Nワゴン

Nワゴンで後悔?魅力的な内装を2022年の情報でご紹介!

下取りは必ず一括査定を使う!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることは
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
買取業者の最大10社が

あなたの愛車の買取額を
勝手に競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります。

無料でスマホで愛車の最高額がわかる!

\ 完全無料&カンタン32秒! /

入力ページに移動

Nワゴンはホンダから発売されている、ハイト系の軽自動車になります。日常使いしやすいよう工夫が散りばめられている他、オシャレさもありながらシンプルなデザインも人気の理由の一つ。

 

そんなNワゴンの内装はスタイルごとにテイストの異なるデザインとなっています。クールなのか、可愛いのか気になるところですよね。

 

Nワゴンの後悔しない魅力的な内装が知りたい方に向けて、今回の記事ではNワゴンの内装を2022年の執筆現在の内装情報で詳しくご紹介していきます。

 

Nワゴンの後悔しない内装デザイン

引用:HONDA公式サイト

 

Nワゴンには、ころんとして可愛らしい標準モデルと、力強さの感じられるカスタムの2つのスタイルがあります。エクステリアは勿論のこと、スタイルによって内装デザインが異なるのが特徴です。2つのスタイルでデザインは大きく異なる部分がありますが、同じスタイル内のグレードではそこまで大きくデザインは変わりません。

 

ですので、今回はスタイル毎にその内装デザインをご紹介していきたいと思います。

 

Nワゴンの明るさと馴染みやすさが魅力の標準モデル

引用:HONDA公式サイト

 

Nワゴンの標準モデルの内装デザインは、ブラウンとアイボリーを組み合わせた、モダンながらも温かみのあるデザインとなっています。車内は柔和な雰囲気となっており、かわいらしさを持ち合わせており、筆者も好みなデザインです。特に女性の方にとっては嬉しいデザインなのではないでしょうか。

 

NワゴンのG・Honda SENSINGのデザイン

引用:HONDA公式サイト

 

標準モデルの「G・Honda SENSING」グレードでは、インパネトレイがブラウン、助手席インパネガーニッシュはアイボリー、ステアリングガーニッシュのアッパーはグレー、ロアーがブラウンのカラーリングになっています。

 

NワゴンのL・Honda SENSING、L・ターボ Honda SENSINGのデザイン

引用:HONDA公式サイト

 

「L・Honda SENSING」「L・ターボ Honda SENSING」のグレードでは、インパネトレイがベージュ、助手席インパネガーニッシュはアイボリー、ステアリングガーニッシュのアッパーはブラウン、ロアーがアイボリーとなります。

 

「G・Honda SENSING」は「L・Honda SENSING」「L・ターボ Honda SENSING」と比較し、落ち着いた印象であるのに対し、「L・Honda SENSING」「L・ターボ Honda SENSING」はアイボリーの加飾が増えるため、より可愛らしく明るい雰囲気になるのが特徴です。

 

引用:HONDA公式サイト

 

シートは、長く愛着を持てるようにと、プリントではなく、布自体で柄を表現しているという拘りをもっています。アイボリーをベースとしてイエローやブルーでアクセントがつけられており、可愛らしく、明るいデザインですよ。素材はジャージー素材が使用されています。

 

アイボリーカラーだと、子どもをよく乗せる方は汚れが目立たないか心配になるかと思いますが、アクセントカラーがあることによって、ちょっとした汚れは目立ちにくくなっているので安心です。

 

Nワゴンのクールでカッコいいカスタム

引用:HONDA公式サイト

 

シャープでスタイリッシュなデザインを楽しめるのが、こちらのカスタムスタイル。内装カラーはブラックとなっており、標準モデルとは全く違う、クールな雰囲気を纏っています。こちらのスタイルは、よりクールさを求める男性におすすめのデザインですね。

 

助手席側のインパネトレーや運転席側のドリンクホルダー、前席の足元にはキャンドルホワイトのイルミネーションが採用されています。夜は特にオシャレですし、何より足元も見やすくなるので、便利です。

 

NワゴンのカスタムG・HONDA SENSINGのデザイン

引用:HONDA公式サイト

 

カスタムの中でも「カスタムG・HONDA SENSING」のグレードではブラック一色で統一感のあるデザインになっています。まさにクールなデザインです!

