ランドクルーザー

ランドクルーザーの内装はベージュがおしゃれ?ブラックやダークレッドなど幅広く紹介

下取りは必ず一括査定を使う!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることは
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
買取業者の最大10社が

あなたの愛車の買取額を
勝手に競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります。

無料でスマホで愛車の最高額がわかる!

\ 完全無料&カンタン32秒! /

入力ページに移動

みなさんは、ランドクルーザーにどんな印象をお持ちですか?

 

「大きい」「迫力ある」といった印象が代表的ですが、実は、内装(インテリア)は、無駄を省いた洗練さ且つ、利便性を求めたシンプルです。

 

そこで本記事では、2021年現在の最新のランドクルーザーの内装をみなさんに共有していきます。

 

納期は5年!?人気の理由とは?

ランドクルーザーの内装(エクステリア)をご紹介する前に、ランドクルーザーの人気度についても軽く触れていきます。

 

ランドクルーザーは、トヨタ自動車の人気SUVの1つです。

 

インパクトのある外見や砂利道などのオフロードを走ることができる走行性能は、日本のみならず、世界でも人気を誇ります。

その人気は、なんと納期2年。巷では、5年とも言われているほど。

 

いや、5年って。。次のオリンピックが開催されるよりも長い(笑)

 

しかし、こうやって聞くと本当に人気なことが伝わってきますね!

 

欲しいと思ってもすぐに手に入らないからこそ、この後ご紹介する内装をご覧いただいて、自分にあったランドクルーザーを選んでくださいね!

 

ランドクルーザーの内装は大きく2種類

ランドクルーザーの内装(エクステリア)の違いは、大きく分けて2種類あります。

 

それは、「GR SPORTS以外」と「GR SPORTS」なんです。(厳密にいうと5段階のグレードと、乗車可能人数によって対応している色が違います)

 

ランドクルーザーは、オフロードと日常での走行どちらでも使えるような車ですが、GR SPORTSは日常での走行でも使えますが、よりオフロードの環境性能を上げた車となっています。

 

今回は、その違いを

1.運転手視点

2.上からの視点

3.シートの特徴

の3つに分けてご紹介いたします。

 

運転手視点

引用:トヨタ自動車公式HP

 

まず始めは、運転手視点からです。

GR SPORTS以外の方から見てみましょう。

 

シックな色合いで落ち着きをもたらしてくれていますね。

革のシートということもあり、より一層高級感を際立ちがあります。

 

また、ボタンだらけでごちゃごちゃしたものではなく、シンプルな作りなところもポイント。

 

お次は、GR SPORTSです。

引用:トヨタ自動車公式HP

 

ほとんど変わりはありませんが、ハンドル部分にGRのロゴが入っていますね。

 

クラクション部分のロゴの下に入れずにハンドル下部にロゴを入れているあたりが主張しすぎず空間に溶け合っています。

 

上からの視点

続いては、車内の上からの視点です。

こちらもGR SPORTS以外の方から見てみましょう。

引用:トヨタ自動車公式HP

 

全て同じ色で統一しているところがシンプルで良いです。

先ほどと同じような紹介にはなりますが、革シートと黒色の組み合わせはより落ち着きをもたらしてくれています。

 

続いては、GR SPORTSです。

引用:トヨタ自動車公式HP

 

先ほどと変わって、シートの背部分のつなぎ目に銀色のラインが入っていますね。

 

「黒色のみは単調すぎて嫌だ。でもシンプルさ捨てたくない」という欲張りな要望を見事に答えてくれるGR SPORTS。

 

こちらもかっこよくて見とれてしまいますね。

 

シートの特徴

最後は、シートの特徴です。

 

先ほど冒頭で書いた、「厳密にいうと5段階のグレードと、乗車可能人数によって対応している色が違います」

 

ここを深堀すると、実は、最新のランドクルーザーで選べるシートの色の種類は、

 

・ニュートラルベージュ(ディーゼル車5人乗り)

・ブラック (ガソリン車7人乗り)

・GR専用ブラック (ディーゼル車5人乗り)

・GR専用ブラック&ダークレッド (ガソリン車7人乗り)

があります。

 

違いがはっきりとわかるようにこの章でお伝えします。それぞれ見ていきましょう。

 

こちらは、ニュートラルベージュ(ディーゼル車5人乗り)です。

引用:トヨタ自動車公式HP

 

引用:トヨタ自動車公式HP

 

黒とは大きく変わり、車内がパッと明るくなる印象。

 

しかし、変わらず落ち着いた雰囲気は維持しております。

ドアポケット部分がブラックとニュートラルベージュが上手く組み合わさり、大人の落ち着きを放っているいように個人的には思います。

 

こちらは、先ほどご紹介したものと同じブラック (ガソリン車7人乗り)です。

引用:トヨタ自動車公式HP

 

こう見ると明らかに印象が変わりますね。

ただ、一つ言えることは、同じ車種だということ。

どちらを選んでも後悔することは恐らくないでしょう。

 

続いては、GR専用ブラック (ディーゼル車5人乗り)です。

こちらも先ほどご紹介したものと同じです。

引用:トヨタ自動車公式HP

 

最後は、GR専用ブラック&ダークレッド (ガソリン車7人乗り)です。

 

これがほんとうにかっこいい。個人的にはこれが圧倒的おすすめです。

引用:トヨタ自動車公式HP

 

引用:トヨタ自動車公式HP

 

まさかまさかの、落ち着きのある黒と派手な赤色を組み合わせるとは脱帽です。

 

こんな内装を施していたら、例えドライブで目的地に着いたとしてもずっと座っていたくなるようなかっこよさです。

 

まとめ

今回のランドクルーザーの内装について詳しく紹介してきたまとめは以下の通りです。

 

・最新のランドクルーザーには、ブラック、ニュートラルベージュ、GR専用ブラック、GR専用ブラック&ダークレッドがあること。

・グレードや乗車可能人数などによって対応している色が違うこと

・どれもかっこいいこと

 

以上です。

 

どの最新ランドクルーザーを選んだとしても、高級感の落ち着いた雰囲気を車内で楽しめるため、ドライブはもちろん、車内で映画鑑賞をしてリラックスしてみても良いですね!

 

ただし、迷い過ぎて自分の手元にくる納期が今よりもさらに延長しないように注意することが大事ですね!

 

乗るところからではなく、どれにしようか選ぶこところから楽しんでみてくださいね!

 

無料で自動車保険を比較できる

最も安い自動車保険を選んだことで、
5万円保険料が下がった人もいます。

WEBで簡単に保険料が比較できて、
サクッと入力も完了できます

無料複数の保険会社の保険料がわかる!

\ 完全無料&たったの3分! /

入力ページに移動

下取りは必ず一括査定!

一括査定サイトを使うことで、
買取業者の最大10社が

あなたの愛車の買取額を
勝手に競ってくれるので、
値段が格段に吊り上がります。

無料32秒で愛車の最高額がわかる!

 

-ランドクルーザー

error: Content is protected !!