CX-30

CX30の評価は辛口?良いの?ユーザーのレビューを深掘りして徹底解説!

下取りは必ず一括査定を使う!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることは
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
買取業者の最大10社が

あなたの愛車の買取額を
勝手に競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります。

無料でスマホで愛車の最高額がわかる!

\ 完全無料&カンタン32秒! /

入力ページに移動

マツダのCX-30は、機動性、室内空間、デザインという3本の柱を徹底的に極めた新世代のコンパクトクロスオーバーSUVです。

 

日本の道路・駐車場環境に配慮された車体サイズ。大人4人が快適な乗り心地で長距離ドライブを楽しめるシート。収納力を誇るラゲッジルーム。良いところしかないCX-30ですが、実際のところはどうなのでしょうか。

 

CX30の評価は辛口なのか、良いのか気になっていると思いますので、早速皆さんの本音を口コミで覗いていきましょう!

 

CX30のエクステリア(外装)の評価

 

(20S L Package)

 

マツダらしい流線形の素晴らしいデザインだと思います。ボディーカラーはソウルレッドクリスタルメタリックですが、ボディ形状の映り込みは惚れ惚れするような上品さです。ブラック樹脂パーツ部分が他車に比べて大きいですが、これもまた個性とみれば納得です。

 

引用:価格.com

 

(XD PROACTIVE Touring Selection)

 

特に後ろ姿がお気に入り。フロントの精悍なマスクも素敵。サイドの移ろいやフェンダーの盛り上がりも堪らない。結局全部良い。泥臭さとは対照的な、都会の高層ビル群や高級ホテルが似合います。対向車線で目が合うのは、ミニやBMオーナーか輸入車のドライバーが多いですね。車好きには響くものがあるかと。

 

引用:価格.com

 

(20S L Package)

 

素晴らしいです。景色の移ろいを楽しめるボディの面感など、工芸品を眺めているよう。

 

引用:価格.com

 

まずはCX-30を形作る柱のひとつであるデザインから見ていますが、まさに絶賛の嵐ですね。

 

マツダ独自の流動デザインの美しさ、精悍なマスク、上品さ、都会的、高級感と、ハイセンスさが賞賛されていて、360°どこをとっても否のつけようがないようです。

 

レビュー星平均は、なんと4.55とほぼ満点に近い結果でした。

 

CX-30は、伸びやかな美しさとSUVらしい力強さが表現されています。

 

スリムで前後が長く、車高をあげながらも後ろに行くほどにピラーを寝かせ、ルーフを下げることで、ゆったりとくつろげる車内空間と、クロスオーバーらしい美しいプロポーションを同時に実現。

 

加えて、大胆にブラックアウトされたボディ下部が、SUVらしい迫力を表現。そうして生みだされた流麗なボディラインが、光が移ろうごとに違った表情をのぞかせ、見る人に感動を与えているようです。

 

また、艶めきが麗しいボディーカラーは、特別塗装色も含めると8色も用意されています。どれが良いか、目移りしてしまいそうですね。

→CX30を安く買う値引きの裏技

CX30のインテリア(内装)の評価

 

(XD PROACTIVE Touring Selection)

 

シンプルだが使い勝手は良く、目視するのはエアコンの温度だけです。あとは手探りで全てできます。運転に集中できるよう、よく考えてありますね。スイッチのクリック感が気持ち良い。質感は高く、プラ丸出しなところはダッシュボードくらいです。スタイリングにに違わぬ上品なデザインで、良い車に乗ってるという気持ちにさせてくれます。

 

遮音性は高く、エンジン音が心地よく入ってきます。余程音に拘りが無ければ、標準のオーディオとUSB接続のAmazonMusicでなかなか良い音を聞かせてくれます。イヤホンでしか聞こえないような細かい音にも気付いたのには震えました。

 

引用:価格.com

 

(20S L Package)

 

購入の決め手となったのがこのインテリアの質感の高さ。同クラス、あるいは一クラス上でもライバルは不在と思えるほど。

 

引用:価格.com

 

(X PROACTIVE Touring Selection)

 

