MIRAI

ミライの燃費は悪い?優れているの?水素自動車の実力を徹底解説

下取りは必ず一括査定を使う!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることは
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
買取業者の最大10社が

あなたの愛車の買取額を
勝手に競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります。

無料でスマホで愛車の最高額がわかる!

\ 完全無料&カンタン32秒! /

入力ページに移動

車の未来を現在に映した車、トヨタのミライ。

 

その先進的な技術と走りは、国内外から非常に高い評価を受けています。

 

特に評価が高いのが、環境への配慮。

 

世界初の高級セダン型燃料電池自動車として注目され、環境関連では国内外で数多くの賞を受賞。

 

二酸化炭素を排出しない、水素で走る車なのです。

 

そんなミライの燃費、気になりますよね。

 

どんなに環境にやさしくても、燃費が悪かったらあまり意味がありません。

 

エコなのに経済的に損をしてしまったらたまりませんからね…

 

そこで今回は、トヨタのミライの燃費について、メーカーの工夫と口コミをもとに学んでいきたいと思います。

 

是非、最後までトヨタの先進的なMIRAIの燃費の実力を知ってください。

 

ミライの燃費は悪い?すごい?燃費の工夫について

まずは、ミライを製造しているトヨタの燃費の工夫を見てみましょう。

 

現在販売中のミライは、2020年にモデルチェンジした2代目。

 

2代目ミライ製造時に、駆動システム全体が見直されました。

 

燃料電池やモーターなどの駆動ユニットの小型化や高性能化に挑戦。

 

その結果、一回の水素充填(一回の充填に必要な時間は3分)での航続可能距離は750(Zグレード)~850km(Gグレード)に(トヨタ公式ページより)。

 

2014年発売の初代ミライの燃費(650km)と比較して大幅な燃費向上に成功しました。

 

3分待てばこれだけ走れる…到底信じられません。

 

カップラーメンが出来上がるのを待っている間に、充填が終わってしまうということです。

 

なんだか現実味があまりない感じもしますが、それを具体的に実感させて、メーカーの言っていることを裏付けるのが口コミではないでしょうか。

 

そこで、次はドライバーの口コミを見てみましょう!

 

ミライの燃費についての口コミ

それでは早速、ミライの燃費の口コミをチェックしていきましょう。

 

現在1kgあたり130km位かな。

問題は水素ステーションの問題だけ。

 

引用:みんカラ

満タン約5,000円で400Km前後走るのは以前のV60が約8,000円でしたから比較するとかなり良くなってます。

 

引用:みんカラ

 

これらの声を見てみると、高評価だなという印象を受けますね。

 

以前乗っていた車と比較すると良くなっている、という意見が多いように感じました。

 

メーカーの諸元表によると2代目ミライの水素タンクは141ℓ入るようなので、満タンで5,000円前後というのはありがたいのではないでしょうか。

 

カタログと同じは無理にしても、皆さん工夫して燃費を伸ばすようにしているようです。

 

ミライでは燃費がガソリン車のようにℓでぱっと出るわけではなく、残り走行可能距離(km)という形で表示されるので、比較が難しい部分もあるかもしれませんが…同じセダン型のクラウンと同じくらいなら納得、という意見もありました。

 

それにしても、400km走るのに8,000円かかっていたのが5,000円まで下がったというのはすごいですね!

 

また、ガソリンと違って水素はどこで充填しても価格が同じなのがいい、という意見もありました。

 

たしかにガソリンは時期や場所によって価格が前後するので、水素だからこその利点もありそうですね。

 

こうして見てみると、特に2代目のミライでは燃費に対して好意的な声が非常に多いのがよくわかります。

 

一方で、初代のミライを含めるとこのような声も。

 

気持ちよく走ったときのカタログ燃費との乖離幅が、エンジン車よりも大きいように感じる。

 

引用:みんカラ

よくわかりませんが、380km走って空になって4200円ほどかかりました。週一で入れに行きますので正直しんどいです

 

引用:みんカラ

 

カタログに書いてある距離ほど走れない、コストが案外かかるという声もあるようですね。

 

こちらの口コミ、どちらも2014年発売の初代ミライについて書かれているもの。

 

なかなかカタログ通りに走らせるのは難しいかもしれませんが、先述の通り2代目のミライは初代と比較して燃費性能も大幅に向上しています。

 

2代目をお持ちの方で燃費に不満を持っている、という口コミはみんカラ内で調べた限り見つかりませんでした。

 

初代をお持ちの方の口コミの中にも、車の使い方や走りの癖を把握すれば500kmくらいまで持たせられる、という声もありました。

 

毎日どのくらい乗られるのかによってもずいぶん変わるかと思いますが、慣れてくれば燃費も大きく変わるのも事実。

 

最初のうちは少し目をつむって、徐々に慣らしていくのが重要と言えそうですね。

 

まとめ

トヨタ ミライの燃費について一緒に学んできましたが、いかがでしたでしょうか?

 

これまで学んだことをまとめてみると、

 

  • 2代目ミライは初代と比べて大幅な燃費向上に成功している
  • 好意的な声が多い一方、カタログとの乖離やコストを指摘する声もある

 

ということがお分かりいただけたのではないかと思います。

 

発売から間がなく、流通台数が少ないこともあって2代目のミライについて十分な口コミを集めることができませんでしたが、それでも2代目のドライバーの燃費に対する意見はおおむね好意的でした。

 

ここ数年の技術の進歩によって、ミライのもともと先進的だった技術がさらに発展したのです。

 

先述の通り、燃費は使い方や慣れによって大きく変動するもの。

 

ミライの走りの癖や普段の使い方をご自身で把握しておくことも、燃費アップには欠かせないでしょう。

 

そのためには、とにかくたくさん乗ることです。

 

皆さんが、ミライと共に楽しくてエコなカーライフが過ごせることを願っています。

 

最後まで水素自動車であるミライの燃費の記事をお読みいただきありがとうございました!

 

無料で自動車保険を比較できる

最も安い自動車保険を選んだことで、
5万円保険料が下がった人もいます。

WEBで簡単に保険料が比較できて、
サクッと入力も完了できます

無料複数の保険会社の保険料がわかる!

\ 完全無料&たったの3分! /

入力ページに移動

下取りは必ず一括査定!

一括査定サイトを使うことで、
買取業者の最大10社が

あなたの愛車の買取額を
勝手に競ってくれるので、
値段が格段に吊り上がります。

無料32秒で愛車の最高額がわかる!

 

-MIRAI

error: Content is protected !!