エスクァイア

エスクァイアの燃費は悪い?気になる燃費の性能をご紹介!

下取りは必ず一括査定を使う!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることは
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
買取業者の最大10社が

あなたの愛車の買取額を
勝手に競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります。

無料でスマホで愛車の最高額がわかる!

\ 完全無料&カンタン32秒! /

入力ページに移動

エスクァイアは2014年よりトヨタから発売されている高級ミニバンになります。ベースが同じノアやヴォクシーと比較してもその上質なエクステリアやインテリアには定評があります。

 

では、燃費はどうでしょうか?車を選ぶ上でも重要な要素となる燃費。

 

エスクァイアの燃費は悪いのか、良いのか気になる方に向けて、本記事ではエスクァイア燃費の性能について詳しく紹介していきます。

 

また、折角ですので燃費を伸ばすコツも一緒に紹介していきますね。

 

※エスクァイアのグレードは発売当初よりXiとGiの2種ありましたが、2020年より上級グレードのGiのみの発売となり、2022年現在エスクァイアは生産が終了しております。本記事では生産終了前の情報を紹介し、エスクァイアのGi(ハイブリッド・ガソリン車)のみの紹介を行います。あくまで参考程度に見ていただきますようお願いいたします。

 

エスクァイアの燃費は悪い?良いの?カタログ燃費をご紹介

エスクァイアにはガソリン車とハイブリット車の2タイプがあります。現在エスクァイアは生産終了しておりますが、2021年にトヨタから出されていたカタログ燃費の情報を各々紹介します。

 

【ガソリン車の燃費消費率(国土交通省審査値)】

・2WDの場合

WLTCモード:13.6km/L

市街地モード:10.2km/L

郊外モード:14.5km/L

高速道路モード:15.3km/L

 

引用:トヨタ公式サイト

 

・4WDの場合

WLTCモード:12.6km/L

市街地モード:9.5km/L

郊外モード:13.4km/L

高速道路モード:14.2km/L

 

引用:トヨタ公式サイト

 

【ハイブリッド車の燃費消費率(国土交通省審査値)】

 

WLTCモード:19.8km/L

市街地モード:19.2km/L

郊外モード:20.5km/L

高速道路モード:19.7km/L

 

引用:トヨタ公式サイト

 

因みに、WLTCモードとは、市街地、郊外、高速道路の各走行モードを平均的な使用時間配分で構成した走行モードのことを言います。WLTCモードは実燃費に近い値となります。

 

ガソリン車とハイブリット車で比較すると、やはりハイブリット車の方が燃費は随分良くなりますね。更に言うとガソリン車の2WDと4WDでは2WDの方が良いです。

つまり、ハイブリッド車>ガソリン2WD>ガソリン4WDの順で燃費は良いです。

 

エンジンシステムの仕様上、ガソリン車での市街地モードと高速道路モードでは燃費の差が約5km/Lほど出てきますが、ハイブリッド車の場合はほとんど差が出ていないことが分かると思います。その点では流石ハイブリッド車、というところです。

 

筆者はガソリン車、ハイブリッド車ともミニバンでここまでの燃費が出せるのは魅力的だと感じます。子供の送迎で使用したり、長距離旅行で使用したりとエスクァイアの出番は多岐に渡ると思いますが、ミニバンとしてここまでの燃費であればお財布もそこまで大きく傷めないのではないでしょうか。

 

しかし、とはいってもこれはカタログ燃費。実際の燃費はどうなのでしょう。実際に乗車している方々の口コミをピックアップしてご紹介していきたいと思います。

 

エスクァイアの口コミから分かる実際の燃費の評判

それでは、エスクァイアの燃費について実際の口コミを調査しましたので、参考程度に紹介していきます。

 

ガソリン車(2WD)の場合の燃費の口コミ

街乗り11㎞くらい。冬場のダブルエアコンなのでこんなものかとスタッドレスだと10㎞切ります。

引用:価格.com

 

街中6.5~8.5 km/Lくらい、高速道路(100 km/h)で12.5~13.5 km/L。4WDなので仕方がない。高速で燃費があまり伸びないのは、車体の空気抵抗が大きいことが原因だと思う。

引用:価格.com

 

良い方。街乗り中心で現状リッター9キロ。高速道路では渋滞無しでリッター20キロは軽く超えます。このサイズの車では良い方じゃないでしょうか。

引用:価格.com

 