 

NワゴンのカスタムL、カスタムL・ターボ Honda SENSINGのデザイン

引用:HONDA公式サイト

 

「カスタムL・Honda SENSING」「カスタムL・ターボ Honda SENSING」では、インテリアは同様にブラックベースですが助手席インパネガーニッシュやドア周りにチタン調偏光塗装がされており、光の加減でブラウンからグリーンへと見え方が変わりとても華やかです。

 

引用:HONDA公式サイト

 

シートには、ブラックベースにブラウンのアクセントラインが入っているのが特徴です。ブラックとの調和がとれており、非常に高級感が増しますね。シート素材には起毛調のトリコット生地を採用しており、丸みのある部分に光が当たることで、ふんわりと光るようになっています。

 

また、「カスタムL・ターボ Honda SENSING」では、シートのサイドポートにプライムスムースを採用しており、よりなめらかで上質な空間を作り出しています。

 

以上のようにNワゴンでは、標準モデルとカスタムでは大きくインテリアの雰囲気が異なることが分かりますね。一度ここで、各々の特徴をまとめてみましょう。

 

  • 標準モデルはブラウンとアイボリーを組み合わせたインテリアデザイン。
  • シートはアイボリーベースに水色とイエローをアクセントカラーとして使用しており、汚れなどが目立ちにくいようになっている。
  • 「L・Honda SENSING」「L・ターボ Honda SENSING」ではインパネトレイがベージュ、助手席インパネガーニッシュはアイボリーとなっており、「G・Honda SENSING」と比較して明るい印象が増す。
  • カスタムではブラックをベースとしたクールでスタイリッシュなデザインを楽しむことができる。
  • シートはブラックベースにブラウンのアクセントラインが入る他、起毛調のトリコット生地が採用されており、光の当たり具合でやわらかい輝きを演出してくれる。
  • 「カスタムL・ターボ Honda SENSING」ではシートのサイドポートにプライムスムースを採用し高級感アップ。
  • 「カスタムG・HONDA SENSING」ではブラック一色であるのに対し、「カスタムL・Honda SENSING」「カスタムL・ターボ Honda SENSING」では、助手席インパネガーニッシュやドア周りにチタン調偏光塗装がされており、華やかな印象がある。
  • 助手席インパネトレーや運転席側のドリンクホルダー、前席の足元にキャンドルホワイトのイルミネーションを採用しており、夜は特に華やかさが増す。

 

以上のようなデザインとなっていました。標準モデルは馴染みやすくオシャレな印象があるのに対し、カスタムはクールでスタイリッシュ、上質な印象を与えてくれる内装デザインでした。

 

カッコよくNワゴンを乗りこなしたい方は、断然カスタムをおすすめしますし、可愛らしさや馴染み易さ、あたたかさを求める方は標準モデルをおすすめします。

 

スタイル内でのグレードの内装デザインの差は、ポイント的なところが多いのですが、その一部分で随分と印象が変わるかと思います。

 

より明るいデザインをお好みの方は「L・Honda SENSING」「L・ターボ Honda SENSING」、より高級感を求める方には「カスタムL・Honda SENSING」「カスタムL・ターボ Honda SENSING」をおすすめしますよ。

 

Nワゴンの後悔しない便利な荷室

引用:HONDA公式サイト

 

Nワゴンは低床設計となっているので、荷室への荷物の積み下ろしが非常にしやすいのが嬉しいポイント。

 

また、後部座席の背面にあるストラップを引っ張ることで、後部座席をずらして荷室を広くすることができます。

 

さらに、荷室に備えつけられているボードを使用すれば、3パターンの使用方法で便利に荷物を運ぶことが可能になります。

 

2段ラックモード

引用:HONDA公式サイト

 

ボードを使用して、荷室を2段に分けるスタイルです。画像のように、重たいものは下側に、つぶれると困るものや、軽いものは上の段に入れることができるので、ショッピングの時は特に役立ちそうですね。

 

また、普段はあまり使用しないけれど、常に載せておきたい道具などを下段に入れておいても良いでしょう。

 

因みに、ボードの高さはショッピングカートと同じ高さに設定されています。驚きのこまやかな気配りポイントですね。

 

ローフロアモード

引用:HONDA公式サイト

 

高さのあるものを積み込みたい時はボードを使用せず、荷室全体を使用することができます。そもそも低床設計なので、スーツケースなど重たいものを乗せるときも身体への負担も少ないです。

 

ビッグラゲッジモード

引用:HONDA公式サイト

 

後部座席の背もたれを前に倒すと、ほぼフラットの広々とした荷室が出現します。大きな楽器や長さのあるものなどを乗せる時に活躍するモードですね。

しかも、下段にも収納スペースがあるので、量もしっかり乗りますし、整理整頓して荷物を運ぶことが可能です。

 

後部座席を倒すときは、後部座席の肩口にあるレバーを引くだけで、左右別々に前に倒すことが可能なので、とっても楽ちんですよ。

 

Nワゴンの後悔しない充実の収納ポケット

引用:HONDA公式サイト

 

日常使いで、この収納があるととっても便利!といった痒いところに手の届く収納がNボックスにはあります。そんな収納をご紹介していきますね。

 

