N-BOX

N-BOXは軽自動車じゃない?どんな車?車名の意味や特徴を徹底解説

下取りは必ず一括査定を使う!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることは
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
買取業者の最大10社が

あなたの愛車の買取額を
勝手に競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります。

無料でスマホで愛車の最高額がわかる!

\ 完全無料&カンタン32秒! /

入力ページに移動

スーパーや公園の駐車場に目を向けると、必ずと言っていいほど見かけるN-BOX。

 

そんな人気のN-BOXですが、皆さんはN-BOXの特徴や車名の意味、モデルチェンジの歴史を知っていますか?

 

世界でも有名なホンダが、作っているN-BOX。

 

名前には作り手の素敵な思いが詰め込まれていますし、車の特徴を知ればきっと虜になること間違いなしです。

 

今回は、そんなN-BOXのどんな車なのか魅力に迫っていきます!

 

N-BOXの車名の意味は?

N-BOXの

 

Nとは「Norimono(のりもの)」の「N」。

 

「人のためのスペースは最大に、メカニズムは最小に」

 

「単なる機械ではなく「人が乗るためのもの」

 

引用:ホンダ公式サイト

 

N-BOXの車のNの意味は公式が出しており、スペースにこだわる単なる機械ではない意味。

 

N-BOXのBOXの意味については公式からはありませんでしたが、英語で「箱」という意味なので「乗り物の箱」という意味だと考えられますね。

 

たしかに、N-BOXといえば、四角いフォルムで荷物がたくさん入る「箱」イメージがありますよね!

 

マイカーが憧れの存在だった50年以上も前から作られてきたからこそ拘って作られているのでしょう。

 

こだわりがある素敵な名前だと思います!

 

N-BOXの種類と特徴

N-BOXは、3種類の派生車種が存在します。

 

3種類の派生車種について、それぞれ見ていきましょう!

 

N-BOX

引用:ホンダ公式サイト

 

N-BOXシリーズの原点になってる車です。

 

スライドドアで、中がとっても広く子供が立ったまま着替えたり、自転車を載せれるほどです。

 

家族の暮らしが楽しくなるような車がN-BOXの特徴です。

 

N-BOX+

引用:ホンダ公式

 

N-BOX+ の「+」は新しい可能性をプラスするのプラス

 

引用:wikipedia

 

N-BOXの特徴を引継ぎつつ、足が不自由な方でも車いすのまま車に乗車できたり、荷物や道具の積み下ろしがN-BOXより楽になりました。

 

その秘密は、「ユニーバーサルブリッジ」というアルミスロープです。

 

これがあることにより、トランクから直接道具を入れたり、車いすに載っている人を楽に乗せることができるようになっている。

 

N-BOX SLASH

引用:ホンダ公式サイト

 

SLASHの意味は「さっと切る」、「切り込みを入れる」。

 

N-BOXの屋根の部分を削った商品性の面白さや分かりやすさを表現しているのだそう。

 

他のN-BOXとは違い、内装を8種類の中から選べたり、タイヤも6種類の中から選べるなど、自分好みにカスタマイズして遊べるのがSLASHの特徴のようです。

 

N-BOXの歴史

色んな種類のあるN-BOX。

 

その歴史には、どんな背景があるのでしょうか?

 

一緒に見ていきましょう。

 

・2011年(平成23年)12月16日 

 N-BOXが販売される

 

・2012年(平成24年)7月6日

 N-BOX+が販売される

 

・2012年(平成24年)10月4日

 2012年度上半期(2012年4月~9月)の販売台数が[N-BOX][N-BOX+]合わせて11万,8431台となり、軽四輪車新車販売台数No.1を獲得

 

・2014年(平成26年)12月22日 

 [N-BOX SLASH]が発売

 

・2015年7月6日

 [N-BOX][N-BOX+][N-BOX SLASH]シリーズの2015年上半期

(2015年1月~6月)の販売台数が106,985台となり、軽四輪車新車販売台数でNo.1を獲得したことを発表した

 