ハイブリッド車の場合の燃費の口コミ

低速燃費は秀逸です。以下、燃料1リットル当たりの満タン法実測値です。街乗り、冬17km、夏、秋、春18km程度。エアコンは25°C固定、マニュアルで使用していまが、電動コンプレッサーのためか使用しても大きな燃費低下は見られません。オートで連続使用したら燃費に影響するかもしれませんが。一般道長距離では20~23km、最良23.8km。高速道の燃費はクルーズコントロール設定速度により大差が出ます。高速道約600km連続走行で、100km/h設定時17km、90km/h設定時19.8km、80km/h設定時24.8km(!)です。80km/h設定ながら、実測値でJC08モードを超えたのはこの車が初めてです。長距離では、満タン航続距離1,000kmを超えることがあり、この点がハイブリッド車最大の利点です。しかし、エンジン音が大きくなり快適性が著しく損なわれる上燃費が悪くなるので、高速道を100km/hで走行したい方には、この車は適していないかもしれません。

引用:価格.com

 

実際の口コミを見ていて、エスクァイアの燃費はなかなか良い評価が多かったです。カタログ燃費と比較してしまうとやはり実燃費の方が落ちてしまいますが、ミニバンの燃費としては維持していくにあたり問題はなく、むしろ他のミニバンと比較して良い方かと思われます。

 

ハイブリッド車とガソリン車においてはカタログ燃費で大きく差がみられましたが、実燃費ではそこまで差が開いていない方も見受けられました。発進時のアクセルワークや車の使用場面でも燃費は変わってきますのでそのあたりの影響も大きいかもしれませんね。

 

ただ、ハイブリッド車はガソリン車と比較し値段も30-40万円程上がりますのでその点も踏まえてどちらが良いか決めなければなりません。ハイブリッド車で満足の方もいれば、ガソリン車で十分であった、という方もいるため自身の乗り方に合わせた方を選択することをおススメします。

 

エスクァイアの燃費が優秀な理由

さて、ミニバンであるにも関わらず何故エスクァイアはここまで燃費が伸びているのでしょう。

 

ガソリン車の場合、2.0Lの排気量を持つ3ZR-FAEエンジンを使用しています。このエンジンにはバルブマチックがついているのですが、このバルブマチックというものが素晴らしいのです。

 

これはトヨタが開発した、ZR専用に開発した可変4バルブ機構になるのですが、このバルブマチック付のエンジンであることにより大幅に燃費が向上しました。

 

つまり、トヨタ車であるからこその低燃費の実現、というわけですね。また、エスクァイアにはSuper CVT-i(自動無段変速機)を使用しており、高速走行時の燃費の上昇に貢献しています。

 

ハイブリッド車の場合は、1.8L 2ZR-FXEエンジンとモーターを使用しています。ハイブリッドというとトヨタのイメージが強いかと思いますが、その磨かれたハイブリッドシステムがエスクァイアにも採用されており、低燃費の走行を実現しています。アトキンソンサイクル、クールドEGRなどを採用しています。難しい名前ばかり連なりますが、どれもエネルギーを効率よく利用、再利用するシステムとなっています。

 

また、どちらの車にも“エコモード”というモードが備わっており、走行時に切り替えが可能となっています。このモードはスイッチを押せばアクセル操作に対する駆動力を穏やかにすると同時に冷暖房を調整してくれます。

 

ガソリン車、ハイブリッド車ともに燃費を良くするために様々な工夫がされており、トヨタ車ならではの低燃費の実現というわけですね。

 

エスクァイアで少しでも低燃費で走るために

さて、ここまでエスクァイアの燃費についてご紹介してきましたが、実際に自分で乗った時にちゃんと燃費を良くしたくありませんか?なるべくカタログ燃費に近づけたいですよね。特に最近はガソリンも高騰しており車への乗車回数、走行距離も気になるのではないでしょうか。

 

因みに筆者が車に乗ると燃費が悪くなります。そんな筆者の経験も踏まえ、燃費を向上させるコツを紹介していこうと思います。

 

発進は丁寧に心がける

急発進をしていると低燃費走行の実現は遠い夢です。急発進をするとエンジンを高速回転させてしまいます。つまりその分の動力が必要になりますよね。ガソリンを余計に消費してしまうのです。発進する時はゆっくりアクセルを踏むようにしましょう。

 

普通の発進より少し緩やかに発進する(最初の5秒で時速20km/が目安)だけで11%程度燃費が改善します。

参考:トヨタ公式サイト

 

とのことです。11%ってなかなか大きくないですか?是非急発進はやめましょう!筆者もやめました!

