ハイエース

ハイエースの衝突安全性は低い?高いの?自動ブレーキなど豊富な安全装備を解説!

下取りは必ず一括査定を使う!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることは
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
買取業者の最大10社が

あなたの愛車の買取額を
勝手に競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります。

無料でスマホで愛車の最高額がわかる!

\ 完全無料&カンタン32秒! /

入力ページに移動

車を乗る上で切り離せないのが交通事故とですよね。

 

当然、交通事故を起こしたくて起こしているわけではありません。

 

しかし、ちょっとした気のゆるみ、寝不足で注意散漫だったり、一瞬景色に気を取られているうちに交通事故は起きてしまうものです。

 

運転する身、そして誰かを乗せる身としては車の安全性能が気になるところです。

 

トヨタが販売するハイエース(バン・ワゴン・コミューター)は一部改良、安全装備を充実させ、5月1日に販売されました。

 

車の代表格であるハイエースにはどんな安全装備がされているのでしょうか。

 

この記事では、ハイエースの衝突安全性についても詳しくご紹介していきますので一緒に見ていきましょう。

 

ハイエースの安全性の特徴

ハイエースには、物体の大きさや形を識別でき、車線や歩行者の検知や対向車のランプなどの認識が可能な単眼カメラと、より検知距離が長く速度域の高い状況でも対応可能なミリ波レーダーを組み合わせた検知システムを採用した衝突回避支援システム「Toyota Safety Sense」が標準装備されています。

 

さらに、5月1日の改良を受け、車両後方のカメラ映像をルームミラーに映し出す「デジタルインナーミラー」と、車両上方から見たような映像をカーナビ画面へ表示する「パノラミックビューモニター(AT車のみ)」が新たに装備されました。死角となりやすい視界を確認しやすく、また安全確認をサポートしてくれるものです。

 

この他にも、アクセルペダル踏み間違い時に衝突被害軽減に寄与する「インテリジェントクリアランスソナー・パーキングサポートブレーキ(静止物)」も、Toyota Safety Sense装着のAT車にオプション設定されました。

 

車の代表格であるハイエースが安全性向上! となると需要がとてもありそうですね。

 

ハイエースに搭載のToyota Safety Sense

「Toyota Safety Sense」はトヨタ車であればすべて同じ機能を揃えているというわけでなく、車種によって装備の違いがあります。ここからはハイエースに搭載されているToyota Safety Senseについてみていきましょう。

 

プリクラッシュセーフティ

 

先行車や歩行者をミリ波レーダーと単眼カメラで検知し、衝突の危険があるとシステムが判断した場合には、まず警告ブザーとディスプレイ表示で運転手に危険を知らせます。

 

運転手がブレーキ操作を行う時に、ブレーキと踏力を強力にアシストして制動力を高め、衝突回避を図ります。仮に運転手がブレーキペダルを踏めなかった場合でもシステムが自動ブレーキを作動させ、衝突の回避、もしくは被害の軽減をサポートする機能です。

 

必ずしも作動するわけではなく、あくまで「サポート」の範囲です。絶対ということはないので運転中の注意は必要ですが、うっかりで起こしてしまう事故は軽減されそうですね。

 

レーンディパーチャーアラート

 

車線のはみだしを防ぐようにサポートする機能です。

 

道幅約3m以上の道路を約50km/h以上で走行中に車両の左右の車線を察知し、車両がウィンカー操作なしで車線をはみ出す可能性がある場合にはブザー音とディスプレイ表示で運転手に車線逸脱の危険を知らせ、回避操作を促します。

 

街中で意外と多い車線をはみ出している車。この機能があれば危険な走行をする前に気づけそうですね。

 

しかし、道幅約3m以上、約50km/h以上で走行中という条件があるので、基準を満たしていないときはより注意が必要そうです。この機能に頼りっきりになってしまう運転は危険ですね。

 

オートマチックハイビーム

 

基本的に常時ハイビームを使用して走行し、先行車や対向車のランプ、街路灯などを認識した場合には自動でロービームに切り替えるシステムです。

 

ハイビームの使用頻度を上げることで夜間の歩行者などの早期発見をサポートするほか、手動切り替えの手間を省いてドライバーの安全運転に貢献する、切り替え忘れを防ぐなどの利点もあります。

 

自動車学校や免許更新でも散々言われるライト。「対向車が来た時にハイビームだと相手が眩しいからロービームに~」といわれても、切り替えに意識を取られているうちに交通事故に……という想像もしてしまうことでしょう。

 

こちらの機能があれば切り替えの手間が省けますね。よくやってしまうトンネルを出た後のライトの切り忘れもサポートしてくれます。

 

その他の機能

 

ハイエースには他にも、車両の安定性を確保する「VSC(横滑り防止装置)&TRC(トラクションコントロール)」や、急な坂道での発進時に車両のずり落ちを一定時間抑える「ヒルスタートアシストコントロール」、盗難防止に貢献する「オートアラーム」も全車標準装備されるなど、安全性などが大きく引き上げられました。

 

まとめ

〇衝突回避支援システム「Toyota Safety Sense」が標準装備

 

  • プリクラッシュセーフティ……衝突の回避、もしくは被害の軽減をサポートする機能
  • レーンディパーチャーアラート……車線のはみだしを防ぐようにサポートする機能
  • オートマチックハイビーム……ライトの切り替えをサポートする機能
  • 他にもユーザーを安心させる安全装備が搭載されている

 

ハイエースは、衝突安全性が高く、自動ブレーキなどの親切な安全装備が搭載されている車だということが分かったと思います。

 

自分を乗せて走る車、誰かを乗せて走る車。乗る数が違っても「命」が乗っていることに変わりはありません。

 

車の安全装備は中身の内容まで把握しましょう。

 

標準装備されている機能、オプションで追加できる機能などを確認し、自分が納得する車を選んで、楽しいカーライフを送りましょう。

 

最後までハイエースの衝突安全性についての記事をご覧いただきありがとうございました!

 

トヨタの新車に月額で乗れる!

トヨタの新車が月々の定額で、
諸経費コミコミで乗れちゃいます。

最短1.5ヶ月で納車が完了し、
手続きも簡単にWEBで完結します。

\ 手続き簡単&納車が早い! /

公式サイトに移動

下取りは必ず一括査定!

一括査定サイトを使うことで、
買取業者の最大10社が

あなたの愛車の買取額を
勝手に競ってくれるので、
値段が格段に吊り上がります。

無料32秒で愛車の最高額がわかる!

 

-ハイエース

error: Content is protected !!