タフト

タフトの内装はダサい?おしゃれ?2022年の内装をご紹介!

下取りは必ず一括査定を使う!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることは
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
買取業者の最大10社が

あなたの愛車の買取額を
勝手に競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります。

無料でスマホで愛車の最高額がわかる!

\ 完全無料&カンタン32秒! /

入力ページに移動

ダイハツから発売されている四角いボディが特徴の軽SUV「タフト」。本当に軽自動車かと思わせるようなインパクトのあるボディに、広々とした車内空間を持ち合わせ、アクティブに活動をしたくなるような魅力ある車です。

 

そんなタフトの内装には乗るだけでわくわくしてしまうような工夫がたくさんあります。

 

タフトの内装はダサいのか、おしゃれなのか気になる方に向けて、本記事ではタフトの内装情報を2022年の情報でご紹介します。

 

タフトのどんなところが魅力的なのか、タフトの内装を徹底的に紹介しますので必見ですよ。

 

タフトの内装はダサい?おしゃれ?綺麗なカラーと加飾!

引用:ダイハツ公式サイト

 

タフトの内装カラーは、どのグレードも基本的にブラックで統一されています。ただし、シートは全席カモフラージュ柄となっており、遊び心が溢れていて個性的です。

 

それではさっそく、タフトのグレード毎に異なる加飾を詳しく紹介していきますね。

 

【X/Xターボ】

引用:ダイハツ公式サイト

 

X/Xターボでは、ブラックの内装に加え、ステアリングにシルバーのメッキ加工がされています。

 

シンプル イズ ベスト!な内装ではありますが、カモフラージュ柄がシートに採用されているので、煩すぎず、丁度良い塩梅のデザインになっています。

 

【G/Gターボ】

引用:ダイハツ公式サイト

 

G/Gターボでは、インパネ周りにオレンジの加飾がつきます。ブラックでシンプルな内装だけに、オレンジの加飾がひときわ目立ちますね。また、シートのステッチもオレンジ色に変更されるため、スポーティーな雰囲気が加わります。

 

【G/Gターボ クロムベンチャー】

引用:ダイハツ公式サイト

 

特別仕様車である、G/Gターボ クロムベンチャーでは、インパネ周りがダークシルバーの加飾に変更され、シートのステッチがシルバーへと変更されます。オレンジの加飾と比較すると、落ち着いた印象になり、引き締まった空間になりますね。より上品なイメージになります。

 

以上のように、タフトの内装は基本ブラックしかなく、カモフラージュ柄シートが採用されているようです。ただし、グレードによって、インパネ周りやシートのステッチカラーが変わり、

 

  • G/Gターボでは、オレンジ色がアクセントカラーとしてインパネやシートステッチに入っており、スポーティな空間となる。
  • G/Gターボ クロムベンチャー(特別仕様車)ではアクセントカラーがダークシルバーとなり、引き締まりのある空間となる。
  • X/Xターボではアクセントカラーは特にないが、カモフラージュ柄との相性が良く、シンプルで飽きのこないデザインとなっている。

 

といった内装カラーとなっていました。カモフラージュ柄がシートに採用されていることが珍しいので、個性的で、他の車との内装のオシャレ度に差がつきますね。

 

タフトのポケッテリアは便利さが充実

引用:ダイハツ公式サイト

 

SUVの仕様場面は多種多様に渡ると思いますが、ご家族や友人を乗せたり、趣味の道具を乗せたりと結構収納が必要になることってありませんか?

