アルファード

アルファードは見栄っ張り?車名の意味からモデルチェンジの歴史まで幅広くご紹介

下取りは必ず一括査定を使う!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることは
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
買取業者の最大10社が

あなたの愛車の買取額を
勝手に競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります。

無料でスマホで愛車の最高額がわかる!

\ 完全無料&カンタン32秒! /

入力ページに移動

 

トヨタのミニバンの中でもアルファードはトップクラスの売り上げを誇っている人気の大型LLクラスの車です。

 

ですが、アルファードの名前の意味や、どんな人が乗る車なのかを知っている人はどれくらいいるのでしょうか?

 

今回はそんなアルファードのモデルチェンジの歴史や車名の意味から、どのような車なのかまでまとめてみました。

 

この記事を読んで更に車の知識を深めてみましょう。

 

アルファードの車名の意味

アルファード(ALPHARD)とは、数多くある星座の中で最も明るい星という意味があるギリシャ語のα(alpha)に由来する造語になります。

 

1番輝いている車になってほしいという願いが込められているのでしょうか。

 

アルファードはトヨタの車の中でもかなり人気で名前にあった車になりましたね。

 

また、トヨタだけに限らず、ミニバンのおすすめや人気ランキングでは常に上位に位置しています。

 

つまり、日本を代表するミニバンということです。

 

アルファードのモデルチェンジの歴史

 

初代アルファード

 

アルファードが販売開始になったのは2002年5月22日のことでした。

 

今から20年近く前なんですよね!

 

日本人に好まれる豪華なインテリアを目指し、面積の広い木目調パネルをあしらうなど工夫を凝らしました。

 

日本国内専用であり、かつ乗用することを目的として、車体の耐久性を上げつつ他の車のプラットフォームを流用することでコストを下げ、生産性を上げることに成功しました。

 

今までのトヨタの車とは基本構成を大きく変えたという特徴があります。

 

定員は2列目の座席仕様により7名と8名に分けられ、全てのグレードで4WDを選ぶことが可能でした。

 

また、初代アルファードにはアルファードGとアルファードVがあり、GはGrand(大きい、雄大)、VはVictory(勝利)から命名されました。

 

2003年にはアルファードハイブリッドが追加。

 

専用のエクステリアなどで差別化が図られました。

 

2代目アルファード

 

アルファードハイブリッドが販売終了し、アルファードVはヴェルファイアに名前を変え、アルファードGは2代目アルファードとしてフルモデルチェンジしました。

 

この時にGという表記もなくなっています。

 

初代アルファードより車高が低くなり安定感が増しました。

 

よって振動などに強くなり、乗り心地がより快適になりました。

 

定員は初代と変わらず7人、または8人乗りですが、7人乗りのタイプにはキャプテンシートが採用されました。

 

キャプテンシートというのは2列目の座席がそれぞれ独立しているシートのことです。

 

座席がくっついているのはベンチシートと言います。

 

キャプテンシートのメリットは、何と言っても2列目の座り心地の良さと3列目への移動が簡単なところです。

 

空間をぜいたくに使えるのも内装が広いアルファードならではです。

 

最上級グレードにはエグゼクティブキャプテンシ―トと呼ばれる上級仕様のキャプテンシートが採用されていました。

 

運転する側だけでなく、乗る側も快適に過ごせるのは大事なことですよね。

 

3代目アルファード

 

2015年に2度目のフルモデルチェンジを果たしました。

 

現在のモデルもこの3代目です。

 

外観が大きく変わり、フロントのデザインはメッキ加飾の大型フロントグリルが使われ、リアデザインは立体的なU字型となる形になりました。

 

また、インテリアデザインにもかなり力を入れ、下地にホログラム層を採用するなどして更に高級感がアップしました。

 

この試みは世界初のことです。

 

ボディカラーには新しくラグジュアリーホワイトパールのクリスタルシャインガラスフレークが加わり全7色。

 

走行性能と安全性・安定感も上がっています。

 

時代の流れに合わせてハイブリット仕様車も誕生するなど、その進化は止まるところを知りません。

 

最上級グレードのアルファードエグゼクティブラウンジの高級感は最早乗用車の域を超えています。

 

ラグジュアリーな気分を味わえそうですよね。

 

アルファードはどんな人が乗る車?

トヨタのアルファードは、車好きの方でなくても知っている程の車であり、知名度がとても高い車です。

 

トヨタの高級車であり、お金持ちの人が乗っているイメージが強いかもしれませんが、値段は良心的であることから、一般人でもギリギリ手が届く車です。

 

つまり、一般人でも頑張ってお金を貯めれば手が届く車であると言えることから、お金持ちの人から一般人まで幅広く乗っている車ということになります。

 

もちろん、お金持ちの人が乗っている割合は高いです。

 

余談ですが、そんな高級感あるアルファードの象徴とも言えるエンブレムの意味についても、気になる方がいるかもしれないと思ったので、説明します。

 

トヨタには特徴的なロゴマークがありますが、アルファードはそれをつけておらず、独自のエンブレムがあります。

 

ギリシャ語で最も明るい星という意味のαからアルファードと名づけられたので、エンブレムもαになっています。

 

初代からずっとこのエンブレムだけは変わらずフロントで輝き続けています。

 

何度見てもかっこいいなと思っちゃいそうです。

 

アルファードの評判

アルファードを購入した人の口コミをまとめてみました。

 

ブラック内装がシックで落ち着いてます。シートも触り心地最高。

 

引用:価格.com

クラウンなどの高級セダンみたいな乗り心地ではないですが、ミニバンの中では、最上位ではないでしょうか?

 

引用:価格.com

 

全体的に評判が高く流石としか言いようがありません。

 

もちろん車は好みが分かれますし、こだわりやオプションなどでお値段は変わってくるので、中には予算をオーバーしてしまったという意見も。

 

ですが、買ってよかったという口コミがとても多く私も乗ってみたくなりました。

 

まとめ

  • ギリシャ語で「最も明るい星」という意味
  • フルモデルチェンジを2回経て現在は3代目
  • 高級感はもちろん、乗り心地や性能面も優秀

 

アルファードは決して見栄っ張りな車ではなく、高級感や人気を兼ね備えた実力がある車であると言えます。

 

皆さんもこの記事を読んで興味が湧いたらぜひネットで検索したり実際に店舗に足を運んでみたりしてください。

 

あなたとアルファードの素敵な出会いが待っているはずです!!

自動車保険で3〜5万の節約!

しっかりと手間をかけて自動車保険を見直すことで3〜5万円の節約に成功した方が多くいらっしゃいます。損をしないように無料の見積もりサービスを使って自動車保険を比較しておくことをおすすめします。

\ 完全無料&スマホで楽々! /

無料見積もりはこちら

トヨタの新車に月額で乗れる!

トヨタの新車に月々の定額で、
諸経費コミコミで乗れちゃいます。

最短1.5ヶ月で納車が完了し、
手続きも簡単にWEBで完結します。

\ 今話題のサブスク! /

今すぐ申し込む

 

-アルファード

error: Content is protected !!