ヴォクシー

ヴォクシーの安全装備はどうなの?衝突被害を軽減するブレーキなど驚きの性能を解説

下取りは必ず一括査定を使う!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることは
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
買取業者の最大10社が

あなたの愛車の買取額を
勝手に競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります。

無料でスマホで愛車の最高額がわかる!

\ 完全無料&カンタン32秒! /

入力ページに移動

車の先進安全技術は、一昔前では考えられないほど進化しています。

 

自動ブレーキ、衝突防止センサー、駐車をサポートなどという言葉は、車のパンフレットだけでなくCMにも登場するものです。

実際に車を運転する身としては、安全機能がついているに越したことはありません。

 

自身が交通事故を起こさないためにも、安全装備はぜひチェックしておきたいポイントです。

この記事ではヴォクシーの安全装備についてご紹介します。

ヴォクシーの安全装備

若いファミリー層から支持を受けているヴォクシーには、全車にトヨタの予防安全パッケージである「Toyota Safety Sense」が標準装備されています。

 

2020年4月にはペダルの踏み間違い時の急発進を抑制する「インテリジェントクリアランスソナー[パーキングサポートブレーキ(静止物)]」が標準装備となり、経済産業省や国土交通省が普及を推進する「サポカー」の中でも上位の分類である「サポカーSワイド」に全車適合となりました。

 

しっかりとした安全性能が搭載された、ということですよね。

済産業省や国土交通省が推進しているものに適合しているとなると、安心して乗れそうです。

 

ヴォクシーに搭載の「Toyota Safety Sense」とは

Toyota Safety Senseは、先行車との車間距離や歩行者の検知に優れたセンサーを導入し、事故や衝突の回避に効果を発揮するシステムです。

 

ヴォクシーに搭載されている「Toyota Safety Sense」には4つの安全性能が搭載されています。

 

【ヴォクシー】プリクラッシュセーフティ

センサーで先行車や歩行者を認識し、衝突の危険性がある距離と判断した場合はまずディスプレイ表示やブザー音でドライバーに注意喚起を行います。

 

その際にドライバーがブレーキ操作をすればシステムがブレーキアシストを行い、より強い制動力になります。

 

また、何らかの事情でドライバーがブレーキを踏まないなど衝突回避操作がとられなかった場合、もしくはブレーキ操作をしていても衝突不可避とシステムが判断した場合は自動ブレーキが作動します。衝突事故防止や衝突被害軽減をサポートする機能です。

 

検知は車両と昼間の歩行者が対象で、夜間の歩行者の検知はできません。

 

【ヴォクシー】レーンディパーチャーアラート

車線のはみだしを防ぐようにサポートする機能です。道幅約3m以上の道路を約50km/h以上で走行中に車両の左右の車線を察知し、車両がウィンカー操作なしで車線をはみ出す可能性がある場合には、ブザー音とディスプレイ表示で運転手に車線逸脱の危険を知らせ、回避操作を促します。

 

高速道路や自動車専用道路で活躍する機能です。

 

道幅約3m以上、約50km/h以上で走行中という条件があるので、基準を満たしていないときはより注意が必要そうです。

 

【ヴォクシー】オートマチックハイビーム

近年では、視認性のよいハイビームを使用することが警察などによって推奨されています。

 

しかし、常時ハイビームだと対向車を幻惑させてしまい、かえって交通事故へと繋がる可能性もないとは言い切れません。

 

オートマチックハイビームは、常時ハイビームを使用して走行し、先行車や対向車のランプ、街路灯などを認識した場合には自動でロービームに切り替えるシステムです。

 

ドライバーの手間を省くとともに、ハイビームの使用頻度を高め、夜間の安全運転に貢献します。

 

【ヴォクシー】先行車発進告知機能

停止中に先行車が4m以上進んでも自車が発信しない場合、ドライバーに知らせる機能です。

 

ディスプレイ表示とブザー音でドライバーに、先行車が発進したことを伝えます。

 

信号が青になっても発進しなくて、後続車にクラクションをならされている車を見たことがある人は多いでしょう。

 

そんな信号待ち、渋滞待ちでの出遅れを防ぐ機能です。

 

ヴォクシーのその他安全装備

 

【ヴォクシー】インテリジェントクリアランスソナー

15km/h以下の徐行時にフロントとリアに設置されたソナーが周囲の障害物を検知している状態でアクセルペダルが強く踏み込まれると、エンジン・ハイブリット出力を抑え、急発進・急加速を防ぐ装備です。

 

アクセルの踏み間違いによる事故が近年多発しています。こういった機能が装備されていると安心ですね。

 

【ヴォクシー】ドライブスタートコントロール

ドライブスタートコントロールはアクセルを踏み込んだままシフト操作を「R」から「D」へ行うと、ディスプレイにシフト操作ミスを知らせる表示が点灯し、エンジン・ハイブリット出力を抑え、急発進・急加速を防ぐ装備です。

 

アクセルを踏んだまま「D」に切り替えて前方に飛び出す、といった事故の防止になります。

 

【ヴォクシー】衝突安全機能

運転席、助手席のエアバッグと運転席のニーエアバッグは全車に標準装備されています。

 

さらにオプションでサイドエアバッグ、フロントシートからサードシートまでカバーするカーテンエアバッグが追加可能です。

 

もしもの交通事故の際に怪我の軽減が期待出来る、頸部への衝撃を和らげる設計のWIL(頸部傷害低減)コンセプトシートを使っています。

 

まとめ

 

「Toyota Safety Sense」の内容

  • プリクラッシュセーフティ
  • レーンディパーチャーアラート
  • オートマチックハイビーム
  • 先行車発進告知機能

 

その他安全装備

  • インテリジェントクリアランスソナー
  • ドライブスタートコントロール
  • 衝突安全機能

「Toyota Safety Sense」に加え、「インテリジェントクリアランスソナー[パーキングサポートブレーキ(静止物)]」が標準装備されるようになったことで、ヴォクシーは時代に合った安全性能が装備されたと言えるでしょう。

 

中にはまだ物足りない、という人がいるかもしれません。

 

そういう人はぜひオプションを付けて自分の納得いく安全装備を確保しましょう。

 

安心・安全なカーライフを送るためにも、安全装備は内容まで確認して納得のいく車を選ぶようにしましょう。

 

ヴォクシーの安全装備の記事をここまでご覧いただきありがとうございました。

 

無料で自動車保険を比較できる

最も安い自動車保険を選んだことで、
5万円保険料が下がった人もいます。

WEBで簡単に保険料が比較できて、
サクッと入力も完了できます

無料複数の保険会社の保険料がわかる!

\ 完全無料&たったの3分! /

入力ページに移動

下取りは必ず一括査定!

一括査定サイトを使うことで、
買取業者の最大10社が

あなたの愛車の買取額を
勝手に競ってくれるので、
値段が格段に吊り上がります。

無料32秒で愛車の最高額がわかる!

 

-ヴォクシー

error: Content is protected !!