マツダ3

マツダ3のセダンはかっこいい?後悔しない魅力的な内装をご紹介!

下取りは必ず一括査定を使う!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることは
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
買取業者の最大10社が

あなたの愛車の買取額を
勝手に競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります。

無料でスマホで愛車の最高額がわかる!

\ 完全無料&カンタン32秒! /

入力ページに移動

マツダ3はもともと「アクセラ」という名前で販売されていましたが、2019年の発売モデルから世界共通のネーミングとして「マツダ3」に変更された車です。

 

マツダ3のデザインには魂動デザインを採用しており、走行性能も高いために国内だけでなく、国外でも高い評価を受けています。

 

そんなマツダ3ですが、内装にもたくさんのこだわりがあることはご存知でしょうか。

 

マツダ3のセダンはかっこいいのか、ファストバックの内装は魅力的なのか気になっている方に向けて、今回はマツダ3の後悔しない魅力的な内装について詳しく紹介していきたいと思います。

 

マツダ3のセダンはかっこいい?後悔しない魅力的な内装カラー!

マツダ3の内装カラーには大きく分けて3つありますが、素材のタイプまで分けると全部で5つもの種類があります。

 

豊富なカラーバリエーションなので、外装のカラーも踏まえながらお好きな素材・カラーを選びましょう。

 

それでは、マツダ3のカラータイプを1つずつご紹介していきます。

 

スムースレザー(レッド)

引用:マツダ公式サイト

 

こちらは、マツダ3のファストバックのみに搭載されている、Burgundy Selectionというグレードで選ぶことのできるカラーです。

 

レッドと聞くと華やかなカラーだという印象を受けますが、こちらのカラーはとても落ち着いた色味のレッドで、派手すぎず上品な質感が演出されています。

 

一言でいえば、まさに高級車!というような印象が感じられますね。

 

スムースレザー(ピュアホワイト)

引用:マツダ公式サイト

 

こちらは、マツダ3のL Packageというグレードで、セダンタイプの車のみ選べるカラーです。

 

白色は清潔感のある色ですが、室内の黒の部分とのコントラストにより、さらにスタイリッシュで高級感も兼ね備えた印象を感じられるカラーです。

 

ただ、白色は汚れが目立ちやすい色でもあるので、こまめに手入れするようにしましょう。また、食べ物などをこぼしやすい、小さいお子様がいる方は、特に注意したほうが良さそうです。

 

スムースレザー(ブラック)+スムースレザー(チャコール)

引用:マツダ公式サイト

 

こちらは、マツダ3のL Packageというグレードで、セダンとファストバックどちらも選べるカラーになります。

 

黒色はやはり他のカラーと比べると一番スタイリッシュな色ですね。全体的に統一感もあり、落ち着いた雰囲気が演出されています。

 

スムースレザーとは凹凸や毛羽立ちがなく、その名の通り滑らかな革のことですが、こちらがシートの座面や背もたれに使用されているため、質感だけでなく質感にもこだわっていることがわかりますね。

 

クロス(ブラック)

引用:マツダ公式サイト

 

マツダ3のクロスのブラックは2種類あるのですが、1つ目がこちらのカラーです。

 

座面や背もたれの部分は、柔らかい布製なので、座り心地がいいのが特徴です。また、マットな印象のブラックなので、シックで大人っぽい印象がありますね。

 

こちらのカラーは、マツダ3の15S、15STouring、Proactive、Proactive Touring Selection、Smart Editionの5つのグレードで、セダンとファストバックのどちらの車も選ぶことのできるカラーです。

 

引用:マツダ公式サイト

 

こちらのカラーは同じくクロスのブラックなのですが、上記のブラックと違う点は、所々に赤いステッチが入っているところです。

 

マツダ3の普通のブラックももちろんかっこいいのですが、赤いステッチがアクセントになり、よりクールなデザインになっていますね。

 

マツダ3の後悔しない多く積めるラゲッジルーム

引用:マツダ公式サイト

 

こちらは、マツダ3のファストバックのラゲッジルームです。

 

マツダ3はどちらかといえば車高が低めの車なので、ラゲッジスペースはあまり広くないのかと最初は思っていました。

 

ですが実際は、67Lのスーツケースを2個積み込めるほどの容量があるそうです。なので、数日間の出張であったり、ショッピングで買ったものを乗せるには充分なスペースがありそうですね。

 

引用:マツダ公式サイト

 

こちらは、マツダ3のセダンのトランクです。

 

ファストバックのラゲッジルームと比べると、奥行と幅は大きいですが、高さは低めになっています。

 

セダンは、ファストバックより車の後方の車高が低めに設計されているため、狭く感じる方もいるかもしれませんが、67Lのスーツケースが3個、または、9インチのゴルフバックが2個収納できるようです。

 

ファストバックとセダン、両方紹介しましたが、どちらも乗用車の収納スペースとしては充分な広さなのではないでしょうか。気になる方は、ぜひ店頭に足を運んで、実際の広さを確認してみましょう。

 

マツダ3のかっこいいシートアレンジ

引用:マツダ公式サイト

 

マツダ3の後部座席を倒すことによって、荷室との段差の少ないフラットな空間になります。

 

また、後部座席の倒し方は、セダンかファストバックかによって方法は違いますが、どちらも簡単に出来るそうなので、もう少し荷物を載せるスペースが欲しい!というときに、簡単に収納スペースを広げることが出来ます。

 

マツダ3は内装の質感高さはもちろんですが、収納スペースもしっかり確保されているので、実用性にも優れていることがわかります。

 

まとめ

今回は、マツダ3の後悔しない魅力的な内装の特徴を3つ紹介させていただきました。

 

  • マツダ3の内装カラーは5種類を展開。
  • ラゲッジスペースも充実している。
  • シートアレンジによりさらに収納スペースが広がる。

 

マツダ3のシートカラーは、同じ色でも素材の違いがあったり、グレード限定のカラーもあったりと、全てのカラーにそれぞれ違ったこだわりが見られましたね。

 

特にマツダ3のセダンはかっこいい内装のデザインで高級感が伝わってきました。

 

質感の高さだけではなく、収納スペースもしっかりと充実していることがわかりましたね。

 

マツダ3のかっこいい内装の魅力は、この記事では紹介しきれなかったポイントもまだまだたくさん詰まっています。気になる方はぜひ試乗して、実際の乗り心地や質感を体感してみてくださいね。

 

無料で自動車保険を比較できる

最も安い自動車保険を選んだことで、
5万円保険料が下がった人もいます。

WEBで簡単に保険料が比較できて、
サクッと入力も完了できます

無料複数の保険会社の保険料がわかる!

\ 完全無料&たったの3分! /

入力ページに移動

下取りは必ず一括査定!

一括査定サイトを使うことで、
買取業者の最大10社が

あなたの愛車の買取額を
勝手に競ってくれるので、
値段が格段に吊り上がります。

無料32秒で愛車の最高額がわかる!

 

-マツダ3

error: Content is protected !!