CX-5

CX5はモテる?女子ウケが良い内装?高級感が漂う大人の色気!

下取りは必ず一括査定を使う!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることは
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
買取業者の最大10社が

あなたの愛車の買取額を
勝手に競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります。

無料でスマホで愛車の最高額がわかる!

\ 完全無料&カンタン32秒! /

入力ページに移動

新型マツダCX-5はマツダのデザインコンセプト「魂動デザイン」をコンセプトにし、高級感と躍動感のあるデザインに定評があります。

 

車選びで外装も重要ですが、内装や乗り心地の良さも欠かせません。

 

cx5は女子ウケも良くてモテる内装であることをご存知でしたか?

 

高級感が漂うそのクールな内装にきっと見惚れてしまうはず。

 

今回はそんなマツダCX-5の内装をグレードごとにまとめて、口コミと共に紹介します。

 

CX5のグレード

引用:マツダ公式HP

 

マツダCX-5のグレードですが、基本グレードに「20S」「25S」「25T」「XD」があります。

 

これはパワートレインによる違いで、それぞれ「20S」は2.0Lガソリンエンジン、「25S」は2.5Lガソリンエンジン、「25T」は2.5Lターボエンジン、「XD」はディーゼルエンジンです。

 

この基本仕様4種類にプラスして、「PROACTIVE」「L Package」

 

特別仕様車として、以下の5種類が用意されています。

  • 「SMART EDITION」
  • 「Exclusive Mode」
  • 「Silk Beige Selection」
  • 「Black Tone Edition」
  • 「100周年特別記念車」

 

これだけグレードがある中で、装備の違いが多様なのがマツダの特徴です。

 

現行マツダCX-5にはグレードの違いにより、クロス、レザー、ナッパーレザー、合皮&グランリュクスの4種類から選択できます。

 

自分好みの内装で選べるのが特徴ですね。

 

では、次にグレード別内装の解説をしていきます。

 

CX5のグレード別の内装

基本グレード/ PROACTIVE /SMART EDITION

引用:マツダ公式HP

 

「20S」「20S PROACTIVE 」「20S SMART EDITION」「25S」「25S  PROACTIVE」「25S SMART EDITION」「XD」「XD SMART EDITION」「XD PROACTIVE」グレードに採用されるシート素材はスクエアメッシュクロスで、カラーはブラックです。

 

本革仕様の高級感と質感と比較すると劣りますが、手触りがよく、汚れに強いスクエアメッシュクロスを仕様しているので、夏場はムレにくく、冬場は冷えにくく、ドライブ中体が滑りにくいのが特徴です。

 

「PROACTIVE 」このグレードからシートに運転席10ウェイパワーシートとシートメモリーや運転席・助手席のシートヒーターや、Boseサウンドシステム+10スピーカーがオプションで選べたりなど充実していきます。

 

特別仕様車の「SMART EDITION」は基本グレード、「PROACTIVE 」に追加して安全装備、運転支援装備が充実したものです。

 

内装は変わらなくてもよくて、安全装備などを充実させていのであれば「PROACTIVE 」や「SMART EDITION」を選択するのが良いかもしれません。

 

 L Package

引用:マツダ公式HP

 

「25S L Package」「XD L Package」がこのグレードに当たります。

こちらのグレードになるとシート素材がレザーになり、色味はブラックとベージュから選ぶことができます。

 

どちらもベージュのステッチが施されており、高級感漂うシートとなってます。

 

特に「L Package」専用カラーの「ピュアホワイト」は海外の高級車でよく使用されているカラーとなっており、マツダCX-5の中で特に人気のカラーだそうです。

 

シートをどちらかで選択すると、ドアアームレストやニーレストパッド、フロントアームレストなどが(その色に決まります)選択した色と連動した仕様になります。

 

「PROACTIVE 」同様、「L Package」でもオプション選択できる10スピーカーのボーズサウンドシステムが装備されており、CX-5のどの席でも音楽が楽しめます。

 

ドライビングポジションメモリー機能搭載、助手席6Wayパワーシートと前席のシートヒーターも標準装備となっています。

 

CX-5のどの席でも音楽が楽しめます。

 

Black Tone Edition

引用:マツダ公式HP

 

「20S Black Tone Edition」「25S Black Tone Edition」「XD Black Tone Edition」はプロアクティブがベースとなったマツダの特別仕様車です。

 

コンセプトはそのままに、黒を基調とした内外装で赤いステッチや素材、パーツをアクセントになっており、スポーティーさを演出した仕様となっています。

 

センター部分にグランリュクスを使用した黒のハーフレザーシートに赤いステッチが施されています。

 

インテリアはデコレーションパネルとインパネにハニカムブラックを採用されています。

 

赤いステッチはステアリングやドアアームレストにも採用され、黒に赤をアクセントとしたスポーティな空間に仕上げています。

 

“明日への活力や心ときめく豊かな時間を過ごしてほしい”という想いを、体現化した車となっていると感じました。

 

Silk Beige Selection

引用:マツダ公式HP

 

「20S Silk Beige Selection」「XD Silk Beige Selection」に設定される特別仕様車です。

 

