ルークス

ルークスの意味と歴史は?知らないと損する人気の車を解説

下取りは必ず一括査定を使う!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることは
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
買取業者の最大10社が

あなたの愛車の買取額を
勝手に競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります。

無料でスマホで愛車の最高額がわかる!

\ 完全無料&カンタン32秒! /

入力ページに移動

 

皆様、日産のルークスという車はご存じでしょうか?

 

車内空間が広くゆったりしているという特徴を持つ車です。

軽自動車でありながら高度な技術が搭載された車ですし、

どことなく、スタイリッシュな印象を持つ人も多いと思います。

 

そこで、今回は日産のルークスという車の名前の由来を調べました。

他にも、ルークスの特徴や歴史をまとめてみました。

 

どの様な車になっているのでしょうか?

それでは、一緒に見ていきましょう。

 

日産ルークスの名前の意味は?

早速、日産のルークスについて名前の由来を調べてみました。

ルークスは造語で、ROOMとMAXをかけ合わせたという事です。

イメージ的には車内空間がとても広いという特徴を表す造語になります。

参考:日産 公式サイト

 

つまり、ゆったりとした部屋にいるような感覚ですという事でしょう。

車内の空間が狭いと圧迫感があるので、

車内空間が広い方が断然くつろげますね。

 

日産ルークスの人気の秘密

日産のルークスは、軽トールワゴンとい言われています。

ネーミングの由来は、車の縦が他の軽自動車よりも長く設計されているのです。

この様な車が、どんな理由でユーザーに支持されているのでしょうか?

 

気になりますね。

そこで、以下にルークスの人気の秘密について、まとめてみました。

 

外装のカッコ良さ

ルークスは、デザインを支持している人が多い車です。

美しい、品のあるフォルムがスタイリッシュであるのです。

 

軽自動車にしては、優秀なデザインという事ではないでしょうか?

2020年には「グッドデザイン賞」を受賞しております。

 

デザインがとても良いと評価されていて、その明確な根拠がある車ですね。

 

”グッドデザイン賞:

1957年に創設された、日本で唯一の総合的なデザイン評価・推奨の仕組みです。デザインを通じて産業や生活文化を高める運動として、国内外の多くの企業やデザイナーが参加しています。

受賞のシンボルである「Gマーク」は、良いデザインを示すシンボルマークとして広く親しまれています。”

引用:日産自動車ニュースルーム

 

日産ルークスは低燃費

ルークスは、減速時のエネルギーをバッテリーに貯めておいて、

その蓄えたエネルギーをECOモーターをアシストする力に変換したり、

アイドリングストップなどに使ったりしてガソリンを節約しています。

 

また、車が自動でアイドリングストップをしてエコな走りを実現しています。

 

この様な、仕組みで低燃費でエコな走りを実現しているのですね~

デザイン性だけでなく実用性もあるのですね。

 

日産ルークスは車内空間が広い

人気の秘密の一つに車内がゆったりとしているという点があります。

足元が広いので、大人が載っても余裕がありますし、

 

また、背が高い車なので圧迫感が無い事も特徴の一つという事です。

小さな子が立ったまま着替えをすることもできそうです。

 

運転席と助手席が繋がっていて、

余計なスペースが無いので、前方の座席も広々と開放感があります。

車内の開放感は、載っている時の快適さに繋がりますので大切なポイントですよね。

 

日産ルークスの歴史

日産のルークスはどのような歴史があるのか?調べてみました。

 

まず、ルークスが発売されたのは2009年です。

初代はスズキからOEM供給を受けていた車です。

ベースとなっていた車はスズキの「パレット」です。

 

CVT(新型副変速機構付)が搭載されていました。

こちらは、日産とジヤトコの共同開発だったようです。

 

2010年には排出ガスを大幅に下げる事に成功しました。

2013年にはルークスは、スズキからのOEM供給をストップしました。

 

2014年には名称を「デイズルークス」に変更しました。

この時に、日産は三菱自動車と共同の会社を立ち上げて、

この車を開発・販売しました。

 

これを2代目ルークスといいます。

 

2020年にはフルモデルチェンジをしています。

こちらが3代目ルークスです。

こちらは日産が初めて開発した軽自動車になります。

2代目よりも更に車内空間が広くなりました。

 

かなり力を入れた甲斐があり、

同年には、グッドデザイン賞や日本カーオブザイヤーを受賞しています。

 

なるほど~輝かしい経歴の車なんですね。

 

デザインも良くて、エコにも貢献している車という事です。

とても、品格が感じられる車ですね。

 

まとめ

この記事ではルークスの名前の由来・歴史・人気の秘密に迫ってきました。

改めて、まとめてみると以下のようになりました。

 

日産ルークスの名前の由来はROOMとMAXをかけ合わせた

造語である事が分かりました。

 

イメージとしては、車内空間が広くゆったりしていて、

とてもくつろげる車であるという事を表しています。

 

ルークスの人気の秘密は

 

  • 外装のかっこよさ
  • 燃費の良さ
  • 車内空間の広さ

 

この3点があげられました。

 

特に、デザイン性では一つ飛びぬけた印象のある車です。

 

そして、ルークスの歴史に関しては、

初代はスズキからOEMを受けていた車という事がわかりました。

その後、三菱自動車と共同で生産した2代目が発売されました。

 

3代目は日産が初めて開発した軽自動車という歴史があります。

力を注いだ甲斐があり、排出ガスも大幅に下げる事が出来ました。

 

更には、2020年にグッドデザイン賞やカーオブザイヤーを受賞しました。

総じて考えてみると、ルークスは輝かしい経歴がある車でした。

 

そして、品格を感じる車だと私ま感じました。

 

ルークスの記事をここまでお読みいただきどうもありがとうございました。

少しでも、皆様の快適なカーライフの参考になれば幸いです。

自動車保険で3〜5万の節約!

しっかりと手間をかけて自動車保険を見直すことで3〜5万円の節約に成功した方が多くいらっしゃいます。損をしないように無料の見積もりサービスを使って自動車保険を比較しておくことをおすすめします。

\ 完全無料&スマホで楽々! /

無料見積もりはこちら

トヨタの新車に月額で乗れる!

トヨタの新車に月々の定額で、
諸経費コミコミで乗れちゃいます。

最短1.5ヶ月で納車が完了し、
手続きも簡単にWEBで完結します。

\ 今話題のサブスク! /

今すぐ申し込む

 

-ルークス

error: Content is protected !!