・2016年1月8日 

 2015年暦年(1月~12月)の販売台数が184,920台となり、軽四輪車新車販売台数でNo.1の獲得を発表

 

・2017年1月11日 

 2016年暦年(1月~12月)の販売台数が186,367台となり、2015年に続いて2年連続で軽四輪車新車販売台数でNo.1発表

 

 同時に、シリーズの第1弾となるN-BOXの発売からの国内での累計販売台数が100万台を突破したことも発表した。

 

・2017年4月6日 

 2016年度(2016年4月~2017年3月)販売台数が192,369台。2015年度に続いて2年連続で軽四輪車新車販売台数でNo.1となったことを発表。

 

特に、2016年12月~2017年3月は月毎の登録者を含めた車名別販売台数において4か月連続で首位を獲得した。

 

・2017年12月

 [ホンダN-BOX]が香港、マカオ、ブルネイ、 ミャンマーで販売される。海外初の軽自動車販売となった。

 

・2020年2月

【N-BOX SLASH 】販売終了に伴い ホームページへの掲載を終了。これにより、初代N-BOXシリーズは全て販売終了。

 

出典:wikipedia

 

販売当初から現在まで世代を越えて境界を越えて、世界中で愛されてる存在になっているのが分かります。

 

フルモデルチェンジにつき販売が終了してますが、現在は新しいN-BOXが販売されています。

 

これからも彼らの活躍に期待したいところですね。

 

N-BOXの乗り心地

引用:ホンダ公式サイト

 

実際にN-BOXに乗っている人は乗り心地をどんな風に感じているのかまとめてみました。

 

 N-BOXユーザーの口コミ

満足している点

 

とにかく車内が広い。静か。滑らかな足。シートアレンジが多彩。

 

低速からターボを感じさせない加速感。今時の軽四はホント凄い。

 

引用:みんカラ

不満な点

 

やはり価格。乗り出し200万オーバーは小型普通車より全然高い。装備を考えると仕方ないのだろうが、軽四と言う事を考えるとちょっと厳しい。

 

あと内装はカスタムしか黒が選べないのは残念。個人的には犬顔のノーマルで黒内装にしたかった。

 

引用:みんカラ

 

全体的に評価の高かったN-BOX。

 

N-BOXユーザーの実際の口コミの中には室内の広さだけではなく、走行性のも静かで軽自動車とは思えない!という意見もありました。

 

車内も広く、軽自動車の性能を上回る性能。

 

N-BOXは加速もスムーズなことが考察できますし、個人的にとても好印象な車です。

 

ただ、人気車とあって値段が高いと感じる意見もありました。

 

何の車買おうかな?家族と一緒に乗れる新車が欲しい!と考えてる人は、ぜひ一度N-BOXの購入を検討してみてはいかがでしょうか?

 

まとめ

ホンダのN-boxの意味は

 

  • Nは「Norimono(のりもの)」の「N」。
  • 家族や高齢者の事を考えられて作られた車。
  • 日本でも世界でも愛される車。
  • 今はフルモデルチェンジされていて新しくなっている。

 

このような車であることが分かりました。

 

車のことはあまり詳しくない僕でも、調べているうちに楽しくなって、気づいたら夜が明けそうでした!

 

すごく楽しかったので、機会があればN-BOXの記事をまた書いてみたいです。

 

無料で自動車保険を比較できる

最も安い自動車保険を選んだことで、
5万円保険料が下がった人もいます。

WEBで簡単に保険料が比較できて、
サクッと入力も完了できます

無料複数の保険会社の保険料がわかる!

\ 完全無料&たったの3分! /

入力ページに移動

下取りは必ず一括査定!

一括査定サイトを使うことで、
買取業者の最大10社が

あなたの愛車の買取額を
勝手に競ってくれるので、
値段が格段に吊り上がります。

無料32秒で愛車の最高額がわかる!

 

-N-BOX

error: Content is protected !!