シエンタ

シエンタの便利グッズは?収納や車中泊にも役立つアイテムをご紹介!

下取りは必ず一括査定を使う!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることは
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
買取業者の最大10社が

あなたの愛車の買取額を
勝手に競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります。

無料でスマホで愛車の最高額がわかる!

\ 完全無料&カンタン32秒! /

入力ページに移動

 

トヨタシエンタは2003年9月に初代のモデルが登場してから、現行モデルは二代目になります。

 

ミニバントップクラスの燃費の良さと小回りの利く運転のしやすさで便利性や使い勝手がよく、幅広い層から人気のある車です。

 

今回はシエンタの便利グッズのご紹介に加えて、収納や車中泊にも役立つアイテムをご紹介していきたいと思います。

 

シエンタのおすすめ便利グッズ一覧

トヨタのシエンタは乗り降りのしやすさや便利で機能的な収納の多さなど、家族みんなで楽しめる時間と空間を与えてくれます。

 

そんな家族との楽しい時間をカーアイテムを取り入れることで、もっと便利で快適な時間を過ごしてみてはいかかでしょうか。

 

今回ご紹介するアイテムは以下の4つのアイテムです。

 

では早速、詳しく特徴や機能を見ていきましょう。

 

①【傘入れ】

②【ラゲッジマット】 

③【ゴミ箱】

④【サンシェード】

 

シエンタにおすすめな便利グッズ4選を解説

それではシエンタにあるとおすすめな便利グッズについて詳しくメリットや特徴を解説していきます。

傘入れ/CARESTAR カナロアウェットスーツ素材 

雨の日の濡れた傘って置き場所に困りませんか?

車内は濡らしたくはないけど、置き場所がないので取り合えずシートの横や後部座席の方へ置いたりしてしまいますよね。

 

特に家族で雨の日にお出掛けしたときなど、人数分の傘が車内のあちこちに置かれてしまい、子どもたちが座る後部座席の足元が濡れた傘で占領されてしまいます。

 

濡れたままの傘がお出掛けの間にずっと車内に放置されたままの状態はとても不快ですよね。

 

そんなとき車内に傘入れがあったら雨の日のお出掛けも快適になると思います。

 

こちらの傘入れのカラーバリエーションは6色あります。

 

「ラヴァ・ブラック」「アイランド・カーキ」「トロピカル・イエロー」「マリン・ブルー」「ボルケイノ・レッド」「サーフ・イエロー」

 

ウェットスーツ素材でできているので、防水性が高く水の吐き出し口がついているので雨水が溜まることなく衛生的に使えます。

 

 

運転席や助手席の背もたれに取り付けることができるので、スペースを取られることがありません。

そして水洗いもできるので清潔に保てますし、雨があった時にサッとすぐ取り出して使うことができるので、非常に助かるグッズです。

 

ラゲッジマット 新型シエンタ専用170系ラバー製ラゲッジマット

シエンタの荷室は広くあらゆるものを載せられて便利ですが、できれば汚したくないですよね。

そこで活躍してくれるのがこの荷室専用のラゲッジマットです。

 

外で使った汚れが心配な荷物でも、ラゲッジマットを敷くことで傷や汚れが直接シートに付くことを防いでくれるので安心です。

そして荷室に荷物を置いたまま、運転中に荷物が滑ってしまうことってありませんか?

ラゲッジマットは汚れ防止の他に、荷物の滑りを防いでくれる役割もあります。

 

シエンタ専用設計のラゲッジマットなので、ラゲッジマットを敷いたままサードシートが使用でき、クッション性、ロードノイズを低減する吸音性に優れた仕様になっています。

 

ゴミ箱 TOYOTA純正部品 シエンタクリーンボックスEX 【ダークグレー】

車内にゴミ箱を置くと場所を取られるので、置いていない方も多いかと思います。

 

こちらのゴミ箱はシエンタ専用のゴミ箱なので、設置場所もスペースを邪魔しない配置に置ける設計になっています。

色もグレーと落ち着いている色なので、車内の空間にさりげなく馴染むのもいいですね。

 

車中泊などにもゴミ箱は必須となりますので、おすすめのアイテムです。

 

サンシェード ruiya 新型シエンタ 170系 専用 サンシェード 

サンシェードは車内の暑さ対策や紫外線の予防だけではなく、ダッシュボードを高温から守り、エアコンの効きが悪くなるのを防いでくれる役割もあります。

 

真夏にサンシェードなしで駐車すると、ダッシュボードの上は80℃近くまで熱せられてしまいます。

サンシェードをしないと、熱源がダッシュボードに蓄積してしまい、

エアコンの冷えた空気をダッシュボードが温めてしまうんです。

 

それによって冷房を最強にしてもなかなか車内の温度が下がらないので、燃費にも影響してしまいます。

 

サンシェード使うと、ハンドルもダッシュボードも50℃未満に抑えられます。

50℃でも熱いですが、車内に熱源を作らなければ熱せられるのは空気だけなので、窓を全開に開けることで空気を入れ替えてしまえばよいだけになります。

 

サンシェードを使いダッシュボードに熱源を蓄積させないようにし、無駄に燃費を消費するのを防いでくれるので、ちょっとしたことですが節約にもつながります。

 

節約もできてエアコンの効きを悪くしないで済むのは非常に大きいですし、何よりも車内が暑くないのは非常に助かりますね。

 

まとめ

今回はトヨタのシエンタの4つのおすすめ便利グッズを紹介させて頂きました。

 

①【傘入れ】

②【ラゲッジマット】 

③【ゴミ箱】

④【サンシェード】

 

念願のシエンタを購入したら、先ずは必要最低限の便利アイテムを取り揃えて、カーライフをより快適で楽しい時間にしてみてはいかかでしょうか。

自動車保険で3〜5万の節約!

しっかりと手間をかけて自動車保険を見直すことで3〜5万円の節約に成功した方が多くいらっしゃいます。損をしないように無料の見積もりサービスを使って自動車保険を比較しておくことをおすすめします。

\ 完全無料&スマホで楽々! /

無料見積もりはこちら

トヨタの新車に月額で乗れる!

トヨタの新車に月々の定額で、
諸経費コミコミで乗れちゃいます。

最短1.5ヶ月で納車が完了し、
手続きも簡単にWEBで完結します。

\ 今話題のサブスク! /

今すぐ申し込む

 

-シエンタ

error: Content is protected !!