エスクァイア

エスクァイアの評価は辛口?評判は良いの?ハイブリッドで人気なその実態に迫る

下取りは必ず一括査定を使う!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることは
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
買取業者の最大10社が

あなたの愛車の買取額を
勝手に競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります。

無料でスマホで愛車の最高額がわかる!

\ 完全無料&カンタン32秒! /

入力ページに移動

エスクァイアはトヨタより発売されている高級ミニバンの一つです。2014年に発売されて以降7年間愛されてきました。しかし、なんと2021年12月上旬をもって生産が終了となるそうです。今エスクァイアの購入を候補のひとつに挙げている方もいらっしゃるかと思います。そんなあなたにエスクァイアの魅力を紹介したいと思います。

 

※エスクァイアは発売当初よりグレードはXiとGiの2種ありましたが、2020年より上級グレードのGiのみの発売となっています。当サイトではGiの紹介を行います。

 

エスクァイアのエクステリアの評価

エスクァイアはノアやヴォクシーとベースが一緒で口コミでも三兄弟として比較されているのが見受けられますが、他の2種よりどこか高級感が感じられます。その違いを見てみると、フロントはグリルがとても大きく、縦格子のメッキグリルによってぎらぎらとしています。そのためとてもインパクトがあります。最近のトヨタの高級ミニバンによくみられる特徴でもありますね。リアに関してはノアとほぼ相違ないような印象ですがフロントとのバランスがとれているように思います。

 

カラー展開は7色あります。どの色も魅力的ですが、私が特に拘りを感じたのが、標準色のブラックやボルドーマイカメタリックと有料色のスパークリングブラックパールクリスタルシャインやホワイトパールクリスタルシャインです。どこをとっても高級感もありつつ、重厚感も併せ持ったデザインになっていますね。では、実際の皆さんの評価を見てみましょう。

 

“三兄弟の中ではこちらが気に入ったので購入を決意。

リアは見分けがつかないくらいですが、フロントは1番高級感が出てる気がしました。”

 

“フロントは個性的なデザインで気に入れば飽きがこない。サイドとリアはフロントと比較して地味だか、全体的に少しだけ他のミニバンよりも優雅で、冠婚葬祭どんなシーンでも使えそう。”

 

引用:価格.com

 

エスクァイアの口コミのまとめとしては、

・ノアやヴォクシーと比較しやはり高級感、重厚感が強く感じられる。

・全体的にバランスがとれており、様々な場面で活躍が期待される。

・高級感のあるボディカラーであり満足度が高い。

 

このような評価が多く見られました。私はマイカー以外にレンタカーやタクシー・ハイヤーもよく利用するのですが、エスクァイアはタクシーでも使用されているのもよく見ます。エスクァイアを配車された時はその見た目の高級感から少し嬉しくなります。三兄弟の中から選ぶ時にこのエクステリアは決定打の一つになるようです。

 

エスクァイアのインテリアの評価

エクステリア同様インテリアにも拘りを感じるデザインとなっています。シートは標準で合成皮革になっており、内装色はバーガンディ&ブラックとブラックのみの2色から選択可能なんですよ。

 

ステアリングホイールやインパネなど運転席周りもふんだんに合皮が使用されており、統一感と上質感のある内装となっています。エアコンなどを操作するセンタークラスターはシフトレバーの隣に配置されており、すっきりとしたデザインになっています。

 

“座席やインパネ、ドアノブなど一つ一つのパーツは豪華です。

前席オールパワーウインドウで、プラスチックも安っぽく見えるところはなかったです。

ただ、2列目シートを前後にするレールがむき出しになっているので、そこは商用車っぽいです。

あと、ミニバン共通かと思いますが、「トランク」がないのでシートや床面に荷物などを雑然と置かれるのが個人的にものすごく嫌です。”

 

“今まで乗った車より、少しだけ高品質なイメージ。ライバル車よりも自動運転やバックドアの使い勝手が劣るかもしれないが、インパネのデザイン、シート素材、超ロングスライドやUSB充電等、細かな部分もしっかり作られており、総合的にはライバル車よりも良くまとまっていると思う。

しかし、運転席の収納は少ないと感じる。”

 

私は大満足ですが、妻は合皮シートが滑る、オットマンもイマイチと後部座席からうるさいです。

 

引用:価格.com

 

エスクァイアのインテリアの口コミをまとめると、

・合皮によって統一感、重厚感のある内装デザインになっており、一つひとつのパーツに対し満足度が高い。

・インパネやセンターコンソールなどの収納などが少ないという意見もある。

 

合皮によって滑りやすいという意見もみられましたが、筆者が乗車した時は特にそのような感覚はみられなかったため、好みによるかもしれません。また、収納に関しては普段の荷物量なども評価を左右するかと思います。

 

エスクァイアのパッケージングの評価

エスクァイアには7人乗りと8人乗りがあります。ハイブリッド車は7人乗りのみなので注意が必要です。どちらも広さは同じで、室内高は頭上1,400mmと広々としています。スライドドアは805mm開口しスライド量が大きい他、低床設計となっており乗り降りしやすいようになっています。