「 Silk Beige」の名前の通りシートカラーはシルクベージュとなっており、"グランリュクス"というスウェード調の生地と、合成レザーのハーフレザレットシートです。

 

この"グランリュクス"というファブリック素材は滑りくく、通気性が良いという機能面で優れているのはもちろんのこと、なんといってものソフトで繊細な肌触りが魅力ポイントだそうです。

 

ベースとなったプロアクティブに追加して、LED室内照明(マップランプ/ルームランプ/ラゲッジルームランプ)、前席用LEDフットランプ&イルミネーション、赤外線をカットするIRカットガラス、LEDフロントフォグランプなども装備されているのが特徴です。

 

高級感漂う特別仕様車専用カラーのシルクベージュが選ぶ決め手となりそうですね。

 

Exclusive Mode

引用:マツダ公式HP

 

「25T Exclusive Mode」「XD Exclusive Mode」はより豪華に仕上げな内装のモデルです。

 

インテリアには、上部は黒、下部はディープレッドという専用のカラーが設定されています。

 

シート素材には厚みのあるナッパーレザーを使用。

 

「Exclusive Mode」専用シートカラーであるディープレッドの色合いが高級感漂う雰囲気ですね。

 

座面にウレタンを使用されており、非常に居住性の高い仕様となっています。

 

「Exclusive Mode」は他のグレードより、より豪華に仕上げた内装のモデルです。

 

インテリアには上部に黒、下部にはディープレッドという専用カラーが採用されており、これによって立体的で上質な室内空間を生み出しています。

 

100周年特別記念車

引用:マツダ公式HP

 

創立100周年記念の特別記念車は「25S 100周年特別記念車」「25T 100周年特別記念車」「 XD 100周年特別記念車」に該当され

 

この記念車はマツダ初の乗用車『R360クーペ』の象徴的な赤と白の配色を採用し、100周年記念ロゴをあしらった内外装が特徴です。

 

最上級グレードの「Exclusive Mode」の充実した装備と最新の安全装備ベースとしており、シートカラーは専用のバーガンディーカラーのナッパーレザーが採用されています。

 

「100周年特別記念車」ならではの特別感が感じられる仕様車となってます。

 

CX5のラッゲージスペース

引用:マツダ公式HP

 

ラッゲージスペースは高さ850mm・幅1030mm・奥行き890mmのゴルフバック4つほど収納できる容量505Lとなっています。

 

定員乗車時でもでも十分な広さが取れたスペースとなっていますね。

 

また、後部座席を倒してさら多い荷物やにスキーボードなどの細長い荷物を積むことが可能です。

 

さらに、ラゲージスペース床下には30Lのサブトランクボックスが搭載されており、小物など収納できる仕様になっていて便利ですね。

 

CX5の内装の口コミ

レザーシートは落ち着いたブラウンの様なブラックの様な、光の加減でどちらにも見えて高級感あります。シートヒーターは前後で4席分。シートベンチレーションは前席に装備、これがとても良い!

 

引用:価格com

その他内装で、上位との差がわかるところはそれほどない印象。これだけ価格差のあるグレードで、ここまでインテリアに差を設けないのはすごい。価格を見ると欲しくなる。

 

引用:価格com

デザインは十分満足。カッコいいと思います。アームレストが短く動かないのと、収納が少ないのがやや不満ですかね。

 

引用:価格com

 

デザインについて、高評価が多く人気が高いのがわかりますね。

 

収納については、人によって意見が分かれるのかもしれません。

 

マツダCX-5の内装に関してはグレードに関わらず標準化されている装備が豊富で、グレードによる差が色濃くないのが特徴で、お得感を生んでいるようですね。

 

まとめ

最後に、CX-5の内装と口コミをまとめです。

 

  • マツダCX-5のシートはグレードによって異なり、4種類が揃う
  • 安全機能や装備はグレードによってあまり差別化をされていない
  • ラッゲージスペースは505Lの大容量
  • シンプルで高級感漂う内装だが、小物入れがやや物足りないという意見も

 

内装は乗り心地と快適性を左右するので慎重に検討した方が良いでしょう。

 

筆者は、充実した標準装備がグレードによってあまり差がないのが良心的だなと思いました。

 

特別仕様車のグレードによる特別感を感じられるところが魅力的なんですよね。

 

加えて、cx5は女子ウケが良くてモテる内装であると言えると思いました。ここまでクールで高級感がありますからね。間違い無いですね!!

 

最後までCX-5の内装の記事をお読みいただきありがとうございます。皆さんの車選びの参考にになれば幸いです。

 

トヨタの新車に月額で乗れる!

トヨタの新車が月々の定額で、
諸経費コミコミで乗れちゃいます。

最短1.5ヶ月で納車が完了し、
手続きも簡単にWEBで完結します。

\ 手続き簡単&納車が早い! /

公式サイトに移動

下取りは必ず一括査定!

一括査定サイトを使うことで、
買取業者の最大10社が

あなたの愛車の買取額を
勝手に競ってくれるので、
値段が格段に吊り上がります。

無料32秒で愛車の最高額がわかる!

 

-CX-5

error: Content is protected !!