内装も質感GOOD!!CX-5よりもずいぶんラグジュアリーさを感じる。特にシフト横がソフトになっており、運転中に左足が触れても硬さを一切感じない。CX-5と車高が15cmも違わないけれど、運転席のアイポイントはずいぶんと下がったように思う。あと、座席位置に比べて窓が高い。SUVというより、シュッとしたスポーティーな感じ。

 

引用:価格.com

 

こちらもまた絶賛の嵐です。こちらは、先ほどより更に評価が高く4.64点です。素晴らしいですね。

 

まず上げられているのは、質感の高さですね。快適に過ごせることを目指して設計された車内は、手触りの良い上質な質感で統一されています。ドアハンドルなどにあしらわれたメッキ加工も良いアクセントで、高級感を醸します。

 

そして、操作性の高さも評判ですね。マツダの運転席は、誰もが自然な姿勢で運転に集中できるように計算されています。

 

自然に足を伸ばした先にあるペダルはオルガン式で、足の動きとペダルの動きが一致するため、アクセルとブレーキの踏み替えが自然に行えます。

 

運転しやすい環境はまだまだあります。

 

インパネをフラットにし、フロントガラスの視界を広げる、メーター類やエアコンの送風口を左右対称に配置する、センターディスプレイは運転席から見やすい角度で配置する、ウインカーやワイパーのレバーは、運転中自然に中指を伸ばした位置などなど、ハンドル周りは、わき見運転を防ぐ工夫で溢れています。

 

さらに、音響も高品質。マツダ独自のオーディオシステムであるマツダ・ハーモニック・アコースティックスは、人間特性に基づき、全ての席で、ダイナミックでクリアに広がるサウンドを楽しむことができます。配置されたスピーカーはなんと8個! 遮音性も高い車内は、さながらミニコンサートホールといったところでしょうか。

 

これがCX-30全グレードに標準装備されているのですから、驚愕してしまいますね。

 

CX-30は、初めてSUVを運転する方でも違和感なく、乗用車からの乗り換えがスムーズにできるようになっています。

SUVデビューをする時は、まずCX-30を検討してみてくださいね。

 

CX30のエンジン性能の評価

 

(XD PROACTIVE Touring Selection 4WD)

 

マツダのクリーンディーゼルはアドブルー不要で乗り手のストレスを少なくしてくれています。

 

引用:価格.com

 

(20S L Package)

 

あまり遠出せず、走行距離が少ないことから、コスパを考えて20Sにしました。このガソリンエンジンはパワー感こそアテンザ ディーゼルには及ばないものの、とても滑らかで静かな回り方をしますので、市街地、郊外で無理なくスイスイと走ります。

 

引用:価格.com

 

(20S PROACTIVE Touring Selection)

 

正直期待してなかったのですが、軽く踏むとフッと伸びるアタリの良さと、エンジン音がまあ静かで心地よい

 

引用:価格.com

 

(X PROACTIVE Touring Selection)

 

これは圧倒的にハイオクです。レギュラーでもCX-5のガソリンエンジンに比べると、しっかりトルクはあるし、坂道でもエンジンが唸ることなく上っていきます。そこはしっかりとスカイアクティブXの恩恵を受けていると思えました。

 

ただ、ハイオクはやっぱり違う。ディーゼルエンジンに乗った時のように、ほんとスイスイ。結構な坂でも、車がいっさい頑張っている感じがしない。「へ、何かありました?」的な感じ。運転楽しい!!(初めにレギュラーで乗っていれば、それでも楽しかったと思う。)運転や車に興味ない妻でさえ、「なにこれ!?楽!」と言うほどでした。しかもディーゼルなブルルン音がしない。良いです。

 

引用:価格.com

 

CX-30には、ガソリン車(20S)とディーゼル車(XD)、そしてハイブリッド車(X)と3つのモデルがあります。

 

ガソリン車は、さまざまなシーンでスムーズに心地よく運転ができます。

ディーゼル車は、ロングツーリングを力強く快適に楽しめます。

 

ハイブリッド車は、人と環境により優しく、幅広いシーンで走る喜びを感じることができます。

 

それぞれ違った特徴があるパワートレインですが、間違いなく言えることは、どちらのモデルを選んでも満足を得られると言うことでしょう。

 

好みやライフスタイルにあったモデルで運転を楽しみたいですね。

 

