インプレッサ

インプレッサの衝突安全性は?特殊な安全装備や視界を守る機能など幅広く解説

下取りは必ず一括査定を使う!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることは
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
買取業者の最大10社が

あなたの愛車の買取額を
勝手に競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります。

無料でスマホで愛車の最高額がわかる!

\ 完全無料&カンタン32秒! /

入力ページに移動

環境に配慮されたエコカーや自動運転機能など、近年の自動車は年々性能が上がってきて益々便利で快適になってきていますよね。

 

そんな今や主要な自動車メーカーとして知名度が高い「スバル」ですが、元々は航空機メーカーだったそうですよ。

 

航空機はちょっとしたミスや判断の遅れが大事故につながりかねません。

 

つまり、航空機には事故を起こしにくい設計が必要です。その考えを受け継いだスバルは、様々なテクノロジーを開発して自動車にも活かしています。

 

スバルの自動車の中でもインプレッサは、

  • 重心が低く安定性が高い
  • デザインが現代的で万人向き
  • 乗り心地も快適

 

といったポジティブ評価が多く、コストパフォーマンスが良いと評判の車です。

 

しかし、実際に車を運転していると「ヒヤリ!」とする場面に遭遇するときってありませんか?万が一事故に遭ってしまったら…と考えると不安になりますよね。

 

でも大丈夫!インプレッサにはそんな不安を解消してくれるようなすごい機能がありますよ。

 

今回は、スバルのインプレッサに備わっている安全性能についてご紹介します。

 

インプレッサ搭載のアイサイト

「アイサイト」とは、スバル独自の安全運転支援システムです。システムの開発は1989年から行われており、2008年から登場。

 

以来、より性能を高めてバージョンアップを重ねています。2021年4月現在の最新版は「アイサイトX」です。

 

まるで「目」のように、2つのステレオカメラで物体などの危険を捉えてサポートしてくれることから、アイサイトと呼ばれるとのこと。

 

アイサイトは以下の4つの視点でドライバーの運転を支援してくれます。

 

衝突回避

まずは事故の直接的な原因となりうる衝突の危険がある場面で、危険を回避を支援してくれる機能を簡単にご紹介します。

 

プリクラッシュブレーキ

 

システムが衝突の危険を察知した場合に警報音と警告表示でドライバーに注意換気をしてくれて、自動ブレーキで衝突を回避・軽減してくれます。

 

【インプレッサ】後退時ブレーキアシスト

 

後退時に衝突の危険がある場合に、段階的に注意を喚起。こちらも自動ブレーキで支援してくれます。

 

【インプレッサ】AT誤発進抑制制御&AT誤後進抑制制御

 

シフトレバーの入れ間違いやペダルの踏み間違いによる飛び出しを抑制してくれますし、「後退速度リミッター」で後退時の制限速度を設定できます。

 

この機能があることによって事故の可能性を大きく下げてくれそうですね。これらがあれば運転時の安心感が格段に上がると思います。

 

運転負荷の軽減

運転による疲労も事故の原因になり得ますよね。アイサイトはそんな「負担」も軽減する便利な機能がついています。

 

ツーリングアシスト

 

高速道路を主とした自動車専用道路において幅広い車速でアクセル・ブレーキ・ステアリングをアシストしてくれます。これにより、安定して車線中央を走行できます。

 

全車速追従機能付クルーズコントロール

 

同じく自動車専用道路でスピードを自動調節しながら先行車両に追従することができます。渋滞時も活躍します。

 

車線逸脱抑制

 

自動車専用道路などを約60km/hで走行している場合に車線の逸脱を抑制してくれます。

 

警報&お知らせ機能

 

自車のふらつきや車線逸脱を検知すると音や表示で教えてくれます。先行車両の発進も同様にお知らせしてくれます。

 

これらの機能は運転の快適性を高めてくれそうですね。快適で疲れにくい運転は、事故確率を下げてくれることが期待できますから。

 

安全運転の支援

ここまでで既に十分なくらいサポートシステムが充実していることがわかりましたが、まだまだあります!

