レヴォーグ

新型レヴォーグの燃費は悪すぎ?良すぎ?街乗り時の口コミから評価を徹底解説

下取りは必ず一括査定を使う!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることは
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
買取業者の最大10社が

あなたの愛車の買取額を
勝手に競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります。

無料でスマホで愛車の最高額がわかる!

\ 完全無料&カンタン32秒! /

入力ページに移動

 

みなさんは車を選ぶとき、何を基準に選んでいますか?

 

走行性能や内装という方も多いかと思いますが、最も多い意見が「燃費」や「車両価格」といったお財布に関係する所ではないでしょうか。

 

燃費がいい車は少ない燃料で、たくさん走ることができるので、維持費も安くできます。

 

しかし、カタログを見て燃費がいい車とおもっていたけれど、実際に乗ってみるとそこまでよくなかったという経験をされた事はありませんか?

 

実はカタログの燃費数値と、実際の数値は大きく違うことがあるのです。

 

カタログの表記法を知ることで、この誤解を解消できるかもしれませんよ。

 

今回はスバルの新型レヴォーグの燃費についてカタログ燃費と実燃費を実際に乗っている方の口コミを参考に調査していきたいと思います。

 

新型レヴォーグの燃費をよくするコツも解説していますので、是非最後まで読んでみてくださいね。

 

カタログ燃費と実燃費の違い

まずはカタログ燃費と実燃費の違いについて見ておきましょう。

 

カタログ燃費とは

 

カタログ燃費は国が決めた試験の方法に乗っ取った形で計測されるもので、車の性能を客観的に測っているものになります。

 

以前はJC08モードという測定方法で計測されていました。

 

これは実際の道路ではなく、試験場内のローラーの上でハンドル操作なしにおこなわれていたので、実際値とは大きくはなれてしまうのが実情でした。

 

しかし2018年10月からWLTCモード表記に変わったことで、総合的な燃費の数値のほかに、市街地モード、郊外モード、高速道路モードの数値も公表されるようになりました。

 

それにより、様々なシーンでの燃費が想像しやすくなり、ユーザーが実際に使用するシーンを想定して車選びができるようになりました。

 

カタログ燃費と実燃費が大きく違ってしまうことがなくなったのは、ありがたい変更になりますね。

 

実燃費とは

 

実燃費とはユーザーが実際に車を運転したときの燃費になります。

 

実燃費の計算方法は、満タン法と呼ばれる実燃費の概算を自分で計算する方法。

 

「1Lの燃費で何㎞走行できるか」で計算され、車に満タンの燃料を入れて空になるまで走行し算出されます。

 

計算式はこのようになります。

 

燃費=走行距離/給油した量

 

40Lのガソリンで480㎞走行できた場合の実燃費は、480㎞÷40L=12㎞/Lとなります。

 

カタログ燃費と実燃費

では、実際にスバル「レヴォーグ」人気車GT-X EXのカタログ燃費と実燃費をみていきましょう。

 

(令和2年10月の最新モデル)

 

GT-X EX

 

・カタログ燃費

WLTCモード 13.6㎞/L

市街地モード  10.0km/L

郊外モード   14.5㎞/L

高速モード   14.3km/L

 

・実燃費

市街地モード  15.0km/L

高速モード   17.6km/L

 

(JC08モード 16.6㎞/L)

参考:くるまのニュース

 

e-燃費の調査によると

令和2年10月モデルのレヴォーグ

実燃費は11.52㎞/Lです。

参考:e-燃費

 

前述のように、JC08モードと、市街地モードでは大きく数値がはなれていますね。

 

ステーションワゴンの平均が13.7㎞/Lなので、平均的な燃費といえるでしょう。

 

グレードによっての差があまりない事とレギュラーガソリンという点でも、購入しやすい車ではないでしょうか。

 

乗る場所や運転する人の技術等で燃費に大きく差がでてきそうですね。

 

新型レヴォーグの実際の口コミ

では実際に購入された方の口コミをみていきましょう。

 

平地を走る分にはカタログ値超えも余裕な場面が田舎では存在する。

 

走行するステージによって燃費は天と地ほどの差が出る。

 

