ジムニー

ジムニーの安全性は低い?高いの?気になる安全装備や衝突安全性の実力に迫る

下取りは必ず一括査定を使う!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることは
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
買取業者の最大10社が

あなたの愛車の買取額を
勝手に競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります。

無料でスマホで愛車の最高額がわかる!

\ 完全無料&カンタン32秒! /

入力ページに移動

スズキのジムニーは軽自動車では珍しい四輪駆動車として有名ですね!

 

愛くるしい外観と安定した走行性能が人気で、「ジムニスト」という愛好家もたくさんいるほどの人気ぶりです!

 

一方で、車を購入する際には外観や走行性能はもちろんのこと、安全性を重視するドライバーも多いはず。

 

私は車には決して詳しくないですが、テレビのCMで最近の車にはいろんな安全性能が備わっていることを知りました。

 

では、ジムニーの安全性能はどうなんでしょうか?

 

調べてみたところ、ジムニーの安全性能は大きく「基本安全」「予防安全」「衝突安全」の3つに分かれているようです。

 

それぞれがどのような安全につながるのか、一緒に見ていきましょう!是非、最後までご覧ください♪

 

ジムニーの安全性は低い?高いの?

ここでは、まず「基本安全」について見ていきましょう。

 

基本安全とは、誰もが運転しやすく、安全に乗ることができる技術です。

 

ジムニーでは横断歩行者や交通状況を把握しやすいピラーや、ミラーの配置ピラーおよびピラートリム形状を最適化することで視認性の向上を図っています。

 

また、運転姿勢や操作機器の最適な配置を追求して運転時の疲労を最小限に抑えているほか、運転台周りの機器類についても操作方向や頻度を考え、安心して運転に集中できるように計算されています。

 

これらをまとめると、基本安全は運転台から見える景色の視認性や周辺機器の操作性を向上させることでドライバーの負担を軽減し、より安全な運転を助ける技術だと言い換えることができるのではないでしょうか。

 

とはいっても、ここまでは多くの車で取り組まれていることであり、独自性を打ち出す部分ではないのかもしれません。

 

次は、スズキの技術が結集した「予防安全」についてチェックしてみましょう!

 

ジムニーの予防安全

今度は「予防安全」について見ていきます。

 

予防安全とは事故を未然に防止し、ドライバーの安全を確保すると同時に多種多様な技術でヒヤリとする場面をゼロに近づける技術です。

 

スズキはこれらの技術を「スズキセーフティサポート」と名付け、様々な技術を導入しています。

 

ここからはその一例を一緒にチェックしてみましょう!

 

標識認識機能

 

走行中に、フロントガラス付近に設置されたカメラで、認識した標識をメーター内に表示したりブザー音を鳴らすことでドライバーに知らせます。

 

最高速度制限標識やはみ出し通行禁止、車両進入禁止、それらの区間終了の標識に対応しています。

 

車線逸脱警報機能

 

60km/h~100km/hで走行中に車線の左右区画線を自動で検知し、進路を予測します。

 

車線をはみ出す恐れがあると判断するとブザー音やメーター表示で警告します。

 

デュアルセンサーブレーキサポート

 

前方を走っている車両や歩行者を検知して、衝突の恐れがあると判断した場合にブザー音やメーター内表示で警告します。

 

ブレーキを踏んだ際の踏力もアシストするほか、衝突の恐れが高まった場合は自動で強いブレーキをかけて衝突の回避や衝突時の被害軽減を図ります。

 

ここまで見て、私は「最近の車はすごいんだなぁ…」と驚くとともに素直に感心してしまいました。

 

予防安全はまさにスズキの先進技術が詰まったオリジナルなもので、現代の技術で事故を未然に防ぐ技術だと言えると思います。

 

ただし、これらの機能ですべての事故を防げるわけではありませんし、オプションで初めて装着できる機能もあるので注意が必要です。

 

それでは、最後の一つ、「衝突安全」について見ていきましょう!

 

ジムニーの衝突安全性

最後に、ジムニーの「衝突安全」について見ていきましょう!

 

衝突安全とは、その名の通り万が一衝突してしまった際の衝突被害を最小限に抑える技術のことです。

 

ジムニーでは「TECT」(Total Effective Control Technology、軽量衝撃吸収ボディー)と呼ばれる衝突時の衝撃を効率よく分散させるボディーを採用しています。

 

また、万が一歩行者と衝突してしまった際の歩行者の傷害を軽減するため、ボンネットやバンパーなどに衝撃吸収構造を取り入れており、歩行者の頭部や脚部へのダメージ軽減を図っています。

 

衝突安全は、衝突してしまった際のドライバーや、周辺の人々への被害を最小限に抑える技術だということがわかりました。

 

武骨なデザインなため一見固そうに見えるジムニーですが、そのデザインの中にもドライバーや歩行者への配慮が詰まっていたのですね。

 

まとめ

ジムニーの安全性能について見てきましたが、いかがでしたか?

 

今日学んできたことをまとめると、

 

・ジムニーの安全性能は「基本安全」「予防安全」「衝突安全」の3つに分けられる

・基本安全は、運転台からの視認性や機器の操作性を向上させて安心させる技術

・予防安全は、先進技術で事故を可能な限り防ぐ技術

・衝突安全は、万が一衝突してしまった際のドライバーや歩行者への衝撃を最大限減らす技術

 

ということが言えるのではないでしょうか。

 

もちろん、これらの技術があるからといって、すべての事故を防げるわけではないので、注意して運転する必要があります。

 

しかし、運転する際の安心感を増やすのにこれらの技術は大いに貢献してくれそうですね♪

 

安全運転第一で、ジムニーでの楽しいカーライフをスタートさせてみてはいかがでしょうか?

 

ジムニーの安全性に関する記事を最後までお読みいただき、本当にありがとうございました!!

 

無料で自動車保険を比較できる

最も安い自動車保険を選んだことで、
5万円保険料が下がった人もいます。

WEBで簡単に保険料が比較できて、
サクッと入力も完了できます

無料複数の保険会社の保険料がわかる!

\ 完全無料&たったの3分! /

入力ページに移動

下取りは必ず一括査定!

一括査定サイトを使うことで、
買取業者の最大10社が

あなたの愛車の買取額を
勝手に競ってくれるので、
値段が格段に吊り上がります。

無料32秒で愛車の最高額がわかる!

 

-ジムニー

error: Content is protected !!