レヴォーグ

レヴォーグの衝突 安全性はどうなの?安全性能が高く装備も充実

下取りは必ず一括査定を使う!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることは
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
買取業者の最大10社が

あなたの愛車の買取額を
勝手に競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります。

無料でスマホで愛車の最高額がわかる!

\ 完全無料&カンタン32秒! /

入力ページに移動

「最近注意力が落ちてきたな」

「自分は事故をしていないから大丈夫」

「寝不足だけどまあいいか」

 

免許更新などの時に事故の怖さを意識するものの

 

しばらくするとまぁいいかと

運転に慣れてしまう方も多いのではないでしょうか。

 

経験豊富なドライバーほど「自分の運転は安全だ」

「人が通らないから大丈夫」という自信から

 

危険を見逃し重大事故につながる可能性が

大きいといっても過言ではないでしょう。

 

人の集中力は43歳をピークに

認知機能の低下は50歳からはじまる

とも言われています。

 

高齢化社会とも言われる日本では

自分自身を守ることはもちろん

 

他者を巻き込まない為に

最先端の技術に頼る事も

必要になってくるのではないでしょうか。

 

今回はスバルのレヴォーグの

安全性能と進化を続ける

 

スバル独自の数ある

運転支援システムの中からいくつかを

 

ピックアップしてご紹介したいと思います。

 

アイサイトⅩ(エックス)

アイサイトはスバル独自の運転支援システムの総称で

最先端の安全テクノロジーです。

 

GPSや準天頂衛生「みちびき」からの情報やデータを

組み合わせて自動車の位置を正確に把握することで

車線変更アシストやカーブ前料金所前では

 

適切な速度まで減速したり渋滞時にはハンズオフ走行や

発進アシストにより運転負荷を大幅に軽減できます。

 

高速道路をよく使う方や長距離を運転する方

通勤時に渋滞にかかる方には特におすすめですね。

 

ドライバー異常時対応システムも搭載されており

万が一体調を崩し運転できなくなった時や

居眠り時には減速し停止。

 

ハザードランプやホーンで周囲に警告をしてくれます。

 

「ぶつからないクルマ」というフレーズで普及してきましたが

国産車トップレベルの運転支援システムを

使用しているというのも納得です。

 

長距離ドライブでは、疲れにくさは安全性能で大切ですよね。

 

プリクラッシュブレーキ

システムが先行車や歩行者などを検知して

衝突の危険性があると判断した場合に

 

強い自動ブレーキを作動させて衝突回避

被害軽減をサポートする機能です。

 

先進技術で安全運転を支援してくれます。

前方車両との速度差が

約50㎞/h以下なら衝突回避し

 

ブレーキによる回避操作があった場合は

最大限のブレーキ力を

速やかに発生させます。

 

またステアリングによる

回避操作があった場合は

 

備わっている機能により

回避操作をアシストします。

 

システムが十分作動しない場合もあるので

過信せず十分な注意を払いながら

運転することは必要ですね。

 

AT誤発進抑制制御(前方・後方)

アイサイトの一つとなる

衝突被害軽減ブレーキで

アクセルとブレーキの踏み間違えや

 

シフト操作ミスによる急加速や

急発進を抑制し衝突回避や

被害軽減する機能です。

 

小池百合子都知事もこの装置を体験し

事故防止に効果があると思う」と

発言されていました。

 

アイサイトは人間の目と同じように

二つのステレオカメラで車内の物や

遠近感を認識しながら制御を行い

 

車だけでなく2輪車や

歩行者も検知可能です。

 

カメラで得た情報をアクセルやブレーキ

トランスミッション伝えて

制御を行うことでさまざまな

運転支援を実現しています。

 

こちらも確実に衝突を回避するもの

ではないので発進時は周囲の安全を

十分に確認し操作が可能です。

 

アクティブレーンキープ

アクティブレーンキープは、高速道路など

 

自動車専用道路での走行時に

ステレオカメラで道路の白線を認識し

操舵制御することで車線中央の維持や

車線逸脱の制御を行うシステムです。

 

これにより、高速道路を走る際

車線内の中央付近を維持し車線から

逸脱してしまうことを防げます。

 

アクティブレーンキープは65㎞/h以上で

機能しこれにオートクルーズを併用して

セットすることで高速道路ではほとんど

自動運転といっていい動きをしてくれます。

 

アクティブ制御に頼り過ぎるのは危険ですが

長距離移動の負担をかなり軽減してくれます。

 

まとめ

 

以上をまとめると、スバルのレヴォーグは

  • アイサイトは国内トップレベルの支援システム
  • ぶつからない車を実現する最先端安全テクノロジー
  • 衝突の危険を察知すると自動ブレーキが作動
  • アクセルとブレーキの踏み間違え等の衝突も回避
  • アクティブレーンキープによって車線逸脱を制御
  • ただし、システムを過信してはいけない

 

このようなことがわかりました。

 

高齢化社会といわれる日本の

中位年齢は48.9歳(2020年時点)

 

国民の半数近くが50歳以上という

データもあり多くのドライバーが

中年層であるといえるでしょう。

 

75歳以上のドライバーの

死亡事故は75歳未満に比べて約3倍という

データもあり高齢者ドライバーの

安全性についても常に議論されています。

 

万が一の事故の備えて「あってよかった」

と感じるシステムにお金をかける。

 

このことは車を運転する以上運転手の

義務といっても過言ではない重要な意識

だということを知り次の車選びの際は

安全性能を重要視したいと思いました。

 

この記事が、皆様のドライブライフを

楽しむための参考になると幸いです。

 

トヨタの新車に月額で乗れる!

トヨタの新車が月々の定額で、
諸経費コミコミで乗れちゃいます。

最短1.5ヶ月で納車が完了し、
手続きも簡単にWEBで完結します。

\ 手続き簡単&納車が早い! /

公式サイトに移動

下取りは必ず一括査定!

一括査定サイトを使うことで、
買取業者の最大10社が

あなたの愛車の買取額を
勝手に競ってくれるので、
値段が格段に吊り上がります。

無料32秒で愛車の最高額がわかる!

 

-レヴォーグ

error: Content is protected !!