①助手席側インパネトレー

引用:HONDA公式サイト

 

助手席側にあるインパネトレーには、スマホやお財布、化粧品などの小物を乗せておくことができるので、ドライブ中にふとした時もすぐに取り出せて便利です。「G・HONDA SENSING」「カスタムG・HONDA SENSING」以外のモデルには、充電用UCPジャックがインパネの隣にあるため、長時間ドライブ中なんかにも充電に困ることもありません。

 

②ドリンクホルダー

引用:HONDA公式サイト

 

助手席側のドリンクホルダーは収納式で、なんと500mLの紙パックも入ってしまう便利さ!紙パックのドリンクを買うと、車内での置き場に困ることがあるため、これまで躊躇してきた方もいらっしゃるのでは?Nワゴンであれば、迷うことなく500mL紙パックの飲料を持ち込むことができますよ。

 

運転席側のドリンクホルダーは、ハンドル右側奥に設置されており、運転手が飲み物をスムーズにとれるように位置が設計されています。

 

③ドアアームレストボトルホルダー

引用:HONDA公式サイト

 

助手席側と後部座席にはドアアームレスト部分にドリンクホルダーがついています。なかなか面白い発想ですよね。これなら後部座席に乗ってもスムーズにドリンクを飲むことができます。

 

ただし、蓋を開けたままドアを開閉すると、飲み物がこぼれる恐れがあるので注意してくださいね。

 

④ドライバーズロアーポケット

引用:HONDA公式サイト

 

ステアリングの下側にある小物入れになります。サングラスや折り畳み傘など、常時使わなくても収納しておきたいものなどを入れておくのに便利です。

 

⑤センターロアーボックス

引用:HONDA公式サイト

 

運転席と助手席の間にあるボックスになります。画像のようにガムボトルや飴などをしまっておいても良いですし、芳香剤を使用される方はこちらに入れておいても邪魔にならず良いかもしれませんね。

 

⑥リアシートアンダートレイ

引用:HONDA公式サイト

 

筆者も一押しのこちらの収納。リアシートにアンダートレイがあるので、傘や靴などを収納することができます。いつも濡れた傘の置き場にやきもきしていたので、これは非常に便利だと思います。Nワゴンならではの収納ですね。

 

以上の他にも、助手席グローブボックスや、ドアポケットなどの収納も充実しており、まさに使い手のことが考えられたデザインになっていると思います。

 

まとめ

以上がNワゴンの後悔しない魅力的な内装のポイントをまとめてみると、

  • インテリアデザインは標準モデルとカスタムで大きく異なり、標準モデルのほうがブラウンとアイボリーベースで明るく、カスタムはブラックベースでスタイリッシュなデザインとなっている。
  • 各々のモデル内のグレードでは大きくデザインは変わらないが、Gグレード以外には、より加飾が施され明るさや華やかさが加わる。
  • シンプルかつ統一感のあるデザインを楽しめるのは、標準モデル、カスタムともに、Gグレードのライン。
  • シートのデザインや素材も標準モデルではジャージー素材、カスタムモデルではトリコット生地を採用している。
  • 低床設計であるため、荷室への荷物の荷下ろしが非常に行いやすい。
  • 荷室にあるボードを使用すれば3パターンの荷室アレンジが可能。
  • 収納ポケットも充実しており、Nワゴンならではのリアシートアンダートレイは非常に便利で、それだけで購入を考えてしまうほど。

 

といった特徴がNワゴンにはありました。日常での使いやすさを徹底的に追求したNワゴン。荷室から収納ポケット、車の設計までどの場所にも工夫が凝らされています。そんな中でも、デザイン性も高く、老若男女問わず使用でき、とてもおすすめのできる車です。

 

筆者は特に子育て世代におすすめできる車だなあと感じましたが、カスタムのデザインもなかなかにスタイリッシュで、男性がクールに乗りこなしても絵になります。

 

Nワゴンで後悔することは無さそうですし、とても魅力的な車であることが本記事で分かったと思います。

 

魅力的な標準モデルとカスタムではテイストが全く違うので、是非お好みのデザインを選んで素敵なマイカーライフをNワゴンとともに過ごしてくださいね。

 

トヨタの新車に月額で乗れる!

トヨタの新車が月々の定額で、
諸経費コミコミで乗れちゃいます。

最短1.5ヶ月で納車が完了し、
手続きも簡単にWEBで完結します。

\ 手続き簡単&納車が早い! /

公式サイトに移動

下取りは必ず一括査定!

一括査定サイトを使うことで、
買取業者の最大10社が

あなたの愛車の買取額を
勝手に競ってくれるので、
値段が格段に吊り上がります。

無料32秒で愛車の最高額がわかる!

 

-Nワゴン

error: Content is protected !!