プリウス

プリウスのモデルチェンジの歴史は?車名の意味や特徴もご紹介!

下取りは必ず一括査定を使う!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることは
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
買取業者の最大10社が

あなたの愛車の買取額を
勝手に競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります。

無料でスマホで愛車の最高額がわかる!

\ 完全無料&カンタン32秒! /

入力ページに移動

引用:TOYOTA公式サイト

 

トヨタのプリウスと聞いて、どんなイメージを持つでしょうか?

 

プリウスは、トヨタの代表的なハイブリッド車であり、販売台数でも常に上位にランクインし、若者からシニアまで幅広い層で支持を得ている人気車種です。

 

その人気の秘密は、名前の由来から紐解く事ができるので、ご紹介していきたいと思います。

 

プリウスの車名の意味は?

プリウスの名前の由来は、ラテン語で「~に先駆けてという意味です。

 

プリウスは、1997年に「21世紀に間に合いました」とういキャッチコピーで、世界初となる量産型ハイブリッドカーとしてローンチしました。

 

内燃エンジンと電気モーターをかけ合わせたトヨタ独自のTHS(トヨタハイブリッドシスム)は、10・15モードで28km/Lと、当時では驚愕の燃費を実現。

 

また、地球温暖化問題が深刻化していく中で、排出ガスの少ないエコカーとして注目を集めました。

 

プリウスの開発のテーマとなっているのが「環境」と「資源」であり、世界に先駆けて誕生したエコカーのパイオニアと言えます。

 

そして、世界初の量産型ハイブリッドカーであるプリウスは進化を続け、現在では4代目までバージョンアップしています。

 

初代プリウス 1997~2003

引用:トヨタ公式HP

 

前途したとおり世界初の量産型ハイブリッドカーとして誕生。

 

「環境」と「資源」をテーマに、低燃費・排出ガスの低減を実現させたエコカーのパイオニア。

 

小型乗用自動車の5ナンバー、セミノッチ4ドアのセダンタイプ。

 

フロントグリルとボンネットをシームレスにしたデザインは当時では珍しく、次世代の車の姿を打ち出しました。

 

当時は売れば売るほど赤字になると噂されるほどでありましたが、エコロジーの普及の為、トヨタは、わずか215万円で販売を続けたとされています。

 

今ではハイブリッドカーが当たり前の時代ですが、その基盤を作ったのが初代プリウスと言えるでしょう。

 

2代目プリウス 2003~2009

引用:トヨタ公式HP

 

初代プリウスの4ドアセダンから、5ドアハッチバックタイプへとシフト。

 

初代プリウスから大きくモデルチェンジを行い、2003年グッドデザイン賞を受賞。

 

横から見たときにルーフから美しい二等辺三角形を描くトライアングルシルエットは、空気抵抗を減らすでけだなく、シャープなボディラインを作り上げているプリウスの象徴とも言えます。

 

また、海外市場も視野に入れ、車体は3ナンバーサイズまで大型化されています。

 

搭載されたユニットは、THSⅡ(トヨタハイブリットシステムⅡ)と呼ばれる初代プリウスで採用されたTHSの発展型となっており、10・15モードの燃費は35.5km/Lと世界トップレベルまで向上。

 

海外での評価も高く、2014年北米カーオブザイヤー、2015年欧州カーオブザイヤーを受賞。

 

ハリウッドで行われるアカデミー賞授賞式での送迎車では多くのスターがプリウスを使用したことからも、環境に優しいエコカーへの関心が伺えます。

 

3代目プリウス 2009~2015

引用:トヨタ公式HP

 

2代目から引き続き採用された、トライアングルシルエットが更に進化。

 

細部にわたり、風の流れを徹底追及した事で、高次元の空力性能と燃費を実現。

 

一新したTHSⅡを採用、エンジンは1.8リッターに拡大させるなどの燃費向上対策により、10・15モード38km/Lを達成。

 

ガソリンの急騰、エコが叫ばれる中エコ減税の追い風も重なり、2009年販売第1位の大ヒットエコカーとなります。

 

また、2011年のマイナーチェンジではトヨタのコンプリートカーブランド「G,s」が登場。

 

コンプリートカーとはベースとなる車の内外装など様々なチューニングを行い販売される車の事ですが、プリウスG,sの場合はレース活動を基盤にモータースポーツを通じて様々な発信を行うトヨタのプロジェクト「TOYOTA GAZOO Racing」が開発を担当しています。

 

エアロパーツやボディ補強の追加など、スポーティな仕上がりとなっており熱狂的なファンも多いモデルとなっています。

 

4代目プリウス 2015~

引用:トヨタ公式HP

 

4代目プリウスは最大の特徴でもあるトライアングルシルエットはそのままに、ヘッドライトなど顔回りのデザインの重心を大きく下げたデザインとなり賛否両論を呼んだモデルとなります。

 

その後、2018年にデザインはマイナーチェンジされるのですが、重心を下げたのにはしっかりとした理由があります。

 

重心髙を下げる事で横揺れを低減、静粛性や乗り心地の向上に加え、安全性の確保にも繋がっています。

 

更に安全性能の特徴として、トヨタの予防安全パッケージ「Toyota Safety Sense」、ペダルの踏み間違え防止機能「インテリジェントクリアランスソナー」が全車に装備されています。

 

40.8km/L(JC08モード)と、もちろん燃費も向上。

 

環境問題だけでなく、安全面からドライバーをサポートする事の先駆けとして、やはり「プリウス」の名に相応しいモデルではないでしょうか。

 

まとめ

  • 由来はラテン語「~に先駆けて」の意味。
  • 世界初の量産型ハイブリッドカーであり、パイオニア。
  • バージョンアップを繰り返し、現在4代目。
  • 予防安全のサポート機能の充実

 

「名は体を表す」と言います。

 

プリウスもその例にもれず、まさに時代の「先駆者」であると思います。

 

いや、この場合は「先駆車」と言った方が正しいかもしれません。

 

いかがでしたでしょうか?

 

名前の意味を知って頂いた事で、少しでもプリウスの魅力が伝わり、車選びの一助となれば幸いです。

 

プリウスのモデルチェンジの歴史と特徴の記事を最後までお読みいただきありがとうございました。

 

無料で自動車保険を比較できる

最も安い自動車保険を選んだことで、
5万円保険料が下がった人もいます。

WEBで簡単に保険料が比較できて、
サクッと入力も完了できます

無料複数の保険会社の保険料がわかる!

\ 完全無料&たったの3分! /

入力ページに移動

下取りは必ず一括査定!

一括査定サイトを使うことで、
買取業者の最大10社が

あなたの愛車の買取額を
勝手に競ってくれるので、
値段が格段に吊り上がります。

無料32秒で愛車の最高額がわかる!

 

-プリウス

error: Content is protected !!