インプレッサ

鷹目と呼ばれしインプレッサの意味は?車中泊もG4で可能?

下取りは必ず一括査定を使う!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることは
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
買取業者の最大10社が

あなたの愛車の買取額を
勝手に競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります。

無料でスマホで愛車の最高額がわかる!

\ 完全無料&カンタン32秒! /

入力ページに移動

新型コロナウイルスの影響で電車通勤から

マイカー通勤に変える人も多く車の需要は高まっていますよね。

 

軽自動車やSUV

モータースポーツ車と様々な自動車を展開するスバルの車の中で

日本のみならず海外でも絶大な人気を誇ります。

インプレッサは安定した走行性能が特長であり、知名度も高いため

鷹目や丸目 涙目といったワードを耳にした事がある方も多いと思います。

 

しかし、インプレッサの

名前の意味を知っている人は一体どのくらいいるのでしょうか?

 

今回はインプレッサの名前の意味から

どんな車なのか、車をピックアップして人気の秘密もまとめてみました。

この記事を読んで車の知識をさらに深めましょう!

 

インプレッサの名前の意味や由来は?

インプレッサ(IMPREZA)とは、盾などに描かれた「紋章」と

特筆すべき「金言」を意味する英語の「IMPRESA」に由来する造語なんです。

IMPREZAは日本人の感覚だと「インプレッツァ」

または「インプレザ」と読みたくなりますよね。

 

しかしながら、世界中の人々はIMPREZAを「インプレッサ」と読んでいます。

どうしてインプレッサと読むようになったのでしょうか?

実は、スペイン語では一部の例外を除いてZをサ行で発音するそうですよ。

英語をスペイン語風に読むことは、欧米ではすでに定着しており

違和感はあまりないらしいです。

 

また、名前の元となったIMPRESAという言葉と合わせて

「IMPRESSION」(印象)の意味も含んでいるそう。

若さ、軽快さ、スポーティさといったイメージを加え

新しい時代に新鮮な印象を与える意味を込めたという。

アイサイトやe-BOXERなどスバルらしさで

周囲に強く印象付けるそんな願いも込められているのでしょうね。

特別感を感じる、まさにスペシャルな車といったかんじがします!

 

ちなみに、インプレッサは様々な年次改良のほか

特別仕様車の投入も経て現行は6代目。

通算約30年もの間販売され続けています。

 

インプレッサWRX STIの意味

インプレッサは1992年にレガシィの下位モデルとして登場しました。

インプレッサWRXというのは、世界ラリー選手権(WRC)参戦のために

与えられた高性能なグレードのことです。

インプレッサWRXが独立モデルとして登場したのは3代目以降となります。

STIというのは、「SUBARU TECNICA INTERNATIONAL INC.」の略で

富士重工業(スバル)の連結子会社のことを指します。

モータースポーツへの参画やパーツの販売・開発などを行う会社です。

つまり、WRX STIは、STI社の部品を純正のパーツと置き換えた上で

WRXの生産時点で適用したメーカー純正の車だと言えます。

 

インプレッサG4の意味

2011年に発表された4代目インプレッサからモデルが細分化しました。

一つ目が「インプレッサG4」です。サブネームG4のGは

正真正銘の」や「真実の」を意味する「Genuine」から頭文字をとったとのこと。

G4の4は4ドアのセダンタイプであることから4をとっているそうです。

ちなみにG4は運転免許教習車用の特別仕様もあったとか。

2014年8月のリニューアルでインプレッサの魅力の一つである走行性能を

さらに向上させるアイサイトと新型エンジンが搭載されました。

 

インプレッサスポーツの意味

インプレッサG4と合わせて4代目以降、定番となった

インプレッサのモデルとしてインプレッサスポーツがあります。

こちらは5ドアのハッチバックタイプです。

スポーツワゴン型であることからわかりやすく

「スポーツ」のサブネームがついたそうです。

こちらは意外とオーソドックスなネーミングですよね。

 

インプレッサの運転サポートシステム

アイサイト

インプレッサは全グレード共通で

標準装備としてアイサイトが搭載されています。

アイサイトとは衝突の回避を目的とした運転のサポートシステムです。

衝突の危険があるときに運転者に警報音で注意喚起をしてくれたり

それでも回避できない場合はブレーキで

減速や停止をしてくれるプリクラッシュブレーキの機能。

後退時にブレーキのアシストをしてくれます。

衝突しそうなときは警告表示や警報音で教えてくれます。

また、誤操作による急発進を検知した際もエンジン出力を制御して

ゆっくりとした発進にしてくれます。

他にも信号での停止時などに先行者の発進後、気づかず停止している場合に

お知らせしてくれる機能、車線の逸脱がないようサポートしてくれる

機能もついているなどまるで教習所の教官が一緒に乗ってくれているかのようですね。

この機能があれば運転に自信がない方でも安心して運転することができそうです。

 

e-BOXER

スムーズで気持ちの良い加速を生み出すクリーンな電気モーターのパワー。

これをシーンに合わせてエンジンと併用、制御してくれるシステムです。

これにより静かで軽快な走行を生み出してくれるのです。

電気とエンジンの双方を上手に使う事ができるので

必然的に燃費も良いということになりますのでとても魅力的です。

必要な電気パワーも走行中に自動で充電してくれるのでとっても快適ですね。

 

インプレッサG4で車中泊

インプレッサG4はセダン型ですがなんと車中泊ができるくらい広くなるんです。

乗車スペースと荷室が分かれているのに車中泊が可能だなんて驚きですよね。

どうやってG4で車中泊をするかというと

後部座席を倒すことでトランクと繋がって広いスペースが生まれます。

幅110㎝×長さ180㎝のスペースを作る事ができるのでシングルベッドに近い広さです。

これはおでかけの幅が広がりますね!インプレッサがあればホテルいらず⁉

ただし、車中泊の際は犯罪やトラブルのないよう

人気がなさすぎるところは避けること

車中泊を禁止されている場所以外ですることなど

くれぐれも安全かつマナーを守ってくださいね。

 

まとめ

上記で述べてきたことを簡単にまとめると

  • 盾の紋章や特筆すべき金言を意味する英語IMPRESAから生み出された造語。
  • WRXはグレード名、STIは富士重工業(スバル)の連結子会社のことを指す。
  • G4は「Genuine」の頭文字Gと4ドアセダンタイプの4をとっている。
  • スポーツはスポーツワゴン型であることに由来する。

ということがわかりました。

 

また、人気の理由として

  • 運転サポートシステム「アイサイト」が標準搭載。
  • 電気モーター「e-BOXER」が搭載。
  • 車中泊が簡単にできる。

 

といったことがあげられます。

インプレッサの意味を知ると愛着が湧き

インプレッサの快適さを実際に体感してみたくなりました。

皆さんもこの記事を読んで興味が沸いたら

ぜひ実際に店舗に足を運んだり体感したりしてみてくださいね。

 

 

無料で自動車保険を比較できる

最も安い自動車保険を選んだことで、
5万円保険料が下がった人もいます。

WEBで簡単に保険料が比較できて、
サクッと入力も完了できます

無料複数の保険会社の保険料がわかる!

\ 完全無料&たったの3分! /

入力ページに移動

下取りは必ず一括査定!

一括査定サイトを使うことで、
買取業者の最大10社が

あなたの愛車の買取額を
勝手に競ってくれるので、
値段が格段に吊り上がります。

無料32秒で愛車の最高額がわかる!

 

-インプレッサ

error: Content is protected !!