 

荷物が多い時はサードシートを折りたたむことで広々とスペースを確保することが可能です。サードシートを折りたたむ時にネックになるのがその折りたたみ方法ですよね。エスクァイアのサードシートは軽くワンタッチするだけでシートを5:5に分割することのできるワンタッチスペースアップシートが採用されています。そのため女性でも問題なく操作可能なところが魅力的ですね。

 

また、乗降の際につかめる大型アシストグリップやチャイルドグリップが装備されており、子供から高齢者まで幅広い年代が乗降しやすいよう工夫がされています。家族で使用することも考慮すると安全面にとても配慮されていることがわかりますね。

 

ところで7人乗りと8人乗りはどんな違いがあるのか知りたい方も多いのではないでしょうか?

 

ここで、各々の違いを紹介したいと思います。

※ツインムーンルーフを装着した場合は(Gi 4WD[8人乗り]を除く)、室内高は1,365mmとなります。

 

7人乗りと8人乗りの違いは?

まず、7人乗りの特徴として、「キャプテンシート」なるものが採用されています。

 

このシートはサードシートを折りたたみ、セカンドシートをスライドするとなんと810mmも下げるこができるスペシャル設計になっています。セカンドシートを大きく下げることにより、スペースが広々と確保でき、リラックスした姿勢をとることができる他、わんちゃんが足元でくつろげるスペースの確保だってできてしまいます!セカンドシートは左右にもスライドができる縦横無尽の優れモノです。

 

7人乗りシートのアレンジ方法は多種にわたるため、色んな場面に対応できますね。

 

また、1列目から3列目までのウォークスルーが可能となっており、移動が楽に行えることは勿論のこと、釣りざおや自転車なども問題なく収納が可能となっています。

次に8人のりの特徴についてみていきましょう。8人乗りではセカンドシートは580mmのスライドが可能となります。7人乗りと比較すると少なめにはなっていますね。ただし、セカンドシートを後方にスライドすれば十分な足元のスペースが確保することができます。

 

“高級感があって満足。

また、2列目のロングスライドが便利すぎます。脚を組んでも余裕なので、仕事の昼休みにクルマで仮眠するのも快適です。保育園の送り迎えもかなりラクになりました。子供を抱っこしたまま乗り込んで、チャイルドシートに乗せられるので雨や炎天下も快適です。着替えバックや昼寝布団も足元に置けるので、前車でトランクに回り込んでたわずらわしさが無く、時間がない朝もラクになりました。”

 

“超ロング・スライドは子どもたちにも大好評です。天井も高くなり、何事においても扱いやすくなりました。”

 

“トヨタ得意の分野であり、よく考えられています。2列目シートの前後スライド量が大きく、居住性と荷室の積載量双方に寄与しています。3列目の居住性が比較的良好ながら、収納とセットが容易なことに感心しています。”

 

引用:価格.com

 

“内装はアウトドア好きからすると嬉しくなってしまうほどの広々とした空間です。キャンプ用品やサーフボードなどを入れても問題ないほどの奥行があります。”

 

引用:カーミー

 

エスクァイアのパッケージングの評価をまとめると、

・7人乗り、8人乗りに限らず広いスペースに満足度の高い声が多い。

・特に7人乗りのシートスライドは好評のようで、フルフラットにして車中泊も快適にできる。

・ガソリン車の場合は世帯人数によってシート数を選べることも魅力のひとつです。

・最大人数が乗車しても窮屈感がない。

 

7人乗りのほうが、シートアレンジの幅は広がりますが、乗車人数を優先するのであれば8人乗りを選択、といった形がベターな印象ですね。

 

筆者の場合、わんちゃんが家族にいますので、もし購入するのであれば7人乗りが候補に挙がりますが、友人は子どもが3人おり、部活動の送迎もあるため8人乗りを実際に購入していました!

 

エスクァイアのエンジン性能の評価

エスクァイアからは、ガソリン車とハイブリッド車が出ています。ハイブリッド車の場合は2ZR-FXEエンジンを使用し、総排気量は1797ccとなっています。

 

ガソリン車の場合派は3ZR-FAEエンジンを使用し、総排気量は1,986mLとなっており、ハイブリット車よりガソリン車がやや大きくなっています。筆者が乗車した際は街乗りであれば特に問題ない性能に感じましたが実際の皆さんの評価もみていきましょう。

 

“良くも悪くも2000cc街乗りには十分です。ecoモードははっきり言って使えません。エンジン音がうるさい”

“・1000~2000rpmですでに十分なトルクがあり、加速も申し分ない。

・高速道路でも何もストレスがない。

・試乗のとき、吹かすとエンジン音が耳障りだったが、今ではあまり気にならない。ただし、5000 rpm以上回すと、かなりうなる。

・eco modeにすると、立ち上がりはもたつくが、バスの運転手になった気分で、混んでる市街地や狭い道などではゆったりとリラックスして安全に走れる。また、eco modeでもアクセルをしっかり踏めば、普通に加速する。”

