キックス

キックスの内装は安っぽい?高級?2021年最新情報で車内をご紹介!

下取りは必ず一括査定を使う!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることは
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
買取業者の最大10社が

あなたの愛車の買取額を
勝手に競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります。

無料でスマホで愛車の最高額がわかる!

\ 完全無料&カンタン32秒! /

入力ページに移動

キックスは日産より発売されているコンパクトSUVです。日産ならではのe-power対応の車であり電気自動車に乗っているような感覚を楽しめることが一つの魅力です。

 

e-powerによる走行感覚も勿論楽しめる車ですが、インテリアの質も気になる方も多いのではないでしょうか。

 

キックスの内装が安っぽいのか高級なのか気になる方に向けて、今回の記事ではキックスの内装について詳しくご紹介していきたいと思います。

 

キックスのおしゃれな内装カラー展開

引用:日産公式サイト

 

キックスの内装カラーは「X」を選択するとブラック、「X ツートーンインテリアエディション」を選択するとオレンジタンになります。また、カスタマイズカーである「キックス AUTECH」を選択すると、内装カラーは「ブラック」基調ですが、シートはブルー/ブラックコンビレザレットシート という特別なカラーシートになっています。

 

それでは各カラーの特徴について説明していきます。

 

ブラック

引用:日産公式サイト

 

「X」を選択することで内装色はブラック単色となりますが、まさにsimple is the best. この一言に尽きます。ブラックといっても漆黒ではなく、少し温かみのあるブラックですので、室内に重たさも生まれません。

 

ブラックで統一されており、所々使用されているシルバーのパーツや、シフトレバー・プッシュスターターのブルーのパーツが目立ちやすく、シンプルながらもオシャレなデザインになっています。

 

シート素材は、合皮とファブリックを組み合わせたものになっています。合皮単体だと滑りやすいと感じる方も多いのではないのでしょうか。

 

合皮にによる高級感と、ファブリック素材による座り心地の良さの両方を実現しています。

 

オレンジタン

引用:日産公式サイト

 

「X  ツートーンインテリアエディション」を選択するとオレンジタンの内装カラーとなります。

 

明るめのビビットオレンジを使用しつつ、ブラックを合わせることで室内が明るくも引き締まった雰囲気になっています。スポーティーさもあり、オシャレなイメージで私はこのカラーがお気に入りです。

 

シート素材は「X」と異なり、全てシートは合皮となっています。座席が全て合皮になることにより、ファブリックでは表現することのできない、上質さをより感じることができます。

 

また、インパネ周辺もオレンジが使用されており、さらに個性的な内装となっています。

 

キックスAUTECH専用ブルー/ブラックコンビレザレットシート

引用:日産公式サイト

 

こちらのカラーはカスタマイズカーであるAUTECHを選択することで使用されるカラーになります。

 

AUTECHでは湘南・茅ヶ崎の海と空の色をモチーフとしたAUTECHブルーをボディカラーに使用していることが特徴です。

 

そんなボディーカラーとちぐはぐにならないよう洗練されたブルーカラーがインテリアにも展開されています。

 

シートは合皮を使用したコンビレザレットシートを使用しています。背面と座面には波模様があしらわれています。

 

ブラックとブルーの組み合わせにより深い海を思わせますね。車に乗り込んだ際にはその空間に癒されること間違いないでしょう。

 

引用:日産公式サイト

 

また、シートステッチやAUTECHの刺繍にやや明るめのブルーを使用していたり、ステアリングホイールやドアトリムにもシートと同色のブルーが使用されており、非常に統一感のある色調になっています。

 

オレンジタンも個性的ですが、こちらの内装カラーも非常に個性的かつ拘りを感じられる内装カラーになっていますね。

 

キックスの疲労を蓄積させにくいシート機能

引用:日産公式サイト

 

キックスではゼログラビティシートという疲労が蓄積しにくいシートを採用しています。

 

スプリングタイプのマットを使用することにより、座り心地を向上させる他、人間工学に基づき、胸郭から背骨まで緩やかな中折れ形状にしたり、骨盤から腰まで連続的にたわみ形状にすることで身体全体を支持しやすいようになっています。

 

長距離ドライブをする時などは特に嬉しいシートですよね。

 

このシートは運転席と助手席に採用されているものになります。

 

キックスのe-powerを感じさせる運転席周り

引用:日産公式サイト

 

各々の内装色に個性と拘りが感じられたかと思います。キックスのインテリアでは、インパネや運転席周りにも細かい工夫がされており、キックスがe-powerであるということを視覚的にも感じられるデザインとなっています。

 

メーターパネルにはアドバンスドドライブアシストディスプレイが使用され、大きくシンプルで見やすいデザインになっています。メーターにもe-powerのブルーが使用されており、ぱっと見ただけで、スタイリッシュな印象を受けることができます。

 

引用:日産公式サイト

 

キックスのセンターコンソールにはシフトレバーやプッシュスターターがまとまって配置されていますが、シフトレバーにはブルーのラインが施され、プッシュスターターはブルーとなっており、細かいところまでe-powerが感じられるデザインになっています。

 

折角買ったキックスですから、その特徴が視覚的にも感じられるのは嬉しいことですよね。

 

キックスの広々としたラゲッジルーム

引用:日産公式サイト

 

キックスのラゲッジルームはコンパクトSUVの中でもトップクラスの広さを誇ります。

後部座席を倒すことで、ラゲッジルームを拡大させることができ、大型のスーツケースやゴルフバッグをのせることができます。

 

荷室に大きなわんちゃんを乗せて、後部座席を片方だけ倒すといったアレンジもできてしまいますね。

 

普段の生活から、ちょっとした家具の買い物、また、子供の部活道具を載せて送迎を行ったり、レジャーに行ったり・・・と様々な場面でも活躍することができ、利便性もあるのがキックスの魅力となります。

 

まとめ

・内装色は「X」「X ツートーンインテリアエディション」「AUTECH」で全てカラーが異なる。

・どのカラーも拘りが感じられるが、ブラックはシンプルで、他2色は個性的なカラーとなっている。

・「X」では、シート素材は合皮とファブリックを組み合わせて使用。

・「X ツートーンインテリアエディション」「AUTECH」のシートは全て合皮となっている。

・シートのみならず、シフトレバーやプッシュスターターにブルーを取り入れ細かい部分にも拘りを感じる。

・運転席、助手席にはゼログラビティシート使用し、疲労感の軽減に貢献している。

・ラゲッジスペースも大容量確保されており、普段使いや長距離ドライブ、レジャーなど様々な場面でも活躍できる。

 

キックスの内装はe-powerという先進性を感じられるものでした。ただ先進性が感じられるのみではなく、ユーザーが日常生活で使用しやすいよう、また、SUVとしてのあり方も追及されており、とてもおススメのできる車です。

 

今回この記事を読んでみて、キックスが気になった方や購入意欲が高まった方は是非店頭に行き、実際に内装の拘りを感じてみてください。

 

無料で自動車保険を比較できる

最も安い自動車保険を選んだことで、
5万円保険料が下がった人もいます。

WEBで簡単に保険料が比較できて、
サクッと入力も完了できます

無料複数の保険会社の保険料がわかる!

\ 完全無料&たったの3分! /

入力ページに移動

下取りは必ず一括査定!

一括査定サイトを使うことで、
買取業者の最大10社が

あなたの愛車の買取額を
勝手に競ってくれるので、
値段が格段に吊り上がります。

無料32秒で愛車の最高額がわかる!

 

-キックス

error: Content is protected !!