CX-5

cx5の安全装備は衝突を防ぐ安全性が素晴らしい?かっこよすぎる安全性能抜群車

下取りは必ず一括査定を使う!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることは
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
買取業者の最大10社が

あなたの愛車の買取額を
勝手に競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります。

無料でスマホで愛車の最高額がわかる!

\ 完全無料&カンタン32秒! /

入力ページに移動

車選びの際に安全性は重視するポイントですね。

どのような安全性能が装備されているのかは、車によって異なります。

 

マツダCX-5は全グレードに先進安全技術を標準装備しており、安全機能はグレードによる差別化はされていないのが特徴です。

 

今回はCX-5に搭載されている安全機能について簡単にまとめ、解説していきます。

 

先進安全技術「i-ACTIVSENSE」

「i-ACTIVSENSE」はドライバーの認知・判断・操作をサポートし、事故のリスクを最小限に抑える先進安全技術です。

 

はじめに「i-ACTIVSENSE」の主な安全性能技術をピックアップしてご紹介します。

 

アドバンスト・スマート・シティ・ブレーキ・サポート(アドバンストSCBS)

時速80km以下で走行時、前方の歩行者を認知し、衝突の危険性があればディスプレイ表示とブザーの警

報でドライバーに知らせます。

 

ドライバーのブレーキ操作がある場合は、踏み込む力を強力にアシストします。

 

回避操作がない場合は、自動ブレーキを作動し、衝突回避と被害軽減に努める仕組みです。

前方に車両がある場合も、衝突回避と被害軽減のため自動ブレーキが作動します。

 

AT誤発進抑制装置(前方・後方)

ペダルの踏み違いなどにより、(前進時/後進時)障害物などがあるにもかかわらずアクセルを強く踏み

込んだ場合に、マルチインフォメーションディスプレイまたはアクティブ・ドライビング・ディスプレイ

に表示されドライバーに知らせます。

 

誤発進や急加速を抑制してくれるんです。

徐行中(約10Km/h以下)の停車時ににも作動します。

 

スマート・シティ・ブレーキ・サポート(SCBS R)

約2 km/h~約8 km/h の低速で後退中に後方の障害物を検知し、自動ブレーキが作動。

衝突時の被害を軽減します。

 

また、ドライバーのブレーキ操作がある場合、素早く確実にかかるようにアシスト。

 

ドライバー・アテンション・アラート

車線内を約 65 km/h以上で走行時、ドライバーの疲労や注意力の低下を検知し、マルチインフォメーショ

ンディスプレイの表示や警報チャイムによりドライバーに休憩を促すシステムです。

高速道路や自動車専用道路などで使用することが推奨されています。

 

ブラインドスポットモニタリング (BSM)/リアクロストラフィックアラート (RCTA) 

BSMとは約15 km/h以上で前進時、後方の接近車両を検知し、ブラインドスポットモニタリング (BSM)

接近表示灯を点灯させます。

 

その状態でレバーを操作するとBSM 接近表示灯が点滅すると同時に警報チャイムによりドライバーに知らせます。

 

検知エリアは、自車の左右に隣接する車線で、自車のフロントドア後端付近から自車の後方約50 mまでとなります。

 

RCTAとは駐車場等から後退時に接近した車両を検知して、BSM)接近表示灯の点滅や、警報チャイムによりドライバーに危険を知らせます。

 

マツダレーダークルーズコントロール (MRCC) 

MRCCはレーダーセンサーが前方車を検知することで、自動でエンジンやブレーキコントロールを行い、

約30 km/h~100 km/hの設定した定速走行や、前方車との車間距離を一定に保つ追従走行ができるシステ

ムです。

 

また、前方車に接近した時などは警報音と共にディスプレイに警告を表示し、車間距離を一定に保つよう

ドライバーに注意を促します。

 

高速道路、加速/減速の繰返しが少ない自動車専用道路などで使用されることを推奨しています。

 

レーンキープアシストシステム (LAS) &車線逸脱警報システム (LDWS) 

車線から逸脱する可能性がある場合、ドライバーのハンドル操作をアシストすると同時に車線逸脱警報、

ハンドルの振動、 マルチインフォメーションディスプレイの表示でドライバーに知らせます。

 

ハンドル操作をアシストするタイミングには「遅い」と「早い」があり、そのタイミングは設定で変更

が可能です。

 

AFS (アダプティブフロントライティングシステム)

走行中車速とステアリングの舵角を検知して、進行方向を自動で調節し照射するシステムです。

 

アダプティブLEDヘッドライト (ALH) 

ALHは夜間走行時に、前方車や対向車の状況に合わせて、ヘッドランプの照射範囲、照射部分や明るさを

自動的に変化させるシステムです。

 

危険自体を回避するマツダの安全思想、「MAZDA PROACTIVE SAFETY 」

マツダの安全思想である「MAZDA PROACTIVE SAFETY 」。

良好な運転環境と優れた操縦安定性で安全運転をアシストし、危険自体を回避します。

 

そんな「MAZDA PROACTIVE SAFETY 」にはどのような取り組みがあるかを次にご紹介します。

 

理想のドライビングポジション(運転姿勢)

意のままの走りには理想のドライビングポジションがあります。

このドライビングポジションがドライバーにとって最もいい状態にあれば、結果的に安全に快適な運転を実現できると考え取り組んでいます。

 

ヘッズアップコクピット

人間を中心にしたコックピットの考え方”ヘッズアップコクピット”

高度情報化時代における不注意運転を招くとされる3つのドライバーディストラクション要因を最小化す

るための考え方や技術を、コクピットに取り入れています。

 

マツダ独自の視界性能

クルマの運転を安全に楽しむために人間の身体や目の特性を研究し、独自の視界性能を追求しています。

 

人間にとって"見えるとはどういうことか”を徹底的に研究し、運転環境に応じた適切な視覚情報を与えます。

 

マツダの推奨する理想的なドライビングポジションで見る目線の範囲内に、ドライバーの見たい視覚情

報がしっかり確認できるよう視界をデザイン。

 

G-ベクタリング コントロール

ドライバーの運転技量によらず、思いのままにクルマを操れる感覚を実現。

 

新たにブレーキによる車両姿勢安定化制御(直接ヨーモーメント制御)を加え、進化したGVC Plusで

は、より安心感の高い動きを実現します。

 

GVGはドライバーの操作では不可能なほど緻密で速い制御は自然で、ドライバーや同乗者に違和感を一切与えません。

 

まとめ

マツダCX5の安全性能についていかがだったでしょうか?

 

 

  • 安全性能のグレードによる差別化はされていない
  • 安全装備のみでなく、ドライバーの負荷も軽減するシステムを搭載
  • 様々な検知システムで危険を察知して知らせ、運転をアシスト
  • 安全運転のサポートはドライバーや同乗者に違和感を一切与えない

 

以上がマツダCX-5の安全性能のまとめになります。

 

実際調べてみると、かなり多くの充実した先進安全機能を標準装備されており、驚きました。

 

本記事が皆さんの車選びのお役に立てれば幸いです。

 

無料で自動車保険を比較できる

最も安い自動車保険を選んだことで、
5万円保険料が下がった人もいます。

WEBで簡単に保険料が比較できて、
サクッと入力も完了できます

無料複数の保険会社の保険料がわかる!

\ 完全無料&たったの3分! /

入力ページに移動

下取りは必ず一括査定!

一括査定サイトを使うことで、
買取業者の最大10社が

あなたの愛車の買取額を
勝手に競ってくれるので、
値段が格段に吊り上がります。

無料32秒で愛車の最高額がわかる!

 

-CX-5

error: Content is protected !!