ルークス

ルークスの内装はおしゃれ?安っぽい?車内のシートやカラーなど特徴を詳しく解説!

下取りは必ず一括査定を使う!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることは
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
買取業者の最大10社が

あなたの愛車の買取額を
勝手に競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります。

無料でスマホで愛車の最高額がわかる!

\ 完全無料&カンタン32秒! /

入力ページに移動

日産のルークスはデザイン性に優れた車です。

 

グッドデザイン賞も受賞し、実際に外装を高く評価するユーザーも沢山います。

 

それでは、ゆったりとした乗り心地と定評のある日産のルークスの内装はどの様になっているのでしょうか?気になりますよね。

 

内装って、操作性や防音性、乗り心地など色々とあると思います。

 

また、収納はどれくらい便利なのかも気になりますね。

 

お時間の無い方の為にもそういった事を、まとめた記事になっています。

 

それでは、実際の日産のルークスの内装について見てみましょう!

 

ルークスの内装は2つのモデルがある

ルークスの内装は2つのモデルに別れていると知っていましたか?

 

日産のルークスには2つのモデルがあって、標準モデルと少し、高級感のあるハイウェイスターモデルがあるのです。

 

色々と内装は迷いますよね。カラーなどによって印象もガラッと変わっていくので、注目したいポイントです。

 

<ルークスのモデル>

 

・標準モデル

エボニーとアイボリーの2色)

・ハイウェイスターモデル

 

では、実際の内装はどの様に違うのでしょう??

 

とても気になりますよね~それではそれぞれ、見ていきましょう!

 

ルークスの標準モデル

 

エボニー

引用:日産公式サイト 

 

アイボリー

引用:日産公式サイト 

 

こちらは、エボニーとアイボリーの2色のカラーバリエーションがあります。

 

エボニーの方は、ブラックとブルーが基調のクールな印象の配色になっています。

 

かっこいいイメージが好きな方に向いているタイプの内装ですね。

 

スタイリッシュで、都会的な印象があります。

 

そして下の写真のアイボリーは、どちらかというとほのぼのとした印象が見受けられます。

 

こちらは、お家のリビングでくつろいでいる様なイメージのシートカラーですね。

 

この様にことなった2つのイメージから自分でチョイス出来るという事です。

 

ルークスのハイウェイスターモデル(メーカーオプション)

引用:日産公式サイト 

 

引用:日産公式サイト 

 

ハイウェイスターモデルは、メーカーオプションで選ぶことが出来ます。

 

レザーモチーフのモカ色のシートにブラックのアクセントカラーが、高級感を漂わせますね。

 

こちらの仕様は、ワンランク上のグレードを感じさせる内装です。

 

この様に、少しゴージャスな感じが好きな方は、こちらのメーカーオプションを選択されるのもいいと思います。

 

運転席のハンドルのカラーがとても深みがあります!

 

ルークスの内装の特徴

 

運転席付近

引用:日産公式サイト 

 

左右の座席をつなげる事で、広々とした空間を実現しています。

 

肘周りにゆとりがあるので、座っていても窮屈な感じがしにくいとお思います。

 

後部座席

引用:日産公式サイト

 

ゆったりとした足元が特徴の後部座席です。

 

運転席からもお子様のケアがしやすい様に、座席の位置を簡単に変更できるようになっています。

 

ラゲッジルーム

引用:日産公式サイト

 

荷室の下には少し凹んだスペースがあり、色々と物を収納できる様になっています。

 

尺が長いラゲッジルーム

引用:日産公式サイト

 

ラゲッジルームの床の長さは最長675mmとなるため、とても広くなりますので尺を採る様な自転車などの大柄の荷物も収納できるというメリットがあります。

 

肩口リクライニングレバー(助手席

引用:日産公式サイト

 

運転席から助手席の横にあるレバーを使うと、簡単に助手席のリクライニングを倒すことができます。

 

運転席に居ながら、小さなお子様のケアをすることが可能です。

 

この様にすぐ助手席が倒れてくれるので安心ですね。

 

ワンアクションシート操作

引用:日産公式サイト

 

また、シートの後ろからも簡単にレバーでシートの位置を変える事が出来ます。

 

いちいち、シートのカスタマイズの為に移動しなくて良いので楽ですね~

 

USBソケット

引用:日産公式サイト

 

助手席のバック部分にUSBのソケットが付いています。

 

なので、車内でスマホやタブレット端末を充電することが可能です。

 

今の時代はデジタル機器を使って生活しているので、これは必須ともいっていい位の機能です。

 

ご覧の通り、日産のルークスもきちんと装備されています。

 

ドリンクホルダー付きテーブル

引用:日産公式サイト

 

助手席のバック部分にドリンクホルダー付きテーブルが付いています。

 

チャイルドシートのお子様も使いやすいです。

 

中長距離の運転だと、どうしても車内で何か軽食をつまんだり飲み物を飲んだりすると思うのであると助かりますね。

 

ロールサンシェード〈リヤ〉

引用:日産公式サイト

 

後部座席のお子様を強い日差しから守る事が出来る様に日よけが搭載されています。

 

夏の日差しは、車内にいてもとても強くきついのでこの様に日よけがあると、とても助かります。

 

車内の温度が上がるのも防いでくれそうです。

 

まとめ

改めて、日産ルークスの内装についてまとめますと、

 

日産ルークスの内装は以下2つのモデルが、ある事が判明しました。

 

  • 標準モデル(エボニーとアイボリーの2色)
  • ハイウェイスターモデル(メーカーオプション)

 

そして日産ルークスの主な内装の特徴には、以下の点があげられます。

 

  • ゆったりとして車内空間
  • 広々とした足元
  • ラゲッジルームも広くなる
  • 簡単にシートをカスタマイズできる
  • 便利な収納や装備を搭載

 

日産のルークスは、そのデザイン性や安全性だけでなく、内装もとても評価が高い車だと思います。

 

そして、子育て世代にとても優しい設計の車でした。

 

ルークスの車内の内装の記事をここまでお読みいただきありがとうございました。

 

少しでも、皆様の快適なカーライフのお役に立てば幸いです。

 

トヨタの新車に月額で乗れる!

トヨタの新車が月々の定額で、
諸経費コミコミで乗れちゃいます。

最短1.5ヶ月で納車が完了し、
手続きも簡単にWEBで完結します。

\ 手続き簡単&納車が早い! /

公式サイトに移動

下取りは必ず一括査定!

一括査定サイトを使うことで、
買取業者の最大10社が

あなたの愛車の買取額を
勝手に競ってくれるので、
値段が格段に吊り上がります。

無料32秒で愛車の最高額がわかる!

 

-ルークス

error: Content is protected !!