フォレスター

フォレスターの乗り心地は悪い?良い?SUVの実力を詳しく解説

下取りは必ず一括査定を使う!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることは
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
買取業者の最大10社が

あなたの愛車の買取額を
勝手に競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります。

無料でスマホで愛車の最高額がわかる!

\ 完全無料&カンタン32秒! /

入力ページに移動

スバルのフォレスターといえば続々と新しいSUVが発売されるSUVブームでも衰えることを知らない20年以上も発売され続ける実績のあるSUVです。

 

さらに日本だけでなく海外でのフォレスター人気は根強く、アメリカでは日本の4倍もの売り上げを誇っています。

 

ここまで人気のあるフォレスターなら乗り心地も抜群に違いないと気になりませんか?

 

今回は大人気SUVフォレスターの乗り心地について解説します。

 

長年愛され続けるフォレスターの魅力を知りたい方必見です。

 

フォレスターは乗り心地が悪いの?良いの?

フォレスターは本格派SUVということもあり、長時間の運転や路面の安定しない道路での運転に向いている車として検討している方も多いのではないでしょうか?

 

やはり長時間の運転や路面の安定しない場面ではシートの硬さや座り心地などが乗り心地に大きく影響してきます。

 

フォレスターのシートは背面が硬めで座面は少し柔らかい作りになっているのが特徴です。

 

SUVに初めて乗る人にとってはシートが硬く心地のいいものには思えないかもしれません。

 

しかしこのシートのほどよい硬さこそが長距離運転や路面の悪い道路での疲れ憎さにつながっています。

 

大きめのシートで体をしっかりホールドし、硬めのシートが衝撃を吸収してくれるので揺れが体に伝わりにくく、腰痛持ちの人や車酔いしやすい人でも快適なドライブを楽しめます。

 

またシートヒーターが前部席はもちろん後部座席にも標準装備されているので冬のドライブでも快適です。

 

シートはメーカーオプションで本革シートにもでき、シンプルで高級感のあまりないフォレスターを華やかに演出してくれます。

 

一方で、本革は滑りやすく長距離の運転ではストレスになるといった声や、夏は熱く汗で張り付くのが不快だといった声も上がっています。

 

フォレスターの乗り心地を重視する方は、本革よりもファブリックシートやスエードシートの方が快適にドライブを楽しめるかもしれません。

 

フォレスターの車内空間の特徴と居住性

運転のしやすさだけでなく同乗者の快適性も車を選ぶ上で重要なポイントです。

 

フォレスターの後部座席は広々としていて大人3人が座ってもあまり窮屈には感じない作りになっています。

フォレスターの大きさは全長 4,625 mm 、全幅 1,815 mm 、全高 1,730 mmとなっており、車内空間も広々と開放的です。

 

後部座席の足元空間も約340㎜と広いため、運転手が座席を後ろに下げていても、後部座席の人の膝が当たることがなく余裕があります。

 

買い物の際には足元に荷物をおいても車高の高さと足元の広さで積み降ろししやすいのもポイントです。

 

またカーブで大きく体が持っていかれそうになることが後部座席に座っているとよくありますが、フォレスターなら後部座席もしっかりとホールドしてくれる作りなのでひとりで後部座席に座っていても、あまり揺れることなく安心して座ることができます。

 

静粛性にも優れているので、高速道路でも会話や音楽の邪魔をされることなくドライブを楽しむことができます。

 

小さなお子さんもぐっすりと眠ることができるのも嬉しいですね。

 

後部座席を倒した際の荷室長は1,856mmと広々で、大人でも足を延ばして車内泊を楽しめるほどの余裕があります。

 

キャンプなどアウトドアの際には車内泊をするのもいいかもしれませんね。

 

フォレスターの運転性能と乗り心地

フォレスターは運転のしやすい車として人気を誇っています。

 

その理由はハンドリングの安定感や、視界の良さ、走行性能の良さ、そして運転支援システムアイサイトツーリングアシストの性能の良さにあります。

 

ハンドリングは女性やSUV初心者の人には少々重く感じるかもしれないが、その分安定感があり特に高速道路での直進時には揺れが少なく乗り心地は抜群です。

 

またフロントガラスの大きさは他のSUVと比べても一目瞭然で死角が少ないので開放感のある乗り心地はもちろん、安心して運転できるのも嬉しいポイントになっています。

 

走行性能も他のSUVに比べてフォレスターは特に優れているので悪路走破性も抜群となっています。

他の車が立ち往生してしまうような雪の積もった坂道などでもフォレスターならしっかりと走ることができるほどです。

 

悪天候でもストレスなく運転できるのは嬉しいですね。

 

またアイサイトツーリングアシストが標準装備されているので、高速道路での渋滞時でも疲れることなく快適な運転を楽しめます。

 

疲れにくいシートにアイサイトツーリングアシストで、長期休みに帰省をすることがある人にとってフォレスターは最高のパートナーとも言えるでしょう。

 

まとめ

  • シートは硬めだが揺れや衝撃を感じにくく、腰痛持ちでも安心して長時間ドライブが楽しめる
  • 広々とした車内空間やシートヒーター搭載で後部座席でも快適な乗り心地
  • ハンドリングの安定感と抜群の視界の良さで運転しやすく安全である

 

スバルのフォレスターの乗り心地いかがでしたか?

 

長距離運転や悪路での運転でも安心の乗り心地を実現するために様々な工夫が見られました。

 

フォレスターが長年愛され続ける理由のひとつはこの乗り心地、運転のしやすさにあるのかもしれませんね。

 

車内の広さやシートの座り心地はぜひ一度実際に乗って体感して見ましょう。

 

フォレスターの乗り心地の記事を最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

トヨタの新車に月額で乗れる!

トヨタの新車が月々の定額で、
諸経費コミコミで乗れちゃいます。

最短1.5ヶ月で納車が完了し、
手続きも簡単にWEBで完結します。

\ 手続き簡単&納車が早い! /

公式サイトに移動

下取りは必ず一括査定!

一括査定サイトを使うことで、
買取業者の最大10社が

あなたの愛車の買取額を
勝手に競ってくれるので、
値段が格段に吊り上がります。

無料32秒で愛車の最高額がわかる!

 

-フォレスター

error: Content is protected !!