 

運転中に「ヒヤリ!」とする瞬間ってありますよね。そんなときにサポートしてくれる機能を紹介します。

 

スバルリヤビークルディテクション(後側方警戒支援システム)

 

車体後部に内蔵されたセンサーで後方から接近する車両を検知し、衝突の危険がある場合ドアミラー内側のLEDインジケーターや警報音で注意喚起してくれます。

 

死角車両検知

 

ドアミラーから見えにくい後側方の車両を検知。インジケーターの点灯でお知らせしてくれます。

 

そのまま車線変更しようとすると点滅により注意を促してくれます。

 

車線変更支援

 

隣車線の後方から接近する車両を検知し、インジケーター点灯でお知らせ。そのまま車線変更しようとすると同じく点滅で注意してくれます。

 

後退時支援

 

駐車場などからの後退時、自車の後側方から接近する車を検知。インジケーターの点滅と警報音でお知らせしてくれます。

 

事故の瞬間って一瞬ですよね。咄嗟の危険を回避するための検知システムは有効性が高そうです。

 

視界の拡張

運転している際に見えにくい場所ってありますよね。アイサイトはその名の通りドライバーの目となって、見えにくい場所をディスプレイ表示でサポートしてくれます。

 

フロントビューモニター

 

自車の前方の様子をディスプレイに映してサポートしてくれます。

 

サイドビューモニター

 

助手席側ドアミラーに装着されたカメラで助手席側の前方をディスプレイに映します。狭い道や幅寄せ駐車の際に活躍します。

 

運転席から見えにくい場所をカメラで撮影し、リアルタイムで映してくれるのはとても便利で助かりますよね。

 

これらのモニター機能は自損事故の確率を下げてくれると思いますし、安心感が増しますね。

 

インプレッサのその他の安全性能

アイサイトにはたくさんの機能があることがわかりましたね。

 

しかし、スバルのインプレッサに装備された安全性能はアイサイトだけではないんです。

 

他にも安全運転の技術や快適な運転のための機能が備わっています。ここでは簡単に項目のご紹介だけしておきますね。

 

  • 疲れにくいシート
  • チルト&テレスコピックステアリング
  • インターフェース
  • デジタルコクピット
  • ステアリング連動ヘッドランプ+アダプティブドライビングビーム
  • クリアビューパック
  • 雨滴感知オートワイパー/オートライト

 

まとめ

以上、インプレッサの安全性能をご紹介しましたが、まとめると

 

  • 運転支援システム「アイサイト」が搭載されている。
  • アイサイトはまるで目のような二つのステレオカメラが搭載されている。
  • 衝突回避、運転負荷の軽減、安全運転の支援、視界の拡張の面をサポート。

 

ということがわかりました。インプレッサの凄いところは安全性能はアイサイトに頼りきりなのではなく、その他にも様々なところに安全性能を高める技術や機能が散りばめられているということですね。

 

たくさんの機能が備わっていると安心感が増して車の快適性が上がりますよね。

 

自動車の安全性能はこれからも年々バージョンアップしていくことと思いますが、大切なことはどんな安全・安心な機能があったとしても

それに頼ってばかりの運転はしないこと。だと筆者は考えます。

 

これらの安全性能は、様々な運転シーンに合わせた活用をしながらご自身でも気をつけながら運転していきましょうね。

 

トヨタの新車に月額で乗れる!

トヨタの新車が月々の定額で、
諸経費コミコミで乗れちゃいます。

最短1.5ヶ月で納車が完了し、
手続きも簡単にWEBで完結します。

\ 手続き簡単&納車が早い! /

公式サイトに移動

下取りは必ず一括査定!

一括査定サイトを使うことで、
買取業者の最大10社が

あなたの愛車の買取額を
勝手に競ってくれるので、
値段が格段に吊り上がります。

無料32秒で愛車の最高額がわかる!

 

-インプレッサ

error: Content is protected !!