CX30の走行性能と乗り心地の評価

 

(XD PROACTIVE Touring Selection)

 

MRCCは自然で使いやすくなりました。ブレーキは硬めだが、慣れれば制御しやすい。カーブではGVCが大活躍で、少々スピードが速くても姿勢が崩れません。感覚的な評価としましては、氷の上をボールが転がるが如くと申しますか、何かこうしっとりしてるというか、とにかく気持ち良いですね。パドルシフトも楽しく、2年経った今でも暇があると1人でドライブしています。

 

引用:価格.com

 

(20S L Package)

 

ハンドリングはSUVのレベルを超えていると思います。直進性がよく、コーナーリングでも安定しています。低速での取り回しも良いです。

 

引用:価格.com

 

(20S PROACTIVE Touring Selection)

 

MRCCやCTSといった運転サポートシステム、これがまた便利で特に渋滞時は本当に楽すぎて驚きました。自分でブレーキ踏んだりアクセル調整しない事がこんなに楽とは。おかげで先日遠出した際の帰りの長距離渋滞、殆ど疲れる事ありませんでした。

 

引用:価格.com

 

(X PROACTIVE Touring Selection 4WD)

 

安定性は良い。第3京浜に目黒からのるカーブなど実感する。

 

引用:価格.com

 

CX-30の走行性能については運転のスムーズさが素晴らしいとの声が多く、マツダの運転手を思う気持ちが伝わってきます。

また、運転の際の操作もスムーズであり、ドライブを本当の意味で味わいながら楽しむことができるのです。

カーブなどの操作感もグッドな車と言えます。

 

(XD PROACTIVE Touring Selection 4WD)

 

試乗車に乗った時に、走行中の室内の静粛性に驚きました。

 

引用:価格.com

 

(20S L Package)

 

車全体がどっしりとしており、不用な振動が少ないため、乗り心地はとても良いです。道路の継ぎ目などを越えるとコツンと大きめの入力を感じますが、車体剛性が高いので不快になることはありません。

 

引用:価格.com

 

(XD PROACTIVE Touring Selection)

 

硬めだと思うが程よくスポーティーで、毎日の通勤がちょっとしたドライブ気分です。シートはポジショニングがキマれば、長距離でも疲れにくいですね。助手席は非常に良好だそうで、あまりの心地よさに眠くなるそうな。リアシートはリクライニングも無いため普通との事。

 

引用:価格.com

 

走行性能に加えて乗り心地も高評価です。

 

CX-30は、人と車の心地よい一体感を実現する、新世代車両構造技術SKYACTIV-VEHICLE ARCHITECTUREを搭載しています。

 

こちらは、人間のバランス感覚を再現し、まるで歩いている時のような運転感覚と乗り心地を実現したものです。タイヤ、ボディ、サスペンション、シートを各部門で分けることなく、全て一体となって製造されたそうです。

 

人間は、骨盤を立てて座り、自然な姿勢でS字カーブを保つことで絶妙にバランスをとっています。CX-30のシートは、ただ座るだけで自然とその姿勢をとれるので、長時間乗っていても疲れを感じず、またお尻が痛くなることもありません。

 

重力に振り回されることがないので、カーブが多い山道でも視線がぶれないので、三半規管が弱い人なども、車への苦手意識が無くなるかもしれません。

 

助手席に乗っていると、あまりの気持ち良さに眠ってしまいそうになるというのもおおいに頷けますね。

 

CX30の燃費の評価

 

(XD PROACTIVE Touring Selection 4WD)

 

この車体サイズで他社の同等クラスの車両より燃費に優れ、また燃料も軽油のためコストパフォーマンスに優れています。

 

引用:価格.com

 

(20S PROACTIVE Touring Selection)

 

踏切あり街中渋滞ありストップ・アンド・ゴーの繰り返しの通勤7.1km/L、長距離高速片道200km程度17.1km/Lと、環境により物凄く差があります。

 

引用:価格.com

 

(X PROACTIVE Touring Selection)

 

今、ガソリン価格の高騰で、わたしの住んでいる地域ではとうとうハイオクが1L 180円台に…。それでもこれからはしっかりとCX-30ちゃんに満タン入れてあげたいです!