 

タフトでは、使いやすさにこだわった沢山の工夫がされています。その中の一つが、ポケット収納の多さ。上記の画像を見るだけでも、収納スペースが多いのが一目瞭然です。カップホルダーや、助手席前のインパネトレイ、ドアポケットとボトルホルダー。どれもよく利用するものばかりで、欠かすことができません。ただし、各々にちゃんと工夫があるのがタフトの凄いところ。

 

前席についているカップホルダーは、600mLのペットボトルを挿入することができます。最近では、600mLのお得なペットボトルが良く発売されているので、そのサイズが入るカップホルダーは大変嬉しいです。

 

助手席前のインパネトレイは、大型となっており、ティッシュケースが収まるサイズになっています。画像の通り、ティッシュケースを入れても良いですし、飲食物をちょっと置いたり、メイク道具を置いたりと仕様方法は多岐に渡りますね。

 

G/Gターボでは標準装備される助手席シートアンダートレイに関しては、長距離を走行する際にあると便利なスリッパを常時しまっておくことができます。痒いところに手が届くような収納も備えているのがタフトの便利なところなのです。

 

タフトの工夫がこらされたおしゃれな内装

引用:ダイハツ公式サイト

 

タフトはバックパックスタイルをコンセプトとしており、フロントはクルー(乗員)視点を大切に、リアは荷物を乗せるスペースを重視しています。そのため、リアシート・ラゲッジスペースの使い勝手の良さが特徴です。順番に紹介していきますね。

 

家族や友人を乗せても圧迫感を感じない車内

引用:ダイハツ公式サイト

 

タフトの車内は室内長2,050mm、室内高1,270mmとずば抜けて広いわけではありませんが、4人で乗車しても余裕をもって座れるスペースになっています。ですので、ご家族での使用やご友人を乗せておでかけするなんてスタイルも問題なくできます。

 

通常の使用では、座席を広く確保している分、荷室が狭くなります。シートアレンジをすることで、ラゲッジスペースを広く確保することができるので、安心してくださいね。

 

リアシートを倒してつくるラゲッジスペース

引用:ダイハツ公式サイト

 

リアシートはスライドこそできませんが、シートバックを倒すことで、広い荷室を確保することができます。また、荷室空間の汚れを予防できるよう、リアシートの背面やデッキボードは樹脂製となっているのも痒いところに手の届く、美味しいポイントです。

 

リアシートは、左右で半分ずつ倒すことも可能なので、乗員や、荷物などの種類によってラゲッジスペースの広さを変更することも可能になります。

 

多彩なアレンジを可能にする、フレキシブルボード

引用:ダイハツ公式サイト

 

タフトの荷室空間のアレンジは、荷室にある「フレキシブルボード」が鍵を握っています。そのボードを使用したアレンジ方法をこれから紹介していきますね。

 

【完全フルフラットスタイル】

引用:ダイハツ公式サイト

 

シートバックとデッキが段差なくつながるスタイルです。リアシートがスライドしない変わりにサイドにも隙間がなくなるため、物が落ちる心配もありません。大きな荷物を乗せたい時に大活躍のスタイルですね。

 

大きな荷物を乗せる時、座席を倒して荷物を詰め込もうとすると、段差に引っかかってうまく乗せられないことってありませんか?フラットになることで、その労力が減るのはとても有難いなと思います。

 

また、段差のせいで乗せた荷物が段差で安定せず、運転中気が気でないこともありますよね。フルフラットにすることで、そんな気苦労も減ることでしょう。

 

【立てかけスタイル】

引用:ダイハツ公式サイト

 

フレキシブルボードを立てかけるスタイルにすると、荷室の高さを最も確保することができます。高さのある荷物を収納したい時に役立ちますね。また、フレキシブルボードについてるフックも使用することができるので、ショッピングバッグや小物を引っかけて収納したい時に便利です。

 

【下段スタイル】

引用:ダイハツ公式サイト

 

フレキシブルボードを一番下に設置することで、スーツケースなどを安定して載せることができます。また、下にフレキシブルボードがあることで、汚れの掃除もしやすいですね。

 

【ディーラーオプションで更に幅広いアレンジ】

引用:ダイハツ公式サイト

 

オプションにて有料の「フレキシブルボード2段モード取付キット(19,470円:税込)」や「ラゲージネット(13,200円:税込)」などを使用すると、デッキを2段にアレンジすることが可能になったり、荷物を分けて載せることができたりと更にアレンジの幅が広がりますよ。

 