 

引用:価格.com

 

エスクァイアのエンジン性能の評価をまとめると、

・街乗り向きの意見が多くみられたが、高速走行でも問題ないとの意見もみられ向き不向きがあるように感じられる。

・eco modeが装備されているが、もたつきなどの使用感で満足感のいく意見はあまり見受けられなかった。

 

ハイブリッドとガソリン車でやはり走行は変わってくるかと思いますが、エンジン性能に関してはまずまず、といったところでしょうか。

 

エスクァイアの乗り心地の評価

エスクァイアはまず、インパネの構造が工夫され運転席からの視野が広く確保されており、運転しやすい構造になっています。ボンネットフードも見えるため車両感覚を掴みやすいです。また、様々な工夫が盛り込まれており、ロードノイズを軽減し静粛性が最低限保たれています。

 

“視点も高く、非常に取り回し性が良い

長時間運転しても疲れない

視点が高く、ボディーもそこまで大きくない為、女性の方でも運転しやすい車だと思います。

普段の街乗りから長距離移動まで、幅広い用途に向いている車だと思います。”

 

“若干ロードノイズが車内に入ってきます。個人的には普通に会話できるレベルだと思います。アスファルトの荒さも関係しますのでこれは悪いとは思いません。”

 

“視界もよく2列目の広さにはお部屋で過ごしてるようなrelaxがとてもできます。シートもブランノーブ+合成皮革でとても肌触りがよく滑りもなくエスクァイヤ専用の使用でとても満足です。”

 

引用:価格.com

 

エスクァイアの乗り心地の評価をまとめると、

・視野の高さと広さに好評。

・静粛性に工夫はされているものの、ロードノイズはやはり気にはなる。ただし会話を妨げられるレベルではない。

・シートの乗り心地もまずまず好評。

 

シートは筆者の感覚からも固めの印象でしたが、サスペンションがしっかりと仕事をしており、乗り心地も問題みられませんでした。ただし、確かにシートの固さと形状から好みは別れる傾向にあるかもしれません。

 

エスクァイアの燃費の評価

車を購入する際の大事な指標のひとつに燃費は皆さんも挙がるのではないでしょうか。では、エスクァイアの燃費は実際どれくらいでしょう!

 

カタログ値でWLTCモード(市街地、郊外、高速道路の各走行モードを平均的な使用時間配分で構成した走行モードのこと)では、ハイブリッド車が19.8km/L、ガソリン車の2WDが13.6km/L、4WDが12.6km/Lとなっています。ミニバンでこの数字であればまずまずかと思いますが、実際の口コミをみてみましょう。

 

“今年3月に購入、9月売却となりますが

エアコンを使わない時期、春や初夏のタイミングでは15㎞/リッター平均

絶好調であれば17-18㎞/リッターはいけます。

夏場のエアコン使用状況では12-13㎞/リッター位かと思います。

尚、四季問わず走り出し10分間は悪いです。常に10㎞/リッター以下となります。”

 

“低速燃費は秀逸です。以下、燃料1リットル当たりの満タン法実測値です。街乗り、冬17km、夏、秋、春18km程度。エアコンは25°C固定、マニュアルで使用していまが、電動コンプレッサーのためか使用しても大きな燃費低下は見られません。オートで連続使用したら燃費に影響するかもしれませんが。一般道長距離では20~23km、最良23.8km。高速道の燃費はクルーズコントロール設定速度により大差が出ます。高速道約600km連続走行で、100km/h設定時17km、90km/h設定時19.8km、80km/h設定時24.8km(!)です。”

 

引用:価格.com

 

口コミからみると、実際の燃費はだいたい14-17km/Lくらいになるようですね。使用用途にも左右されるかと思いますが、まずまずといったところのようですが、昔のミニバンと比較すればだいぶ改善していると思います。

 

まとめ

エスクァイアのこれまでの総合的な評価をまとめると、

・エスクァイアは特にインテリアやエクステリアに、より好評が集まっている。

・視界が広く、運転がしやすい。

・車内が広いことやシートアレンジがしやすいことから多様な場面でも活躍する。

・対してエンジン性能や燃費にはまずまずな評価がされていた。

 

2021年12月にはエスクァイアは生産が終了になりますが、2022年1月にはノアとヴォクシーがフルモデルチェンジを控えています。

 

皆さんの評価を見て、エスクァイアが欲しい!と思われた方は早めの購入をお勧めいたします!

 

トヨタの新車に月額で乗れる!

トヨタの新車が月々の定額で、
諸経費コミコミで乗れちゃいます。

最短1.5ヶ月で納車が完了し、
手続きも簡単にWEBで完結します。

\ 手続き簡単&納車が早い! /

公式サイトに移動

下取りは必ず一括査定!

一括査定サイトを使うことで、
買取業者の最大10社が

あなたの愛車の買取額を
勝手に競ってくれるので、
値段が格段に吊り上がります。

無料32秒で愛車の最高額がわかる!

 

-エスクァイア

error: Content is protected !!