 

引用:価格.com

 

(20S PROACTIVE Touring Selection)

 

朝夕の通勤のみだと、8キロくらいです。まあ気にしません。

 

引用:価格.com

 

(20S L Package 4WD)

 

街乗り+高速で現在13.8km/Lです。

 

引用:価格.com

 

(XD PROACTIVE Touring Selection 4WD)

 

エアコンの使い方にもよると思いますが今のところリッター19km位走ってくれています。(満タン法にて、フロント画面の表示では20kmくらい)軽油であることも含めるととても良いかと思います。

 

引用:価格.com

 

燃費は状況により多少の変化があるようですが、それによってCX-30への高評価が変わることはなく、快適なカーライフを満喫されています。

 

口コミからは、特にディーゼル車(XD)の人気がうかがえます。パワーが強く、燃費効率が良い軽油ならではですね。

 

先ほどもご紹介した走行性能や内装および外装の高級感など、総合的に考えるとこの燃費性能であれば満足なのではないかと思います。

 

もちろんどのグレードを選ぶかにもよりますが、総じて高評価な数値と言えるので素晴らしいCX-30の燃費はいい感じだと思います。

 

CX30の価格の評価

 

(20S L Package)

 

安全装備の充実ぶりを考慮すると、20Sはとても良心的な価格と思います。

 

引用:価格.com

 

(XD PROACTIVE Touring Selection)

 

360度モニター、ETC、2カメラドライブレコーダー、フロアマット込みで340万円。妥当か安く感じます。

 

引用:価格.com

 

(20S PROACTIVE Touring Selection)

 

239万円からいろんな装備がついて買えるのは驚きの一言。おススメは20Sツーリングセレクションで273万円。そこに少しオプション付けて300万でおさめる感じでしょうか。凄まじいコスパと満足度が得られます。

 

引用:価格.com

 

皆さん、総じて納得の価格帯であることが分かりました。

 

CX-30は、安全性能も高く、標準装備も充実しています。美しく高級感あるエクステリアにインテリア。圧巻のオーディオ。パワーがあるエンジン。人と車が一体となれる操作性と心地よい乗り心地。それらを支える燃費。これら全てで、お値段以上の価値があるとのこと。

 

車は決して安くはないお買い物ですが、CX-30に限っては、買わずにはいられなくなるのではないでしょうか。

 

ここまで紹介しながら、多く解説してきましたがCX-30の評価については総合的に考えると本当に絶賛の嵐でした。

もうCX-30以外は乗らない買わないと断言する方。

 

SUVなんて……できればセダンが欲しかった……と不満気味だったのに、乗ってみればすっかり虜になった方。

 

CX-30を熱烈に愛する声が、まるで洪水のように溢れてやみません。

これぞ魔性の車と言えるのではないでしょうか。

 

まとめ

・CX-30は、機動性や室内空間、さらにデザインの3つを極めた新世代のコンパクトクロスオーバーSUV

 

・迫力と高級感溢れる流動デザイン

 

・豊富なカラーバリエーション

 

・運転に集中できるよう計算されたハンドル周り

 

・エクステリアとマッチした上質なインテリア

 

・長身の大人4人がゆったり過ごせる車内空間

 

・人間の歩行に着目した設計で、人と車の一体感を生み出し、高い操作性と静粛性、快適な乗り心地を実現

 

・コストパフォーマンスに優れた納得の価格設定

 

CX-30は、乗る人全てを虜にしてしまう、実用性の高いパーフェクトなクロスオーバーSUVでした。

ドライバーだけでなく、同乗者をも幸せにしてしまう。

 

気になった方は迷わずお近くの販売店でその魅力を体感してください!

 

トヨタの新車に月額で乗れる!

トヨタの新車が月々の定額で、
諸経費コミコミで乗れちゃいます。

最短1.5ヶ月で納車が完了し、
手続きも簡単にWEBで完結します。

\ 手続き簡単&納車が早い! /

公式サイトに移動

下取りは必ず一括査定!

一括査定サイトを使うことで、
買取業者の最大10社が

あなたの愛車の買取額を
勝手に競ってくれるので、
値段が格段に吊り上がります。

無料32秒で愛車の最高額がわかる!

 

-CX-30

error: Content is protected !!