レガシィ

レガシィアウトバックの安全性能は低い?高いの?アイサイトの驚きの機能など徹底解説

下取りは必ず一括査定を使う!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることは
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
買取業者の最大10社が

あなたの愛車の買取額を
勝手に競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります。

無料でスマホで愛車の最高額がわかる!

\ 完全無料&カンタン32秒! /

入力ページに移動

みなさんはスバルのレガシィアウトバックについて、どのようなイメージをお持ちでしょうか。

 

レガシィの中でもSUVタイプなので、「走り」に目が行きがちかもしれません。

 

ところが、調べてみると安全性能がすごかったのです。スバルが誇るアイサイト機能を搭載した車は、追突事故の発生率が84%も減少したというのですから、驚きです。

 

では、なぜそんなに事故が減ったのでしょうか。スバルのアイサイトって一体どんな機能なのでしょうか。

 

調べてみると、なるほどこれなら事故が減らせると納得がいく機能満載でした。では、早速見ていきましょう。

 

レガシィアウトバックに搭載のアイサイト

レガシィアウトバックの安全性能の根幹となっているのは、スバル独自の運転支援システムである「アイサイト」です。研究開発の歴史は四半世紀以上になります。

 

”交通事故ゼロ”という目標に向かって、どんどん「深化」しています。

 

アイサイトには、衝突回避と運転負荷の軽減を支援する「アイサイトコアテクノロジー」と、安全運転と視界の拡張を支援する「アイサイトセイフティプラス」の2本柱があります。

 

それぞれの性能を見ていきましょう

 

衝突の回避を目指した機能

衝突の回避を目指した機能です。まずは「プリクラッシュブレーキ」をご紹介します。

 

システムが歩行者や前方車両を認識し、衝突の危険があると判断した場合に、警報音と警告表示でドライバーに注意喚起を行います。

 

それでも回避操作がされなかった場合、ブレーキ制御を行い、自動的に減速または停止します。

 

バックでの衝突回避をサポートしてくれるのは「後退時ブレーキアシスト」です。車体後部に装着されたソナーセンサーが障害物を検知します。

 

あとはプリクラッシュブレーキと同様に、警報音と警告表示での注意喚起とブレーキ制御をしてくれます。

 

もう一つが「AT誤発進抑制制御&AT誤後進抑制制御」です。

 

ぱっと見何のことかと思いますが、これは駐車時からのシフトレバーやペダルの誤操作による急な飛び出しを防ぐ機能です。

 

前方に壁や生け垣などの障害物を感知し、警報音と警告表示を行うと同時に、エンジン出力を抑えてゆるやかな発進をサポートしてくれます。

 

また、シフトポジションをR入れた場合にアクセルを急に踏み込むと誤後進と判断し、警報音と警告表示を行うと当時に、こちらもエンジン出力を抑えてくれます。

 

後退時の制限速度を設定できる「後退速度リミッター」もあるので設定しておくと安心です。

 

運転に疲れないための装備

運転負荷を軽減する機能をご紹介します。

 

まずは、前の車についていくことをサポートする「全車速追従機能付きクルーズコントロール」です。

 

追従機能と言えば高速道路を思い浮かべるかたも多いかと思いますが、この機能は0km/h~約120km/hと幅広い速さで先行車に追従してくれます。

 

そのためノロノロ運転が続く渋滞でも、アクセルとブレーキをこまめに踏んで疲れることが少なく、車間距離も保ってくれるので快適で安全なドライブができます。

 

ステアリング操作をアシストしてくれるのが「アクティブレーンキープ」機能です。

 

ステレオカメラで走行車線両側の区画線を認識し、ステアリング操作をアシストしてくれます。

 

”うっかり”を注意してくれる「警報&お知らせ性能」もあります。

 

高速走行時などの約60km/h以上の場合のふらつきや、約40km/h以上の場合の車線逸脱を検知した場合、警報音と警告表示でドライバーに注意を促します。

 