特に登坂では凄まじい燃費の悪さだが、前述の通り比較的平坦な下道で地方の遠乗りするとカタログ値を優に超えるのである。

 

引用:みんから

一番のネックは燃費でしょうか。

 

普段乗りでリッター11位です。

 

こちらは地方で渋滞は少ない中での燃費ですので、もう少し伸びて貰いたいです。

 

引用:みんから

 

新型レヴォーグは燃費以上にカッコよさ、機能性等すぐれている点が多くあるので妥当な燃費性能ということでしょうか。

 

ツーリングアシストを使っての高速運転では燃費がよくなるので、高速をよく運転される方であればカタログ燃費以上の数値が期待できそうです。

 

逆に市街地や坂道を走る事が多い方には燃費のみで考えると意見が分かれる車といえるかもしれません。

 

エアコン使用・積雪の多い地域も同様に実燃費がカタログ燃費を大きく下回ってしまうので、普段どのように使うことが多いかを考慮して購入しないと、維持することが難しくなるかもしれません。

 

燃費をさらによくする方法

では新型レヴォーグ、唯一の欠点ともいえる燃費をよくするためにはどのように乗ったらいいのでしょうか。

 

燃費が向上する「エコドライブ」の方法をご紹介します。

 

eスタート

 

日々の運転で緩やかにアクセルを踏んで発進するだけで10%程度も燃費が改善すると言われています。

 

最初の5秒間で時速20㎞を目安に発進してみましょう。

 

加速・減速の少ない運転

 

速度変化の少ない運転を心がけると市街地では2%であり、郊外でも6%程度も燃費が改善します。

 

走行中は一定の速度で走ることをこころがけましょう。

 

車間距離をあけることで加速減速の回数も減りますよ。

 

減速時は早めにアクセルを離す

 

エンジンブレーキを作動させることで2%程度燃費が改善します。

 

信号で停止する時や坂道を下る際は、早めにアクセルから足をはなしましょう。

 

エアコンの使用は適切に

 

暖房のみ必要な時はエアコンのスイッチをオフにしましょう。

 

車内の温度設定を25度に設定した場合、エアコンをオンにしたままだと12%程度も燃費がわるくなります。

 

無駄なアイドリングをやめる

 

駐停車の際はアイドリングはやめましょう。

 

またエンジンをかけたらすぐにスタートしましょう。

 

その他渋滞を避ける、タイヤの空気圧を点検する不要な荷物をおろすエコタイヤに変えるなどの対策も可能です。

 

燃費がいいだけでなく、地球温暖化対策にもつながりますので、積極的にエコドライブをしていけるといいですね。

 

まとめ

  • カタログ燃費=実燃費ではない
  • 新型レヴォーグのカタログ燃費はWLTCモードで13.6㎞/L
  • 使い方によって実燃費は変わってくる
  • 運転方法によってはカタログ燃費を上回ることもある
  • エコドライブを意識するだけで実燃費は大幅に変わってくる

 

ということがわかりました。

 

スバル・新型レヴォーグはいわゆるエコカーではなく、どちらかといえば走りを楽しむ車という位置づけになるので、燃費性能だけをみるとやや不満な声もあるものの全体的には満足度の高い車だと思いました。

 

エコカーに乗っていてもエアコンを過度に使用したり、アイドリングストップ等燃費にも地球にも優しくない運転をしていたのでは、本当の意味でのエコカーとはいえないでしょう。

 

一人ひとりがエコな運転を心がけることで、カタログ燃費の良くない車でもエコカーになるのだと知り、これからの運転を見直していこうと思いました。

自動車保険で3〜5万の節約!

しっかりと手間をかけて自動車保険を見直すことで3〜5万円の節約に成功した方が多くいらっしゃいます。損をしないように無料の見積もりサービスを使って自動車保険を比較しておくことをおすすめします。

\ 完全無料&スマホで楽々! /

無料見積もりはこちら

トヨタの新車に月額で乗れる!

トヨタの新車に月々の定額で、
諸経費コミコミで乗れちゃいます。

最短1.5ヶ月で納車が完了し、
手続きも簡単にWEBで完結します。

\ 今話題のサブスク! /

今すぐ申し込む

 

-レヴォーグ

error: Content is protected !!