ヴェルファイア

ヴェルファイアの衝突安全性は?豊富な安全装備や特徴を解説!

下取りは必ず一括査定を使う!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることは
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
買取業者の最大10社が

あなたの愛車の買取額を
勝手に競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります。

無料でスマホで愛車の最高額がわかる!

\ 完全無料&カンタン32秒! /

入力ページに移動

高級ミニバンとして人気のヴェルファイア。

 

ラグジュアリーな内装、広々とした車内、高い収納力、この3点が大変魅力的な車ですよね。

 

さて、そんな大人気なヴェルファイアですが安全面は実際どうなんでしょうか?

 

運転するうえでとても大事なところですよね。

 

今回はヴェルファイアの安全面について調べてみました。

 

ヴェルファイアの安全装備

 

レーントレーシングアシスト

[車線維持支援機能]

車線中央を走行するために必要なステアリング操作の一部を支援。白(黄)線が検出困難な場合でも先行車両に追従する支援を行います。

 

[車線逸脱警報機能 / 車線逸脱抑制機能]

車線から逸脱する可能性をマルチインフォメーションディスプレイに表示、および警報ブザーにより警告するとともに、車線からの逸脱を避けるのに必要なステアリング操作の一部を支援。さらに、車線の判断については、白線だけでなくアスファルトや縁石などの境界から逸脱すると判定した場合も支援します。

 

[ふらつき警報機能]

車両のふらつきを検知したときに、マルチインフォメーションディスプレイ表示で休憩を促す注意喚起を行います。

 

引用:トヨタ公式

 

交通事故のニュースでもよくある事故の理由がうとうとしながら運転していたというもの。

 

ふらつき警報機能があることにより、運転手はそのような事故を防ぐことができます。

 

交通事故のニュースが減るかもしれませんね。本当に素晴らしい機能の一言。

 

勿論この機能に頼らずに、適度に休息を取る事が一番大事だとは思いますが、嬉しい機能ですよね。

 

トヨタのヴェルファイアが国内でも人気車であるのも頷けます。

 

プリクラッシュセーフティ

衝突の可能性をミリ波レーダーと単眼カメラで検出。警報ブザーとマルチインフォメーションディスプレイ表示で知らせ、ブレーキを踏めた場合はプリクラッシュブレーキアシスト。ブレーキを踏めなかった場合はプリクラッシュブレーキを作動させ、衝突回避または被害軽減をサポートします。

 

プリクラッシュブレーキは歩行者や自転車運転者に対しては自車が約10〜80km/hの速度域で作動し、たとえば、歩行者との速度差が約40km/hの場合には、衝突回避または被害軽減をサポートします。また、車両に対しては自車が約10km/h以上で作動。

 

たとえば、停止車両に対し自車の速度が約50km/hの場合は、衝突回避または被害軽減をサポートします。

 

引用:トヨタ公式

 

運転者が気を付けていても、歩行者の飛び出しや危ない自転車の運転をしている人がいるのも事実です。

 

万が一のさけられない事態を回避できる機能です。

 

上記の分だと少しわかりにくいですが、機能としては下記のようになります。

 

1.危険が迫ると音でお知らせ

 

2.運転者がブレーキを踏むとプリクラッシュブレーキアシストが作動。

 

3.ブレーキを半分の力でしか踏めなかったとしたら、もう半分の力をアシストしてくれる。

 

4.ブレーキを踏めなかった場合はプリクラッシュブレーキが作動し、自動ブレーキ。

 

引用文にも書いてありますが、プリクラッシュブレーキは「自車が約10〜80km/hの速度域で作動」なので、高速道路では作動しないので注意が必要ですね。

 

インテリジェントクリアランスソナー

アクセルの踏み間違いや踏みすぎなどで起こる衝突を緩和し、被害の軽減に寄与するシステム。車庫入れなどの運転時、静止物の接近を表示とブザーで知らせる「クリアランスソナー」に、静止物との接触を緩和する機能を追加。

 

前後進行方向にある壁などの静止物を検知している場合、発進時にエンジン出力/ハイブリッドシステム出力を抑制し、さらに距離が縮まると自動(被害軽減)ブレーキが作動します。

 

引用:トヨタ公式

 

アクセルとブレーキを踏み間違えたというニュースもよく耳にしますよね。

 

これはそのような状況を防ぐため、運転手をサポートする機能です。

 

誤って踏み間違ってしまってもブザー等で知らせてくれるのは安心ですね。

 

ヴェルファイアは安全面で受賞している

NCAPでは、国内の交通事故実態を踏まえた対策を重視して試験方法及び評価基準をきめ細かく策定しており、毎年見直しがなされています。

 

予防安全性能の評価では、夜間における歩行者の死亡事故が多い実態を踏まえ、2018年度より街灯下における夜間の歩行者に対応する衝突被害軽減ブレーキ性能試験が導入され、2019年度には街灯の無い夜間の歩行者に対応する衝突被害軽減ブレーキ性能が評価項目に追加されました。

 

アルファード/ヴェルファイア、RAV4は、夜間の歩行者にも対応するToyota Safety Senseを備えており、結果、JNCAPの最高ランクである「予防安全性能評価ASV+++賞」という高評価を受けました。

 

引用:トヨタ公式 ニュースルーム

 

事故前の状態とダミー人形を使った事故後の衝突実験で、ダミー人形や車体の破損状況で評価が決まるようです。

 

NCAPとは、ジャパン・ニュー・カー・アセスメント・プログラムの略称です。

 

ヴェルファイアはその実験で最高評価を受賞したということですね。

 

まとめ

ヴェルファイアは安全面にも大変力を入れていて、運転者をサポートしてくれる機能が沢山あります。

 

勿論、この機能に頼りすぎるのは良くないと思いますが、こういったサポートがあることで安心できますよね。

 

いかがでしたでしょうか?さすがのヴェルファイアの安全性能でしたよね。

 

少しでもヴェルファイア購入のきっかけになれば幸いです。

 

トヨタの新車に月額で乗れる!

トヨタの新車が月々の定額で、
諸経費コミコミで乗れちゃいます。

最短1.5ヶ月で納車が完了し、
手続きも簡単にWEBで完結します。

\ 手続き簡単&納車が早い! /

公式サイトに移動

下取りは必ず一括査定!

一括査定サイトを使うことで、
買取業者の最大10社が

あなたの愛車の買取額を
勝手に競ってくれるので、
値段が格段に吊り上がります。

無料32秒で愛車の最高額がわかる!

 

-ヴェルファイア

error: Content is protected !!