また、先行車が発進しているにも関わらず停止状態を続けている場合は、音と表示でお知らせします、

 

運転時のヒヤリを減らすための性能

上記のシステムでも安全運転を支援してくれていますが、もっと細かな点に着目したシステムがもう2つあります。

 

1つ目は死角車両検知、車線変更支援、後退時支援の3つの機能を合わせた「スバルリヤビークルディテクション」です。

 

死角車両検知は、ドアミラーからは見えにくい後方約4mの車両を検知し、ドアミラーに付いたインジケーターの点灯によって知らせてくれます。

 

その状態で車線変更をしようとすると、点滅して注意をしてくれます。

 

車線変更支援は、後方最大約70mから高速で近づいてくる車両を検知してドアミラーのインジケーターで知らせてくれます。

 

その状態で車線変更をしようとすると、死角車両検知の場合と同様、点滅して注意をしてくれます。

 

後退時支援は、駐車場などからの後退時、後側方から接近する車両を検知し、インジケーターの点滅と警報音で知らせてくれます。

 

2つ目の機能は、ハイビームの照射範囲をコントロールする「アダプティブドライブビーム」です。

 

アイサイトのステレオカメラで前方車両を検知し、ヘッドランプに内蔵されたシェードによって前方車両に当たる部分を遮光します。

 

その他の部分はハイビームで照射するので、前方車両にまぶしさを与えることなく、常に明るい視界を夜間でも確保してくれます。

 

死角を減らすための機能

視界拡張のために2つのモニター機能があります。

 

1つ目は前方の死角を減らす「フロントビューモニター」です。前方の様子を確認できるので、見通しの悪い交差点で活躍します。

 

映像はナビゲーションに表示されますが、車両前端から約50㎝と車両左右の端から約30㎝の箇所にガイドラインも表示してくれます。

 

そのため、距離感が掴めて運転の目安となります。

 

2つ目は助手席側前方の死角を減らす「サイドビューモニター」です。

 

助手席側のドアミラーに装着されたカメラの映像を、ナビゲーションに表示してくれます。

 

こちらも、車両前端から約30㎝、フロントタイヤの中心、車両左端から約30㎝と3箇所にガイドラインを表示してくれます。

 

狭い道やすれ違い、幅寄せ駐車の際など、助手席側を確認したい時に安心して運転できる機能です。

 

また、シフトポジションをRに入れた場合、後方と助手席側前方の様子を同時に画面上に表示してくれます。

 

まとめ

 

  • 「深化」するアイサイト
  • 前方も後方も衝突回避してくれるのでぶつかりにくい
  • 様々な速度で追従してくれるので疲れにくい
  • 見えない危険を知らせ、明るい視界も保てるのでヒヤリを減らせる
  • 見えない場所はカメラで映して見せてくれるので、死角が少ない

 

車に乗っていると死角はどうしてもできてしまうと思っていましたが、アイサイトはその死角をセンサーやカメラで補ってくれています。

 

また、疲れから事故につながることもあると思いますが、追従機能などで疲れから解放してくれそうですね。

 

これだけの機能があると、大きな車に乗りたいけれど運転が心配だから小回りの利くコンパクトカーにしようかな、という方も安心してレガシィアウトバックを選ぶことができるのではないでしょうか。

 

走りを楽しみながらも、安心安全なカーライフを叶えてくれそうです。

 

レガシィの安全性能の記事を最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

無料で自動車保険を比較できる

最も安い自動車保険を選んだことで、
5万円保険料が下がった人もいます。

WEBで簡単に保険料が比較できて、
サクッと入力も完了できます

無料複数の保険会社の保険料がわかる!

\ 完全無料&たったの3分! /

入力ページに移動

下取りは必ず一括査定!

一括査定サイトを使うことで、
買取業者の最大10社が

あなたの愛車の買取額を
勝手に競ってくれるので、
値段が格段に吊り上がります。

無料32秒で愛車の最高額がわかる!

 

-レガシィ

error: Content is protected !!