インプレッサ

インプレッサの乗り心地は悪い?改善は必要?ユーザーの口コミから考察して解説

下取りは必ず一括査定を使う!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることは
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
買取業者の最大10社が

あなたの愛車の買取額を
勝手に競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります。

無料でスマホで愛車の最高額がわかる!

\ 完全無料&カンタン32秒! /

入力ページに移動

みんなが憧れるマイカー。「かっこいいな」「乗ってみたいな」と期待感を膨らませながら、楽しく選ばれることと思います。

 

スバルのインプレッサはアイサイトという素晴らしい運転支援システムが備わっていて、コストパフォーマンスも良いと評判なんです。

 

でも、せっかく気に入った車を購入しても、いざ乗ってみて「なんか違う」とか「こんなはずじゃなかった」というようなショックを受けてしまったら、後悔すると思います。

 

そんなことのないように、本記事ではインプレッサの実際の乗り心地についてまとめていきます。

 

乗り心地の定義

路面凹凸によって生ずる、車体低周波振動対す乗員感覚。乗り心地は、室内空間シート座り心地視界空調振動騒音などを含めた総合的感じとして広くとらえることもある。

 

また、路面刺激による振動のほか、アイドル振動加減速時のショックジャダーなど各種低周波振動含めて扱われることもあるが、路面刺激によって生ず振動のみに対す感覚を、乗り心地として扱うのが一般的である。

 

引用:weblio辞書

 

筆者もそうですが、一言に「乗り心地」と聞くと「シートに座ったときの心地よさ」のことをイメージされると思います。

 

気になったので辞書で乗り心地の意味について調べてみました。

 

乗り心地の意味合いについて調べてみると、シートの座り心地の意味以外にも視界や空調、また振動や騒音の面からも捉えることができるということがわかりました。

 

インプレッサの乗り心地の口コミ

乗り心地というのがどういった部分関することなのかわかった上で、実際の口コミではインプレッサの乗り心地がどうなのか、ユーザーのリアルな意見から分析して解説していきます

 

シートの座り心地

乗り心地は最初は固め?って思いましたが、乗っていたら特に違和感もなく快適だったと思います。

 

引用:みんカラ

カッチカチ。私自身は嫌いじゃないので、1日6時間運転しても苦じゃないです。

 

引用:みんカラ

 

これらの引用からわかるインプレッサのシートの座り心地は、少し硬めであるというということです。

 

しかしながら、乗っているうちに慣れる程度の硬さであったり、長時間運転しても疲れにくいという見方もあるようです。

 

シートの硬さは一概に座り心地の悪さに繋がっているとは言えなそうですね。

 

室内空間の快適性

個人的には程よく柔らかく、安定感があると思います。

 

また、車内空間は天井が割と高くてそれなりに広いので特に不満はないですね。

 

引用:みんカラ

カップホルダーが並列なのは細かい点ですが使い勝手の面で良いと思います(歴代インプレッサやVM/VAは縦並びなので)

 

引用:みんカラ

 

インプレッサは天井が高めな設計で広々と座ることができることに加え、座席についているカップホルダーが横並びになっていることも挙げられています。

 

乗り心地の良し悪しの判断ポイントとして室内空間の快適性も関係しているのですね。

 

そして、車内のカップホルダーの並び方から使いやすさにも配慮されているなんて、インプレッサの車の乗り心地はそんな小さなところまで計算されているのですね。

 

細部までこだわって生産されていることがわかります。

 

振動

段差を乗り越える時の突き上げも少なく、同クラスの中ではかなり乗り心地は良いと思います。

 

引用:みんカラ

 

走行時の揺れに関しては大きくて不快な程の揺れを感じるようなことはないようです。

 

その理由として、安定感が良いことが挙げられます。

 

この安定感の良さはインプレッサの装備・性能として備わったものから来ているということが考えられます。

 

騒音

インチアップすると若干走行音が気になるかも

 

引用:みんカラ

まずエンジン音の響き、走り出しの爽快さに驚きました。私はあまり車に興味はなく、コスト面から軽ばかりを運転していたのですが、インプレッサの乗り心地にすっかり魅了されてしまいました。