普段から様々な荷物を載せたり、アウトドアで車内を飲食スペースにしたりされる方には、使用の幅が広がるので、おすすめのオプションになります。

 

タフトの疲労が蓄積しにくいクルースペース

引用:ダイハツ公式サイト

 

タフトの特徴として、筆者が特におすすめしたいのは、クルースペースの視界の良さと開放感、そして運転のしやすさです。「バックパックスタイル」をコンセプトにしているからこそ、より運転者が使用しやすいようにと、様々な工夫がされています。各々紹介していきますね。

 

運転席の視界を更に広げる「スカイフィールトップ」

引用:ダイハツ公式サイト

 

どのグレードにも、「スカイフィールトップ」を採用しており、全席の頭上にガラスのルーフが広がります。勿論、不要な時はシェードを閉じることもできますし、UVカット機能つきです。

 

スカイフィールトップをスライドすることはできませんが、天気の良い日には青空を、澄んだ夜には美しい星空を視界に入れながらするドライブは、きっと最高な時間になることでしょう。

 

タフトでは他の車では味わえない開放感を感じながら運転することが可能になりますよ。

 

自然な姿勢で使用できるインパネ周辺

引用:ダイハツ公式サイト

 

タフトでは、インパネセンターシフト、電動パーキングブレーキ、エアコンスイッチなどよく使用するものを運転席から自然な姿勢で使用できるような位置に配置しており、頻回にスイッチ類を使用してもあまり苦になりません。

 

長距離運転は勿論、こまめなストップが必要な街中でも重宝しますね。

 

ホールド性の高い座席

引用:ダイハツ公式サイト

 

運転席の座席は、セパレートタイプを採用している他、身体を覆うような形状をした、ホールド力の高いシートが採用されています。カーブでも身体がずれにくいですし、シート自体が身体を保持してくれるため、余計な力も入りにくくなります。

 

長時間のドライブをしても疲労が蓄積しにくくしてくれる機能は、アクティブな使用を目的とするSUVとしても欠かせない機能ですね。

 

まとめ

今回紹介した、タフトの内装についてまとめると、

  • 内装カラーはどのグレードもブラックとなっている。
  • G/Gターボはインパネ周囲とシートステッチにオレンジの加飾、G/Gターボ クロムベンチャーはダークシルバーの加飾となる。
  • 荷室はリアシートを倒すことで広々と使用することが可能。
  • フレキシブルボードを使用し、多彩な荷室空間のアレンジができる。
  • フロントシートには「スカイフィールトップ」が採用されており、他の車ではなかなか味わえない、開放感がある。
  • 操作しやすいインパネ周辺や、ホールド性の高いシート、広く確保された視野によって疲労が蓄積しにくい運転が可能となる。

 

となっています。タフトは軽SUVですが、SUVとしての使用のしやすさと、疲労が蓄積しにくい工夫が沢山ありますね。筆者は特に運転者への気遣いがとても魅力的に感じました。

 

タフトの内装はダサいどころか、おしゃれで素敵なデザインであることが分かったと思いますし、なかなか個性的で良いですよね。思わず友人に紹介したくなるような個性溢れる車です。

 

長距離ドライブにも、近場へのショッピングにも使用しやすい車であるタフト。今回の記事を読んで、もしタフトが気になった方は、是非店頭に行ってその内装の魅力を肌で感じてみてくださいね。ここでは紹介していない魅力が新たに見つかるかもしれません。

 

無料で自動車保険を比較できる

最も安い自動車保険を選んだことで、
5万円保険料が下がった人もいます。

WEBで簡単に保険料が比較できて、
サクッと入力も完了できます

無料複数の保険会社の保険料がわかる!

\ 完全無料&たったの3分! /

入力ページに移動

下取りは必ず一括査定!

一括査定サイトを使うことで、
買取業者の最大10社が

あなたの愛車の買取額を
勝手に競ってくれるので、
値段が格段に吊り上がります。

無料32秒で愛車の最高額がわかる!

 

-タフト

error: Content is protected !!