 

急加速は控えましょう

急発進と同じ原理で無駄にガソリンが食われてしまいます。計画的な運転をすることで急加速は必要なくなります。スムーズな運転は同乗者の方も安心して乗車することができますよ。

 

アクセルを早めにオフしましょう

走行中、流れを読み、不要なアクセルは踏まないようにしましょう。車は慣性力によってアクセルを踏まずともある程度は進むので、信号や渋滞が分かれば早めにアクセルを離すことをおススメします。特にハイブリッド車の場合、回生ブレーキによりタイヤの回転でモーターを回してバッテリーの充電を行ってくれるので、燃費を改善するためには無駄のないアクセルワークが重要となってきます。

 

駐停車時のエンジンを止める

駐停車時はエンジンをなるべく止めるようにしましょう。エスクァイアの場合ガソリン車にアイドリングストップ機能(Stop & Start System)が備わっているので是非活用してみてくださいね。

 

不要な荷物は降ろしましょう

車も人間と同じで重たいものを運ぼうとすればするほどパワーが必要となります。ミニバンであるため、どうしても人数は乗ってしまいます。

 

となれば、やはり降ろせるのは荷物だけ・・・!エスクァイアは収納力も抜群なのでなるべく沢山の荷物を載せたくなりますが、燃費を考えると少しでも不要な物は降ろした方が良さそうです。

 

タイヤの空気圧は適正にしておく

意外と見落としがちなのがこちら。タイヤの空気圧を適正にしなければならない理由は安全な走行のためだけでなく、燃費にも関わってくるからなのです。

 

空気圧が適正値より50kPa不足すると、市街地で2%程度、郊外で4%程度、燃費が悪化すると言われています。

参考:トヨタ公式サイト

 

是非タイヤの空気圧は小まめにチェックしましょうね。

 

エアコンの使用はなるべく控えめを意識

やはりガソリンを消費してしまう、エアコン。口コミでもエアコン使用時の燃費の低下について触れられているのを良くみかけます。しかし、暑い夏場は熱中症になってもいけませんし、寒い冬も凍えなら運転するわけにもいきません。エアコンを完全に使用しないことは無理ですが、エンジンの風量や温度をこまめに調整したり、極端過ぎる温度設定しないだけでもエンジンへの負荷は減少します。

 

また、夏場はサンシェードを使用したり、冬場はブランケットを使用したりと便利なグッズを組み合わせながら使用し、エアコンに頼り過ぎないことも燃費改善のコツです!我が家の場合は夏場は駐車場で日陰を探し、冬場はなるべく日光の当たる場所に駐車したりなんかもしていました。

 

以上のように、燃費を改善するために普段から工夫できることは沢山あります。せっかく低燃費のために素敵な工夫が盛りだくさん使われているエスクァイアですから、より良い燃費で走りたいですね。

 

まとめ

エスクァイアの燃費の性能や評判についてここまで紹介してきました。まとめてみると、

 

  • ミニバンとしての燃費では満足いく人が多い。
  • ガソリン車とハイブリッド車を比較するとハイブリッド車の方が燃費はやはり良い。
  • 実燃費でガソリン車とハイブリッド比較するとハイブリッド車の燃費が非常に良かった人もいればあまり相違なかった人もいた。
  • 価格差もあるため乗り方次第でガソリン車とハイブリッド車を選択した方が良い。

 

各々に燃費を良くするためのシステムが盛り込まれており、トヨタ車であるからこそのシステムもありました。昔と比較すると明らかに燃費は改善しており、筆者も驚きました。

 

また、燃費改善のコツもいくつか紹介しましたが、折角の愛車ですから無理のない運転を行い、負担も減らしたいものです。

 

車への負担を減らすことで燃費も向上する、と考えるとより自分でも工夫をしたくなってしまいますね。

 

最近のガソリン高騰には頭を悩ます所ではありますが、今回の記事がどうぞ皆さんの素敵なマイカーライフに少しでも貢献できますように。

 

トヨタの新車に月額で乗れる!

トヨタの新車が月々の定額で、
諸経費コミコミで乗れちゃいます。

最短1.5ヶ月で納車が完了し、
手続きも簡単にWEBで完結します。

\ 手続き簡単&納車が早い! /

公式サイトに移動

下取りは必ず一括査定!

一括査定サイトを使うことで、
買取業者の最大10社が

あなたの愛車の買取額を
勝手に競ってくれるので、
値段が格段に吊り上がります。

無料32秒で愛車の最高額がわかる!

 

-エスクァイア

error: Content is protected !!