 

素人目に見ても、エンジンが力強いことがわかりました。あとで調べてみると、インプレッサのエンジンはレース用としても使用されている、スピードを重視したものでした。

 

引用:goo自動車&バイク

 

運転時の音の面についてはもちろん静かだと感じている方もいますが、全体的には多少気になると感じている方が少し多いように感じました。

 

しかし、中にはそんなインプレッサのエンジン音すら「かっこいい」と感じ楽しんでいるという強者もいます。

 

以上、実際の口コミを元にインプレッサの乗り心地をまとめました。

 

インターネットで検索すると「悪い」「硬い」「改善」というワードが上がってきて、よく検索されているようですが、筆者は改善が必要な程の酷い乗り心地ではないと感じました。

 

乗り心地の良さにつながる装備や性能

インプレッサの乗り心地に関する口コミは車に備わった装備や性能の快適さから来ていることがわかりますよね。

 

そのため、実際に乗ったときに自分の想像や口コミで知っている情報との差が出ないために車の装備や主な性能に関する情報を知っておく必要がありますよね。

 

そこで、ここではインプレッサの乗り心地の良さに関わる装備や性能をピックアップしてまとめます。

 

抗アレルゲンフィルター付フルオートエアコン

 

風向や吹き出しモードを乗る人の好みに合わせて調節できるフルオートエアコン。

 

後アレルゲンフィルター付きだなんてとても快適でしょうね。

 

スバルの公式サイトでは作動音が静かだと紹介していますよ。

 

運転席&助手席の8ウェイパワーシート

 

電動でシートリフター、前チルト、前後スライド、リクライニングの調節が可能です。便利ですね。

 

スバルグローバルプラットフォーム

 

どんなときにも乗る人に安心と愉しさを提供することを目指して開発されたスバルの次世代プラットフォーム。

 

これに様々なスバルの技術が注ぎ込まれていることで走りの質が高まっています。

 

これらに代表されるような様々な快適な装備や性能が備わっていることで、素敵な乗り心地が実現されているのですね。

 

まとめ

ここまでスバルのインプレッサについて乗り心地を考察を交えてまとめました。

 

まとめると、インプレッサの乗り心地は

 

  • シートの座り心地は硬め
  • 乗り心地は長時間の運転では苦にはならない程度
  • 天井が高く、細部までこだわった快適な設計
  • 安定感が良く、段差を乗り越える際の突き上げ感はない
  • 遮音性はやや良くない
  • 作動音が小さい空調も快適

 

ということがわかりました。この記事をまとめながら、筆者は改めて「細部まで考えられて設計されている!」

 

どんな車にも長所と短所があるのだなと思いました。これってつまり個性ですよね。

 

インプレッサの乗り心地で言うと走行音が気になるという口コミもありましたが、それすらもかっこいいと感じ楽しんでいるという方もいらっしゃいます。

 

インプレッサの乗り心地はそこまで悪いわけではなく改善が必要なレベルではないと思います。

 

「愛車」というのは、一台一台の車の個性を認め、短所も愛しているからこその呼び名なのでしょうね。

 

この記事でインプレッサの乗り心地の良いところも悪いところも知っていただき納得した車選びをしていっていただきたいなと思います。

 

そして短所すらも愛せるような「愛車」を見つけてみてくださいね。最後までインプレッサの乗り心地についての記事をお読みくださりありがとうございました。

 

無料で自動車保険を比較できる

最も安い自動車保険を選んだことで、
5万円保険料が下がった人もいます。

WEBで簡単に保険料が比較できて、
サクッと入力も完了できます

無料複数の保険会社の保険料がわかる!

\ 完全無料&たったの3分! /

入力ページに移動

下取りは必ず一括査定!

一括査定サイトを使うことで、
買取業者の最大10社が

あなたの愛車の買取額を
勝手に競ってくれるので、
値段が格段に吊り上がります。

無料32秒で愛車の最高額がわかる!

 

-インプレッサ

error: Content is protected !!