーキが作動する、衝突のダメージを緩和してくれるなど、万が一の際にも大活躍ですよ。

 

他にもアルファードにはこんな機能が!

 

インテリジェントパーキングアシスト2

スイッチを押すと適切な後退開始位置への誘導とハンドル操作をアシスト。

 

レーダークルーズコントロール

前を走る車を認識し、適切な車間距離を保ちながら追従走行をサポート。

 

アダプティブハイビームシステム

先行車や対向車に当たる部分を自動的に遮光する。

 

オートマチックハイビーム

ヘッドライトの上下を自動で切り替える。

 

ロードサインアシスト

道路標識を単眼カメラで認識してディスプレイ上に表示。

 

リヤクロストラフィックオートブレーキ

駐車場からバックする際に、左右後方から接近してくる車両を感知し、ドアミラー内のインジケーター点滅とブザーで注意喚起。

 

デジタルインナーミラー

車両後方カメラの映像をインナーミラー内に表示し、切り替えレバーを操作して鏡面ミラーモードとデジタルミラーモードの切り替えが可能。

 

ブラインドスポットモニター

隣を走る車が死角に入るとLEDインジケーターを点灯。ウインカー点滅時はLEDインジケーターも点滅する。

 

パノラミックビューモニター

車両を上から見た映像や車を透かしたような映像をナビ画面に表示し、車両周辺状況を確認可能。

 

ITS Connect

見通し外の車や人の存在、信号情報を、道路と車、または車同士が直接通信することで取得し ドライバーに知らせてくれる。

 

アルファードの衝突安全性

  • SRSエアバッグ(運転席・助手席)
  • SRS二―エアバッグ(運転席)
  • SRSサイドエアバッグ(運転席・助手席)
  • SRSカーテンシールドエアバッグ(フロント・セカンド・サードシート)

 

計7つのエアバッグがついています。

 

さまざまな機能が付いていて、安心安全な走行をサポートしてくれます。

 

自分だけが気を付けていても防げない事故もあるので、そのような時にもこれらの安全性能があるのとないのでは大違いですよね。

 

アルファードはこの高い安全性から

 

・セーフティー・サポートカー

・JNCAP安全性能評価

・衝突被害軽減ブレーキ(AEBS)認定

 

この3つの評価を受けています。

 

事故の発生を防止するだけでなく被害軽減対策にも力を入れていることが国にも認められているんですね。

 

まとめ

トヨタアルファードの安全性についてまとめると

 

  • TOYOTA Safety Sense搭載
  • 2019年度JNCAP安全性能評価大賞受賞
  • 数々の安全性能で事故の予防や衝突軽減対策はばっちり

 

このようなことが分かりました。

 

高い安全性も人気の理由の1つなんですね。

 

国からも高い評価を受けているのも安心材料です。

 

もちろん、あくまで「サポート」であることを忘れずにご自身も安全運転を心がけましょう。

 

トヨタの新車に月額で乗れる!

トヨタの新車が月々の定額で、
諸経費コミコミで乗れちゃいます。

最短1.5ヶ月で納車が完了し、
手続きも簡単にWEBで完結します。

\ 手続き簡単&納車が早い! /

公式サイトに移動

下取りは必ず一括査定!

一括査定サイトを使うことで、
買取業者の最大10社が

あなたの愛車の買取額を
勝手に競ってくれるので、
値段が格段に吊り上がります。

無料32秒で愛車の最高額がわかる!

 

-アルファード

error: Content is protected !!